北海道標茶高等学校Webページ

本校紹介ビデオについてこちらをご覧ください

本校へ道外から推薦入学者選抜により出願しようと考えている生徒・保護者の皆さんへ

こちらをご覧ください




あなたは人目のお客様です。



2019.7.18 生徒が作成した軍馬川の水の綺麗さを伝えるPR動画を公開しました。

2019.2. 4 平成30年度本校総合学科生徒研究発表会第2部の様子を公開しました。

2019.1.18 生徒がドローンを操縦して撮影した高校PR動画を公開しました。

2019.1.18 全国自然環境サミットで上映した本校敷地紹介を公開しました。

2019.11.18更新
  地域で野外実習をしました【地域環境系列】

 11月16日(土)2・3年次自然ガイド入門・応用の土曜日授業です。
 純ちゃん牧場や阿寒国際ツルセンター、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリを訪れ、被害に苦しむ・保護する・両者の関係を調整するという3つの異なる立場について学習しました。
 また、双眼鏡でのタンチョウの観察指導や当日のコーディネートは3年生が担い、専門家へインタビューをしながら2年生にタンチョウの知識や現状を伝えてもらいました。
純ちゃん牧場角田氏へのインタビュー 3年生によるタンチョウのしぐさの解説
車内から双眼鏡でタンチョウを観る生徒 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリの紹介
釧路市動物園吉野氏による解説を聞く生徒 釧路市動物園のタンチョウ


2019.11.18更新
  環境とICTを融合した授業です【地域環境系列】

 11月15日(金)3年次湿原の科学の授業で、プロジェクト・ワイルドサイエンス&シビックス編の「流域に色を塗ろう」を実施しながら、その結果や考察をクラウドで共有する授業をしました。
 内容は、100年前、50年前、現在の地図に色を塗りながら土地を読み取るとともに、降水量や流出量を計算しながら開発が流域に及ぼす影響についての考える学習です。
地図に色を塗り、土地を読み取る生徒 開発が流域に及ぼす影響を考える生徒


2019.11.18更新
  タンチョウ事業がはじまりました【地域環境系列】

 11月14日(木)2・3年次自然ガイド入門・応用の授業です。
 この日から計5回にわたって、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリの日本野鳥の会レンジャー2名にご指導いただき、1・2月に鶴居村観光客へタンチョウのガイドを実施します。
 本日は日本野鳥の会の活動紹介と3年生から2年生へTTG(タンチョウを学ぶアクティビティ)を実施しました。
日本野鳥の会の活動を紹介する田島レンジャー 「タンチョウのたべものなぁに」の実施風景
2年生へ指導する3年生 「タンチョウ今昔物語」の実施風景


2019.11.11更新
  環境活動について報告してきました【地域環境系列】

 11月10日(日)札幌にて開催された第5回全国ユース環境活動発表大会[北海道地方大会]に課題研究環境ゼミの生徒10名が参加してきました。
 発表者・発表タイトルと[結果]は以下のとおりとなります。なお、キノコ班は来年2月の全国大会への進出が決定しました。
  @環境ゼミキノコ班・標茶高校敷地内に自生するキノコの調査と考察[高校生が選ぶ特別賞(2位)]
  A環境ゼミガイド班・地域と連携した釧路湿原保全のためのガイド活動[先生が選ぶ特別賞(3位)]
キノコ班の発表風景 ガイド班の発表風景
キノコ班の表彰 ガイド班の表彰


2019.11.11更新
  令和元年度見学旅行の最終日の様子です。【2年次】

 11月10日(日)の最終日は東京で自主研修を行いました。
 最終日の自主研修も各系列課題をクリアするために、自分たちで計画を立てて行動しました。日本の中心地を感じ取ってきた生徒たちは、みんな笑顔で羽田空港へと集合しました。名残惜しい気持ちを残しながら羽田空港を出発し、18時30分に女満別空港に到着しました。見学旅行の締めくくりとして女満別空港で解団式を行った後それぞれ帰路につきました。
 この5日間を通して、日本国内での環境や文化の違いといった学校生活では学べないことを学ぶことができた見学旅行でした。
品川駅から羽田空港へ移動をしました。 昔ながらの浅草に行ってきました。
原宿で都会を体感しました。 解団式を女満別空港で行いました。


2019.11.11更新
  標茶高校自然満喫ツアーを実施しましたH【地域環境系列】

 11月9日(土)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒が東京農業大学の学生ら7名に標茶高校満喫ツアーを実施しました。
 道外出身の学生が多かったため、学生らは自然豊かな軍馬山や軍馬川源流を満喫していました。
 またツアー後に紹介した研究ポスターや活動成果等に学生らは興味深々でした。
 本校生徒にとっても、学生との交流から自分たちの活動を評価していただける貴重な機会となりました。
 東京農業大学市川准教授に大変感謝いたします。
水質調査 湿原ガイド
歴史的建造物のガイド 軍馬川源流での記念撮影


2019.11.10更新
  令和元年度見学旅行の4日目の様子です。【2年次】

 11月9日(土)は関東へ新幹線で移動して東京ディズニーランドへ行きました。
 新幹線では、初めて見ることのできた富士山を写真におさめる姿を見ることができました。ディズニーランドを目の前にすると、とても楽しみにしていたということもあって生徒はみんな、わくわくがとまらない様子でした。
 日本の誇るアミューズメントパークを見聞し、貴重な経験をえることができた4日目となりました。

新幹線で京都駅から東京駅へ移動しました。 舞浜駅に到着しました。
ディズニーランド前で記念撮影をしました。 アトラクションを楽しくまわりました。
男子もミッキーの耳をつけて楽しみました。 ホテルにもどってきても楽しさは衰えませんでした。


2019.11.08更新
  令和元年度見学旅行の3日目の様子です。【2年次】

 11月8日(金)は京都・大阪で自主研修を行いました。各班に分かれて、京都は伏見稲荷や嵐山などへ向かいました。大阪ではアメリカ村や道頓堀などへ向かいました。
 系列課題をクリアするために自分たちで計画を立てて行動し、ホテルへと戻ってきた生徒はみんな、生き生きとした表情をしていました。
 思い出を作りながら、文化・環境・酪農・食品の知識をそれぞれが深めた3日目となりました。

着物の着付けをしてもらいお参りしました。 男子も着物を着て観光しました。
大阪で課題のクリアを目指しました。 嵐山で観光をしながらお土産を探しました。


2019.11.07更新
  令和元年度見学旅行の2日目の様子です。【2年次】

 11月7日(木)は神戸を出発してバスで奈良・京都へと向かいました。薬師寺や奈良公園、東大寺、清水寺等を訪れ1300年の歴史について詳しく学ぶことができました。夕食は京都にある魚岩旅館で、すき焼きを楽しみました。
 最初の薬師寺ではお坊さんから物事に対する姿勢やお寺についての話をしていただきました。わかりやすく面白い内容のため、生徒全員が熱心に話を聞いていました。次に、奈良公園、東大寺ではクラスごとに集合写真をとった後に、北海道でみるエゾシカとは異なる種類の鹿に翻弄されながら触れ合うことができました。東大寺では、大仏様の存在感に圧倒されながらも、その歴史をしっかりと感じ取りました。最後に清水寺では境内で年次の集合写真を撮り、お参りをしてきました。
 お寺を通して、日本の歴史と文化に触れることのできた2日目となりました。

薬師寺ではガイドさんからも説明をしていただきました。 おとなしいと鹿たちはかわいかったです。
鹿せんべいを求める鹿たちに翻弄されました。 東大寺は大仏だけでなくお寺も大きかったです。
仁王門の近くで集合写真を撮りました。 夕食のすき焼きもおいしかったです。


2019.11.07更新
  令和元年度見学旅行が始まりました。【2年次】

 11月6日(水)から見学旅行が始まりました。
 初日は新千歳空港から伊丹空港へと向かい、神戸にある「人と防災未来センター」で防災学習を行いました。夕食は、南京町にある本館牡丹園で中華料理を味わいました。
 生徒たちは朝早くからバスに乗り、飛行機や本州上陸と初めてのことだらけで大変でしたが、とても勉強になる初日となりました。


伊丹空港で荷物が来るのを待っています。 阪神淡路大震災について講話をしてもらいました。
本格的な中華料理を楽しみました。 おいしすぎて料理がすぐになくなってしまいました。


2019.11.06更新
  ハロウィンパーティーを実施しました。【酪農・食品系列】

 食品ゼミ牛乳班が10月30日(水)にハロウィンパーティーを実施しました。10月31日のハロウィンにちなみかぼちゃをふんだんに使用したミニケーキ、カボチャモンブランなどのお菓子を作りました。当日はたくさんの生徒に食べてもらうことができました。
 
                
配布の様子@ 配布の様子A
作ったお菓子 集合写真


2019.11.05更新
  くしろジビエの祭典に参加しました【酪農・食品系列】

 食品ゼミシカ班、牛乳班が10月22日(火)に釧路市で行われた釧路ジビエの祭典に参加しました。この祭典はエゾシカによる農林被害が深刻な道東地方において駆除されたエゾシカの有効活用を目指し各地のエゾシカ料理が一堂に会する祭典です。
 牛乳班では昨年度第6回高校生チャレンジグルメコンテストにおいて入賞を果たした鹿肉を使用したベーグルを改良して販売、シカ班は鹿肉ミンチジャーキーを販売しました。
 当日は多くの方に食べていただくことができ、鹿肉をPR活動することができました。

                
取材を受けている様子 ステージ上での発表の様子
販売の様子@ 販売の様子A


2019.10.24更新
  令和元年度標茶高校公開授業(2期)・研究授業のご案内【教務部】

 令和元年10月28日(月)〜11月1日(金)の5日間本校で公開授業を、10月31日(木)には研究授業を実施します。時間割はこちらをクリックしてください。なお、10月29日(火)は10:25〜12:35の時間帯のみ本校体育館にて校内実績発表大会を公開いたします。

 参観される時間は自由ですので、関心のある授業や、都合の良いときにご来校ください。 また、参観いただく場合、事前の連絡は不要となります。当日、職員玄関側から入り、事務職員に声を掛けてください。

 研究授業では1年次必履修科目「農業と環境」を公開します。 内容は「スイートコーンの栽培と水質調査の研究発表」です。

 お子様の普段とは違う様子や、学校で頑張っている姿、または本校の特色ある授業を見る良い機会となりますので、 皆様は是非、参観にいらしてください。

   
2019.10.18更新
  オーストラリア人夫妻と交流しました【文化理解系列】

 10月18日(金)文化理解ゼミインターナショナル班の生徒が訪日オーストラリア人夫妻と交流しました。
 本校生徒による習字や提灯づくりなどの日本文化体験に対して、夫妻はウクレレで「さくらさくら」などの演奏で応えていただきました。
 夫妻は特に、漢字や標茶町のマンホールのデザイン、和菓子に興味を持たれていました。
 本校生徒にとっては英語でコミュニケーションを図り、オーストラリアの文化等を知る貴重な経験になったことでしょう。
習字体験と漢字講座 提灯づくり
夫妻によるウクレレ演奏 記念撮影


2019.10.16更新
  全道理科研究大会で発表してきました【地域環境系列】

 10月12日(土)と13日(日)北海道小樽潮陵高等学校で行われた全道高文連理科研究発表大会で課題研究環境ゼミの生徒6名が発表してきました。
 ・発表セクションと@〜Bタイトル、[結果]は以下のとおりとなります。

 ・研究発表
  @標茶高校敷地内に自生するキノコの調査と考察[努力(銅)賞]
  A釧路湿原保全のための環境調査とガイド活動[努力(銅)賞]
 ・ポスター発表
  B樹木の明日を造れ!標茶森林女子!(再利用と含水率について)[ポスター(銀)賞]
研究発表@の様子 研究発表Aの様子
ポスター発表Bの様子 会場校で記念撮影


2019.10.16更新
  進路座談会の報告会を行いました。【キャリアガイダンス部】

 今回の報告会はそれぞれの分科会で学んだことをプレゼンし、1年次全体で共有することで職業観を深めようとするものです。
 生徒は慣れない発表に難しさを感じながらも様々な方法で自分の考えを伝えたり、お互いにアドバイスをしたりしながら考えを深めました。


発表の様子@ 発表の様子A
発表を聞く生徒 全体の様子


2019.10.15更新
  牛乳班が標茶町健康まつりで紙芝居を行いました【酪農・食品系列】

 10月6日(日)に標茶町ふれあい交流センターで行われた「標茶町健康まつり」において牛乳班が紙芝居を披露しました。「しべホルトンの冒険」と題して標茶高校マスコットキャラクターである「しべホルトン」が町の皆んなのために栄養豊富な「牛乳」を探しにいくという物語です。
 当日は聞いてくれた子どもたちに牛乳を良さをPRすることができました。
 
            
紙芝居の様子@ 紙芝居の様子A


2019.10.07更新
  全国大会に出場してきました【地域環境系列】

 10月5日(土)〜6日(日)に3年次課題研究環境ゼミガイド班2名の生徒が第12回いい川・いい川づくりワークショップin滋賀・京都へ参加しました。
 1回目の発表や討論会を経て審査員の全投票を獲得し2次選考へ、2回目の発表後は2次選考も通過し最終選考へ進出しました。最終選考では全国ベスト9に選ばれ、入賞を受賞しました。
 昨年のグランプリから約1年経過し、気が付けば全国の方々から本校の実践を評価していただき、多くのサポーターから応援していただきました。
 本校生徒もプレッシャーのかかるなか、良く頑張りました。
1次発表 1次討論会&審査
2次発表 入賞記念写真
本校の発表パネル 本校発表のファシリテーターグラフィック


2019.10.07更新
  令和元年度釧路管内高等学校教育研究会環境教育部会第2回研究協議会が本校で実施されました。【地域環境系列】

 6月28日(金)の第1回に引き続き、第2回研究協議会が10月4日(金)に本校で行われました。
 第1回は講師3名をお招きし、本校生徒及び釧路管内の高校の先生方と環境教育について議論を深めました。
 第2回は生徒が講師役となり、先生方に標茶高校での活動を紹介しました。当日はあいにくの悪天でフィールドでの活動は行えませんでしたが、ガイド班はエゾシカレザーキーホルダの作成及びドローンの体験、キノコ班は自主制作したキノコのRPGの体験、森林班は倒木や廃材を利用したネイチャークラフトの制作体験をそれぞれ行いました。
 活動終了後は本校生徒へのお誉めの言葉をいただいたり、各校での環境教育に関わる活動についての意見交流を行ったりしました。


ガイド班による活動の様子 キノコ班による活動の様子
森林班による活動の様子 釧路管内の高校の先生が制作した作品


2019.10.03更新
  標茶高校自然満喫ツアーを実施しましたG【地域環境系列】

 9月29日(日)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒が本校1年生に標茶高校満喫ツアーを実施しました。
 軍馬川源流やミニ湿原のガイドはもちろんこと、3年生でのゼミ活動について紹介しました。
 今後の本校での系列活動や地域との学びについて収穫が多くあったようで1年生から大好評でした。
初めてきた軍馬川源流 川についての解説
フィールドワーク風景 ドローンで撮影する3年生


2019.10.03更新
  児童に環境学習会を実施しました【地域環境系列】

 9月28日(土)町内児童10名を対象に環境学習会「自然は僕らの学校」を開催しました。
 9つのアクティビティをつなぎ「自然の感じ方、自然の在り方、自然のつながり」の3部としてプログラムを構成しました。また、アイスブレイクや野焼きパンづくり、ネイチャークラフトなども企画・運営しました。
 修了証授与では、児童から「楽しかった、勉強会になった、自然を大事にしたい、パン美味しかった、クラフト上手くできた」などの言葉を頂き、高校生も嬉しかったようです
 高校生の皆さん大変お疲れ様でした。また、指導に当たった卒業生の皆さんありがとうございました。
アイスブレイク、パン、クラフト、修了書授与風景 外でのアクティビティ風景@
外でのアクティビティ風景A 中でのアクティビティ風景


2019.9.30更新
  標茶町の未来について考えました。【キャリアガイダンス部】

 現在標茶町では、令和3年度から10年間のまちづくりの土台となる総合計画の策定作業が進められています。
 その総合計画に高校生の意見を反映させるべく、9月27日(金)本校を会場として「標茶町第5期総合計画策定セミナー」が開催されました。
 1〜3年次の代表30名が5つのグループに分かれ「15年後、自分はどうなっていたいか」「その時まちはどうあってほしいか」について意見交換し、最後に「自分(たち)が町長だったらどんなまちづくりを行うか」をまとめて発表しました。
 自分の生活する町について考えを深めるだけでなく、まちづくりや観光についても考える貴重な時間となりました。

開会式の様子 グループワークの様子
発表の様子 講師を中心に記念撮影


2019.10.03更新
  大学教授から学びましたA【地域環境系列】

 9月27日(金)3年次「湿原の科学」で前日に引き続き、北海道教育大学岩見沢校能條教授に出前授業をしていただきました。
 今回のテーマは「地球スケールの思考と動的平衡について」です。
 地球規模での空間と時間の考え方の他にも、思考の方法や勉強する意味など多くを学んだ有意義な時間となりました。
 2日間で約7人の先生が参観され、我々教師にとっても思考を育む授業方法を学ぶことができました。能條教授ありがとうございました。
講義風景 演示実験風景
謝辞をする本校生徒 生徒の講義記録


2019.10.03更新
  大学教授から学びました@【地域環境系列】

 9月26日(木)2・3年次「自然ガイド入門・応用」の出前授業で北海道教育大学岩見沢校能條教授にSDGsを理解するためのワークショップをしていただきました。
 地球規模での空間と時間の考え方の他にも、思考の方法や勉強する意味など多くを学んだ有意義な時間となりました。
 単なる政策としてでなく、地球人として、自分事として課題を解決していく行動が重要であると学ぶことができました。
 放課後には、長時間にわたって生徒・企画のアクティビティを指導していただきました。
講義風景 ワークショップ風景
謝辞をする本校生徒 アクティビティの指導風景


2019.10.03更新
  児童への授業準備風景です【地域環境系列】

 地域環境系列の生徒は、9月中旬から2週間にわたって、9/28(土)に開催する児童への環境学習会の準備に励んでいます。
 プログラム準備として、各アクティビティを実践し、全体で評価・改善しています。
 同時並行でアイスブレイクや食事、ネイチャークラフトも準備しています。
内容について協議する生徒 外でのアクティビティ準備
中でのアクティビティ準備 野焼きパンの試作


2019.9.27更新
  外国クルーズ船おもてなしボランティアの3回目に参加しました。【文化理解系列】

 9月23日(月)に外国クルーズ船おもてなしボランティアの3回目に参加しました。
 書道、折り紙、アイヌ文様、ハウディのグループに分かれて来航した観光客の方と交流を行いました。
 天候が悪いため、外国人観光客の方は多くはありませんでしたが、積極的に交流を行い自身の能力向上に努めました。


アイヌ文様を教える生徒 にぎわう書道グループ
頑張って教える折り紙グループ 参加生徒の集合写真


2019.10.03更新
  標茶高校自然満喫ツアーを実施しましたF【地域環境系列】

 9月21日(土)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒が地域住民に標茶高校満喫ツアーを実施しました。
 「高校の敷地にこんな自然豊かな環境があるなんて…」「高校生が地域の自然や歴史を解説すること自体が素晴らしい」「前から気になっていたツアーにやっと参加できた」「こんな良質な空気が吸える場所があるとは…」などの感想をいただきました。励みとなるお言葉ありがとうございます。
 次回は9/29(日)秋ツアー最終日となります。
川の成り立ちについての解説 もうすぐ軍馬川源流です
軍馬川源流に到達しました 記念撮影


2019.9.24更新
  令和年度体育大会 兼 第73回開校記念マラソン大会【生徒指導部・体育科】

 9月19日(木)、20日(金)の2日間、令和元年度体育大会が開催されました。
 1日目午前中のマラソンでは、男女とも2年次生が圧巻の走りで優勝!
 交通整理にご協力いただきました警察と交通指導員の皆様、沿道で温かい声援を送っていただいた保護者や地域の皆様ありがとうございました。
 午後からのソフトボール、サッカーは小雨が降る瞬間もありましたが、選手たちの活気あふれるプレーで寒さを吹き飛ばし無事に1日目を終えることができました。
 2日目は昨年と同様、クラス競技のチームジャンプからスタートし、その後は男女に分かれバレーボールを行いました。
 そして大会の最後は生徒の要望から誕生したクラス対抗3000m全員リレー。
 3000mを誰がどの部分を走るか、各クラス考え抜いたオーダーで挑みました。
 結果は2年A組が3000mの男子日本記録を上回る走りで優勝!
 大きな盛り上がりの中、大会の全日程を終えることができました。
 
 今年度の結果は以下のとおりです。

 
総合順位優勝3年A組2位3年B組2位2年A組
ソフトボール 優勝 3年B組 2位 3年A組 3位 2年A組、1年B組
サッカー 優勝 3年A組 2位 2年B組 3位 3年A組、2年A組
チームジャンプ 優勝 3年A組 2位 2年A組 3位 3年B組
男子バレーボール 優勝 3年A組 2位 2年A組 3位 3年B組、2年B組
女子バレーボール 優勝 3年B組 2位 2年B組 3位 3年A組、2年A組
3000m全員リレー 優勝 2年A組 2位 3年A組 3位 3年B組

マラソン競技
男子の部(10km)優勝2年B組 大和田 公心
2位1年B組 山田 舜也
3位2年B組 飯高 悠人
女子の部(5km)優勝2年A組 加藤 優奈
2位2年B組 村上 咲希
3位2年A組 宍戸 夢叶

 生徒のみなさん、本当にお疲れ様でした。
   この団結力を次の行事である合唱コンクールにもつなげていきましょう。

スタートの様子(男子マラソン) 笑顔の3年生(女子マラソン)
競技の様子(ソフトボール) 競技の様子(サッカー)
競技の様子(チームジャンプ) 競技の様子(リレー)
決勝前の円陣(3年次生) 表彰式の様子


2019.10.03更新
  標茶高校自然満喫ツアーを実施しましたDE【地域環境系列】

 9月8日(日)と14日(土)に3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒が地域住民に標茶高校満喫ツアーを実施しました。
 軍馬川源流の景色もすっかり秋です。バイカモも開花しており、夏とは全く異なる環境となっています。
 町内外からお越しになった、皆さまありがとうございました。
エゾトリカブト バイカモ
エゾシカの囲い罠について 記念撮影


2019.10.03更新
  生徒が児童の探究活動の指導をしました【地域環境系列】

 9月13日(金)3年次「湿原の科学」は標茶小学校5年生の総合的な学習の時間と合同で実施しました。
 本校湿原環境で、水やきのこ、植物、ヤチボウズ、昆虫、樹木をテーマに高校生が小学生に指導しました。
 児童は水やヤチボウズなどを持ち帰り、今後研究を深める予定です。
きのこの解説について 水質調査について
倒木更新について みんなで記念撮影


2019.9.19更新
  牛乳班が考えたレシピが釧路プリンスホテルで提供されました【酪農・食品系列】

 9月11日に釧路プリンスホテルで行われた「ビジネスコンペティション」懇親会において牛乳班がレシピを考えた「ホエーガトーショコラ」と「シカさんどベーグル」が提供されました。
 当日は、実際にホテルのシェフの方に技術指導をしていただきながら作製し、多くの方に考案した料理を食べていただくことができました。
 
                             
提供されたホエーガトーショコラ 提供されたシカさんどベーグル
ステージ上での料理紹介 料理と集合写真


2019.9.12更新
  1年次「産業社会と人間」にて進路座談会が行われました。【キャリアガイダンス部】

 9月10日(火)に1年次「産業社会と人間」の授業で進路座談会を行いました。
 生徒の進路希望に応じた8つの分科会に分かれ、11名の講師から職業に関する講話や質疑応答をしていただきました。それぞれの職種の仕事内容だけでなく、「働くということ」についても学ぶ機会となりました。
 今後の「産業社会と人間」では今回学んだことを分科会ごとにまとめ、発表して共有する予定となっています。
 今回講師として来てくださった11名の皆様、貴重なお話をしていただき誠にありがとうございました。

農業分科会の様子 販売接客分科会の様子
福祉介護分科会の様子 役場分科会の様子
事務分科会の様子 美容分科会の様子
保育分科会の様子 建築分科会の様子


2019.9.12更新
  年金セミナー開催【家庭科】

  9月9日(月)2年次家庭基礎で年金機構の方々を招き年金セミナーを開催していただきました。
 年金についての講話から、ライフプランを作成し、将来実際にかかる費用を計算するなど、自分の人生に年金がどのように関わっているのかイメージすることができました。
 2,3年後には生徒全員が「年金」と関わっていくため、しっかりと年金の義務や責任について考えていきたいです。


自分の将来としっかり向き合っています 年金と自分はどう関わっているのか討論中
2019.10.03更新
  小学校で環境学習会の告知をしてきました【地域環境系列】

 9月6日(金)3年次「湿原の科学」は標茶小学校5年生の総合的な学習の時間と合同で実施しました。
 本校湿原環境で、水やきのこ、植物、ヤチボウズ、昆虫、樹木をテーマに高校生が小学生に指導しました。
 児童は水やヤチボウズなどを持ち帰り、今後研究を深める予定です。
フリップで説明する本校生徒 児童とコミュニケーションをとる本校生徒


2019.9.12更新
  標茶町産業祭りで「しべちゃ牛乳」配布のお手伝いをしました。【酪農・食品系列】

 食品ゼミ牛乳班が標茶町産業祭りで「しべちゃ牛乳」配布のお手伝いをしました。
 牛乳班は乳製品で標茶町を活性化させることを目的に町内外のイベントや販売会でPR活動を行っています。当日は用意されていた500パックがあっという間に無くなり大盛況でした。
 
                
配布の様子@ 配布の様子A




2019.9.12更新
  食品ゼミ牛乳班が社会共創コンテストで奨励賞を受賞しました。【酪農・食品系列】

 食品ゼミ牛乳班が愛媛大学主催の社会共創コンテストにおいて奨励賞を受賞しました。このコンテストは地域社会の課題解決のためのアイデアや活動実績を競うコンテストです。
 牛乳班は乳製品で標茶町を活性化させることを目的にゴーダチーズなど乳製品の製造、「牛乳の日」など乳製品にちなんだ記念日にイベントの実施、町内外での標茶町のPRなどを行っています。本年は全国から170校の応募があり、その中で全国11校の奨励賞を受賞することができました。
 
                
賞状と撮影 牛乳班集合写真


2019.9.12更新
  アドベンチャースクール ステージ4に参加しました【地域環境系列】

 9/7(土)藻琴山にて「ステージ4 秋の野外活動」が行われ、生徒が高校生スタッフとして参加しました。
 過酷な道中でしたが、お互いに声を掛け合い、周囲の景色を見て活力をもらいながら、山頂を目指しました。
 怪我なく全員で登り切った後は、皆、充実した表情をしていました。


登山スタート 山頂の位置を確認します
山頂まであと少し 山頂で記念撮影


2019.9.06更新
  北海道新聞社の方に出前講座をしていただきました【キャリアガイダンス部】

 8/27(火)の1年次「産業社会と人間」の授業で北海道新聞釧路支社報道部長の坂本和之様から講話をしていただきました。
 現在「産業社会と人間」では職業の専門家や実際に現場で働く方からお話を聞き、その内容をまとめて発表する「進路座談会」という活動を行う予定になっています。その活動の質を向上させるべく、実際の新聞社の方をお招きし、取材方法や新聞の構成について教えていただきました。
 座談会当日は今回学んだノウハウを生かして有意義な時間にできるよう頑張ります。
各社新聞の比較 本校生徒が作成した壁新聞の講評


2019.9.06更新
  第7回高校生チャレンジグルメコンテスト本選に参加しました【酪農・食品系列】

 食品ゼミ牛乳班が8月24日(土)に札幌市で行われた第7回高校生チャレンジグルメコンテスト本選に参加しました。このコンテストは高校生が地域の食材を使用してオリジナルのレシピを考え、実際に販売するコンテストです。
 牛乳班では牛の顔の形をした肉まんを作りました。中には鹿肉を使用したトマトソースとしべちゃ牛乳をふんだんに使用したホワイトソースが入っています。
 入賞はできませんでしたが、用意した200食はすべて完売し来場者の方に喜んでいただくことができました。

                
店頭ディスプレイ 店頭販売の様子
ステージ上での発表の様子 集合写真


2019.9.06更新
  中学生1日体験入学を実施しました【キャリアガイダンス部】

 8月22日(木)中学生1日体験入学が実施されました。まず、本校生徒による学校の特色・学校生活・部活動の説明と本校教員による本校の概要・進路実績・寮の説明が行われました。
 その後、3年次生の企画した体験授業で各系列の特色を生かした授業が行われました。授業内容は、3年次生が課題研究の授業で行っているテーマを中心に企画され、「標茶町の防災を知ろう」「倒木のリサイクル体験」「トラクタ運転と近代酪農の見学」などがありました。
 参加した中学生からは、「総合学科について理解できた」「農業のイメージが強いが、いろいろな科目があることがわかった」「普段の生活でできないことを体験できて楽しかった」などの感想が聞かれました。

標茶高校自然満喫ツアー パラリンピックスポーツ体験
ドローン操縦体験 牛舎見学


2019.9.05更新
  標茶高校自然満喫ツアー[秋編]のご案内【地域環境系列】

 ご好評につき、昨年度同様9月にも4回実施させていただくことになりました。
 本校3年次生が皆さまを標茶高校敷地内ミニ湿原や軍馬川源流へご案内します。
 詳細はこちらをクリックしてください。
 参加を希望される方は、本校まで電話またはFAXにて、参加日時と氏名、電話番号をお伝えください。
 これまでの様子はこのページの下段にて見ることができます。


2019.9.05更新
  研究報告をしてきました【地域環境系列】

 8月21日(水)17名の生徒が釧路湖陵高校で開催された高文連理科支部大会で研究内容を報告しました。
 エントリーしなかった研究発表の物理・化学部門を除き、研究発表生物・地学部門とポスター発表部門で管内最高賞を収めることができました。
 10月12日(土)から13日(日)に小樽潮陵高校で開催される全道大会にも参加します。
 ・発表セクションと@〜Bタイトル、[結果]は以下の通りとなります。

 ・研究発表
  @標茶高校敷地内に自生するキノコの調査と考察[総合(金)賞]
  A釧路湿原保全のための環境調査とガイド活動[奨励(銀)賞]
 ・ポスター発表
  B樹木の明日を造れ!標茶森林女子![優秀ポスター(金)賞]
表彰結果に喜ぶ本校生徒 @の研究発表風景
Aの研究発表風景 Bのポスター発表風景


2019.8.22更新
  食品ゼミ牛乳班が第7回チャレンジグルメコンテスト本選に出場することが決まりました。【酪農・食品系列】

 8月24日(土)に札幌市で行われる第7回チャレンジグルメコンテスト本選に牛乳班が出場することが決定しました。
 このコンテストは地域の食材を使用して生徒がオリジナルレシピを製作するというもので、牛乳班では牛の形をモチーフにした「肉まん」を作りました。中身は鹿肉入りのトマトソースとホワイトソースの2層になっています。
 当日は販売、投票もございますので遠方ではありますがお時間ある方はぜひお越しください。

                
作製した肉まん 試作の様子


2019.8.20更新
  第20回全国高校生自然環境サミットに参加しました【地域環境系列】

 8月6〜8日の3日間、第20回全国高校生自然環境サミットの参加のため、生徒2名が沖縄県の辺土名高校に行ってきました。 1年間の活動報告とやんばるの森を中心に様々なフィールドワークをしました。
 同じ日本でも北海道とは全く異なる自然環境であり、生態系の構造など生徒にとって新しい発見が数多くあった活動となりました。
 標茶高校の自然環境宣言は「標茶の昆虫と植物の外来種を調べ、子供たちに伝える」、「環境に興味を持つ高校生を増やす」の2つ。 この宣言を元に1年間活動し、また来年に良い報告ができるよう学んだことを活かしていきたいです。


校内の生き物博物館の見学 ナイトハイクではヤンバルクイナを見ることができました
外来種の調査 外来植物の駆除活動
ワークショップでの活動 朝食前のハイキングで野鳥観察
自然環境宣言の様子 サミット参加の高校生たち


2019.8.20更新
  アドベンチャースクール ステージ3に参加しました【地域環境系列】

 8/5(月)〜8(木)ネイパル足寄にて「ステージ3 標茶・鶴居交流ネイチャーアドベンチャー」
 が行われ、生徒が高校生スタッフとして参加しました。
 小学生とともに体験学習や野外活動をする時間は、生徒たちにとって有意義なものとなりました。


みんなでうどん作り 美味しくいただきました
発表の様子 集合写真


2018.8.20更新
  就活必勝セミナー

 7月30日に引き続き、就職希望者に向けての「就活必勝セミナー」が開催されました。ジョブカフェサロン釧路の谷和憲氏を講師として、標茶町開発センターでの実施でした。当初は弟子屈高校との合同実施の予定でしたが、都合により標茶高校単独となりました。講師からは、就職に対する『心構え』『履歴書の書き方』『実際の面接練習』などと非常に濃い内容のプログラムでした。3年次生は講師の話に熱心に聞き入り、メモを取りながらも、意欲的に取り組みました。


講師 話に聞き入る生徒たち
面接練習1 面接練習2


2019.8.20更新
  「大学の森で学ぼう2019」に参加しました【地域環境系列】

 8/2(金)京都大学北海道研究林で行われた「大学の森で学ぼう2019」に本校生徒が参加しました。
 様々な機器を使った体験活動により、生徒の自然への関心がより一層高まった様子です。


体験講義の様子@ 体験講義の様子A
体験講義の様子B 閉会式


2019.8.09更新
  インターンで一流のガイドから学んできました【地域環境系列】

 7月31日(水)〜8月4日(日)地域環境系列の2年次2名がインターンシップとして鶴居村のヒッコリーウィンドで学んできました。
 北海道認定アウトドアガイドプロ資格取得マスターガイドの安藤誠氏や北海道アウトドア資格制度自然ガイドの山田佳奈氏からはネイチャーガイドやカヌーを、北海道フードマイスター資格保持の安藤忍氏からはスローフードや宿泊業を主に教えていただきました。
 生徒からは「世界・全国の様々な分野で活躍するお客さまからもご指導をいただき、本当に世代を超えた出会いと感動と学びの場でした」、「生き方や仕事に対する情熱、日本人としての誇り、自己の将来について考える貴重な5日間となった」との報告がありました。
 ヒッコリーウィンドやお客さま、ご協力いただいた保護者の皆さま、大変ありがとうございました。
これから二人で頑張ります 宿周辺の掃除
実習で撮影した野鳥 カヌーにも挑戦
ヒッコリーの皆様と記念撮影 担当教諭と記念撮影


2019.8.09更新
  水辺で小学生に調査方法を教えました【地域環境系列】

 8月1日(木)課題研究環境ゼミガイド班を中心とする生徒が標茶町主催のみずべの楽校祭で小中学生に水質調査や生態系調査、防災学習を教えました。
 前日が釧路湿原が国立公園に指定されて32年目ということもあり、釧路川を舞台に自然環境の豊かさや厳しさを伝える貴重な1日となりました。
 近々七夕のため、釧路川を天の川にかけて、参加した子供たちは短冊に願いを込めていました。
釧路川での調査 短冊の作成


2018.8.09更新
  2019釧路地区高校生のための合同企業説明会

 ジョブカフェ北海道が主催する「2019釧路地区高校生のための合同企業説明会」がANAクラウンプラザホテル万葉の間で開催されました。本校の就職希望者は、釧路北陽高校などの他校生と一緒になり、参加33社の会社説明に熱心に耳を傾けていました。いよいよ就職シーズンの開幕となり、参加した生徒は、緊張した面持ちで「頑張らねば」の気持ちを新たにしました。


会場の様子 入場前の緊張
熱心に聞き入る JAの説明


2019.8.09更新
  ノロッコ号30周年記念で標茶町と標茶高校をPRしました【地域環境系列】

 7月30日(火)課題研究環境ゼミガイド班がくしろ湿原ノロッコ号3本約600名の乗客に湿原環境のガイドや自治体PRをしてきました。
 車両ガイドアンケートの引き換えとしてプレゼントしたポストカードは大好評で、250枚以上にもなりました。
 また、塘路駅でも乗客を出迎え、エゾシカレザーアクセサリーの販売や課題研究食品ゼミパフェ班によるアイスの無料提供もさせていただきました。
 さらに、ドローンでこれらの様子を撮影することができました。準備ができ次第本校YouTubeにアップロード予定です。
 標茶町役場やJR北海道の皆さま、標茶町を世界・全国に発信する貴重な機会をいただき深く感謝いたします。
放送で車両ガイドをする生徒 お客さま個々にガイドをする生徒
エゾシカレザーの販売(右)とアイスの無料提供(左) お客さまの見送り
ドローンで撮影したノロッコ号 ガイドした本校生徒


2019.8.09更新
  外国クルーズ船おもてなしボランティアの2回目に参加しました。【文化理解系列】

 7月29日(月)に外国クルーズ船おもてなしボランティアの2回目に参加しました。
 書道、折り紙、風呂敷、ハウディ(案内所)のグループに分かれて来航した観光客の方と交流を行いました。
 外国の方との交流を通して、自身の英語力や文化の違いを学ぶ機会となりました。


書道を教えている様子 折り紙を教えている様子
風呂敷の包み方を教えている様子 今回のボランティアに参加した生徒
2019.8.09更新
  塘路湖畔で小中学生に釧路湿原について教えました【地域環境系列】

 7月27日(土)課題研究環境ゼミガイド班を中心とする生徒達が、釧路湿原子どもレンジャーの「くしろ湿原ノロッコ号に乗って釧路湿原を学ぼう」のフィールドワークを担当させていただきました。
 まず31名の小中学生に班分けと交流を目的にアイスブレイクを行い、その後、塘路湖畔でのウォークラリーを実施しました。また、ネイチャークラフトや博物館見学の補助も行いました。さらに、この活動と同時並行で塘路湖畔をドローンで撮影することもできました。
 標茶町役場やJR北海道、釧路湿原国立公園連絡協議会、塘路湖畔の皆さまに大変感謝いたします。
塘路駅から塘路湖までの道のり 塘路湖畔内でのウォークラリー
水辺での活動 博物館と最後のまとめ


2019.8.09更新
  自然体験学習について授業でも学んでいます【地域環境系列】

 7月18日(木)と25日(木)2・3年次自然ガイド入門・応用の授業でデザインしたアクティビティを実施しました。
 これで、先日のインタープリターズキャンプと合わせて30人が2つのアクティビティを実施し、20個体験することができました。
 夏季休業明けに、生徒は児童に行う自然体験学習会の企画を始めます。
アクティビティ@ アクティビティA
アクティビティB アクティビティC


2019.8.09更新
  高校教育課の皆さまをご案内しました【地域環境系列】

 7月24日(水)学校教育局高校教育課の課長等4名が本校を視察されました。
 学校説明や施設紹介後に湿原フィールドへ行き、探究活動の紹介として環境ゼミガイド班の生徒にガイドしてもらいました。
敷地内の紹介 湿原環境の散策
水質浄化システムの紹介 探究活動内容の説明


2019.8.09更新
  しべちゃインタープリターズキャンプを実施しました【地域環境系列】

 7月20日(土)と21日(日)に二杉寿志氏監修のもと多数のOBOGの講師等の協力で、将来道東の環境教育をリードする人材を育成するためのキャンプ講習会を実施しました。
 生徒がデザインしたアクティビティやプログラムを実践し、終了後には本企画とグローイングアップ・ワイルドの認定書授与を行いました。
 意図に合わせて、アクティビティの時間や場所、運営方法などをデザインする方法を学ぶことができた充実の2日間でした。
 また、今年は本校OG(現酪農学園大学3年生)でもあるファシリテーター倉内渚氏が初めてグローウィングアップ・ワイルドエデュケーターの資格を後輩に与えることになりました。
 北海道だけでなく全国の環境教育のロールモデルになり得る好循環ができそうです。
講師の二杉氏(上)と倉内氏(左下) 講師によるアクティビティの体験
活動風景 生徒企画アクティビティとその評価@
生徒企画アクティビティとその評価A 講師による修了証の授与


2019.8.09更新
  学校祭でゼミ活動の展示をしました【地域環境系列】

 7月14日(日)課題研究環境ゼミガイド班の生徒たちが地域環境系列の紹介ブースで展示等を実施しました。
 日頃行っている活動の様子報告ポスターやドローンの展示、ドローンを活用したVTRの上映、エゾシカレザーアクセサリーのクラフト体験と販売会をしました。
 保護者をはじめとする地域の方や卒業生、後輩たちに普段の活動を伝える貴重な機会となりました。
展示コーナー エゾシカレザーアクセサリーコーナー


2019.7.24更新
  本校敷地内の利用について

 本校敷地内の散策についてお知らせがございます。
 本校ホームページの下部の「本校敷地内の利用について」の欄をご確認ください。

2019.7.10更新
  中学生一日体験授業について公開しました。

 7月9日(火)から令和元年度の中学生一日体験授業について公開しました。
 詳細につきましては「中学生のみなさんへ」に掲載しております。右のメニューかこちらをクリックしてご覧ください。

2019.7.08更新
  標茶高校自然満喫ツアーを実施しましたC【地域環境系列】

 7月7日(日)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒7名が地域の方々に標茶高校満喫ツアーを実施しました。
 今回は某大学教授や大学院生、釧路から農業関係の方や本校志望の中学生が参加されました。
 「もののけ姫の舞台に見間違えるほどの豊かな自然」、「学校の敷地にこんな緑豊かな場所があるなんて羨ましい」、「高校生のガイドが充実していた」、「こんなところもドローンを操作できるんですね」など大好評でした。
 エゾシカレザーアクセサリーのプレゼントも喜んでもらえました。
 これで夏季のツアーは終了となります。ご協力いただいた皆さまありがとうございました。
軍馬山の奥へと進む一行 軍馬補充部時代の痕跡紹介
危険場所についての注意事項説明 軍馬川源流での記念撮影


2019.7.08更新
  リーダーシップの勉強をしました【地域環境系列】

 7月6日(土)地域環境系列2、3年次生7名が北海道教育大学釧路校で開催された牧原ゆりえ氏による「新たな時代の対話と協働のための場づくりリーダーシップ勉強会」に参加してきました。
 対話と場づくりのノウハウや課題解決への理想的な取組方法、ワークショップ等におけるグラフィックファシリテーションなどを学びました。
 生徒にとっても大満足の研修となり、講師や地域の参加者と交流できる良い機会となりました。
講師の牧原氏 グラフィックの描き方の練習
グラフィックシートを用いた対話の演習 講座のシェアリング


2019.7.08更新
  高校生が児童に授業しました【地域環境系列】

 7月5日(金)標茶小学校5年生が「総合的な学習の時間」における自然探究を本校の湿原フィールドで実施しました。
 3年次「湿原の科学」の生徒18名が講師となって、きのこや樹木、川、ヤチボウズ、動植物、湿原などのテーマ毎に児童へ指導しました。フィールドの案内はもちろんのこと、解説やふりかえり・シェアリング・まとめまでコーディネートすることができました。
 標茶小学校の児童も先生も満足していただけたようで、双方にとって充実した授業となりました。
植物の観察 湿地の観察
樹木の観察 フィールドの紹介
樹木にいる昆虫の観察 シェアリング風景


2019.7.08更新
  アクティビティをデザインしています【地域環境系列】

 7月4日(木)2・3年次「自然ガイド入門・応用」の授業では自然体験教育学を学んでいます。
 北海道教育大学岩見沢校の能條歩氏の著書「人と自然をつなぐ教育」を1ヶ月程度で学び終え、現在アクティビティのデザインに挑戦しています。
 7月20日(土)〜21日(日)にはインタープリターズキャンプで二杉氏や倉内氏からブログラムデザインを学び、9月下旬には高校生が小学生に自然体験教育を実践します。
アクティビティ選び アクティビティのデザイン


2019.7.08更新
  雪印メグミルクによる出前授業が行われました【酪農・食品系列】

 7月3日(水)に雪印メグミルクより講師の方をお招きし、出張講義をしていただきました。
 チーズの話と題し、座学ではチーズの種類や固まるメカニズムについて、実習では酸凝固とレンネット凝固の違いについて教えていただきました。
 また、本校で製造しているゴーダチーズを試食していただきアドバイスをもらいました。
                 
講義の様子 実習の様子
実習で作ったチーズを試食しました 本校で製造したゴーダチーズへのアドバイスをいただきました


2019.7.2更新
  アドベンチャースクール ステージ2に参加しました【地域環境系列】

 6/22(土)〜23(日)標茶町農業者トレーニングセンターにて「ステージ2 仲間づくり」が行われ、生徒が高校生スタッフとして参加しました。
 長い時間をともにし、より小学生との距離が縮まった様子です。
アイスブレイクの様子@ アイスブレイクの様子A
みんなで昼食 みんなで夕食作り


2019.7.2更新
  アドベンチャースクール スタッフトレーニングに参加しました【地域環境系列】

 6/9(日)に本校生徒が標茶町教育委員会主催のスタッフトレーニングを受講してきました。
 小学生に充実した体験活動を受けてもらうために、自分たちはどのような取り組みができるかについて真剣に考える時間となりました。
 今後のアドベンチャースクールに役立ててくれることを期待しています。
トレーニングの様子@ トレーニングの様子A
トレーニングの様子B トレーニングの様子C


2019.7.02更新
  標茶高校自然満喫ツアーを実施しましたB【地域環境系列】

 6月30日(日)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒7名が地域の方々に標茶高校満喫ツアーを実施しました。
 今回は昨年お世話になったリピーターやアメリカの高校生が参加されました。
 「普段は入ることのできない高校敷地内のミニ湿原と軍馬川源流に入ることができた」、「植物や動物への愛着を通して自然環境を保護しなければならないことを考えられた」と大好評でした。
 次回7月7日(日)が夏期最後となります。当日受付もしております。9:45からお待ちしております。
生徒による倒木のガイド 軍馬川源流に到着
ツアーの振り返り 軍馬川源流での記念撮影


2019.7.02更新
  釧路管内の先生方と環境教育について話し合いました【地域環境系列】

 6月28日(金)本校にて釧路管内高等学校教育研究会環境教育部会を開催しました。
 釧路国際ウェットランドセンター事務局長菊地氏、北海道教育大学釧路校准教授宮前氏、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ田島氏の3名の講師を迎え釧路管内の先生方や本校生徒ともに環境教育における釧路管内の高等学校の役割について協議しました。
 例年とは異なるパネルディスカッションや生徒発表により、収穫の多い内容であったと講師や参加者等から評価していただけました。
 10月に行われる第2回では生徒企画によるフィールドワークを実施予定です。
研究協議風景 環境ゼミガイド班発表
環境ゼミ森林班発表 環境ゼミきのこ班発表


2019.7.02更新
  エゾシカレザーをいただきました【地域環境系列】

 6月24日(月)株式会社一衆空間さんのご協力のもと、合同会社エゾプロダクトさんからエゾシカレザーが届きました。
 7月14日(日)学校祭や7月30日(火)ノロッコ号停車の塘路駅にて販売するアクセサリーの材料です。
 さらに、2社のご厚意で数万円もするディスプレイ用のエゾシカレザーもいただきました。大変感謝いたします。今後の活用させていただきます。
エゾシカレザーなどを手にするガイド班の生徒


2019.7.02更新
  公開授業が終了しました【教務部】

 6月17日(月)〜6月28日(金)の2週間を公開授業週間と設定し、地域の方にも参観していただくとともに教員同士で評価し合いました。
 「身に付いた能力を実感できる」「問いから見方・考え方を育む」のテーマに挑戦し、課題はまだまだあるものの、学校全体での授業力向上に取り組みました。
 10月にも第2回を予定しています。
3年次「草花」 2年次「世界史A」
2年次「科学と人間生活」 2年次「生涯スポーツ」


2019.7.02更新
  時間割を作成しました【教務部】

 6月24日(月)本校体育館にて、1・2年次合同で来年度の科目選択説明会と個別の時間割作成を行いました。
 生徒は個々の進路に合わせて、各教科や系列のブースで質問したり、先輩からアドバイスを受けながら時間割を考える時間となりました。
会場全体の様子 各教科等の質問ブース
協議をする本校生徒 科目選択に主体的な本校生徒


2019.7.02更新
  奨学金等進学資金ガイダンスを実施しました【教務部】

 6月20日(木)本校多目的教室にて日本学生支援機構スカラシップ・アドバイザー宮崎氏を迎え奨学金等進学資金ガイダンスを実施しました。
 35名の2・3年次の保護者や生徒が集まり、進学に係る費用や奨学金制度、返還、卒業後の収入、ライフプランなどについて説明していただきました。
講師の宮崎氏 会場の様子


2019.7.01更新
  中学生が来校されました【キャリアガイダンス部】

 6月20日(木)遠矢中学校がキャリア学習を目的に来校されました。
 昨年までは宿泊研修の一部として行っていたものです。
 本校生徒は3つの系列ごとに、活動発表や体験授業を実施しました。
 今年度初めて実施したドローン操縦体験は中学生に大盛況でした。
酪農・食品系列活動発表 ドローンの操縦体験
外国のゲームを英語で体験 豚舎での養豚の説明


2019.7.01更新
  標茶高校自然満喫ツアーを実施しましたA【地域環境系列】

 6月16日(日)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒7名が地域の方々に標茶高校満喫ツアーを実施しました。
 夏が近づき植生が変わったり、天気が雨のため軍馬川の源流には霧がかかったり、ニホンザリガニを観ることができたりと前回と異なる景色が多く観られました
 また、本州から来てくださったお客様から「標茶町の自然に感動した」と言われ、生徒は大変嬉しかったようです。次回は6月30日(日)となります。
記念撮影 ガイドの様子
軍馬川源流で見つけたワサビ 軍馬川源流で見つけたニホンザリガニ


2019.7.02更新
  ミニ湿原フィールドを整備しました【地域環境系列】

 ミニ湿原フィールドの重要箇所である脱窒湿地と浄化ゾーン、沈砂ゾーンが土砂とオランダガラシの繁殖により低層湿原化してしまいました。
 6月14日(金)3年次「湿原の科学」の授業で大工事し、元の軍馬川が綺麗に流れるフィールドに戻すことができました。
 低層湿原のでき方や泥炭、生態系、よりよい河川の流れなどについて学習できる良い実習となりました。
脱窒湿地の工事 浄化ゾーンの工事
沈砂ゾーンの工事 記念撮影


2019.7.02更新
  北星学園大学教授大原氏による出張講義が行われました【酪農・食品系列】

 6月14日(金)課題研究の時間に北星学園大学教授大原昌明様をお招きし、出張講義をしていただきました。
 「牛丼とハンバーガーどちらがお好き〜経営と会計の味な話〜」と題し、食品の値段の決め方や原価について貴重な話を聴かせていただきました。
 ご協力いただいた北星学園大学教授大原昌明様大変ありがとうございました。
        
講義の様子@ 講義の様子A


2019.7.02更新
  食品ゼミ牛乳班が本校生徒に向けて牛乳とお菓子の配布を行いました。【酪農・食品系列】

   新しい草が伸びはじめ、放牧が始まるこの時期、国連食糧農業機関(FAO)は6月1日を「牛乳の日」、6月を牛乳月間と定めています。  牛乳班でも牛乳の消費拡大と、PRを目的として6月13日(木)に本校で生産された新鮮な牛乳と作製したお菓子の配布を行いました。当日はたくさんの生徒に牛乳を飲んでもらい、関心を高めることができました。
        
配布の様子@ 配布の様子A
「牛乳の日を知っていますかアンケート」の実施 たくさんの生徒に来てもらうことができました


2019.6.12更新
  標茶高校自然満喫ツアーを実施しました【地域環境系列】

 6月9日(日)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒7名が地域の方々に標茶高校満喫ツアーを実施しました。
 この取り組みは、20種類以上の植物や樹木、歴史的建造物などの解説をするもので、昨年度の先輩方の取り組みを引き継いだものです。最後には、本校オリジナルのエゾシカレザーアクセサリーをプレゼントしました。
 「ここでしかない豊かな自然環境で、大変心地よい大満足のツアーだった」とのお客様からお言葉に、本校生徒も充実感一杯でした。
 次回は6月17日(日)となります。是非、本校の自然を満喫しに来ませんか。
記念撮影 ガイドの様子
植物を解説する本校生徒 ツアーを盛り上げるドローン
源流で発見!!ワサビ!! お疲れさまでした!!


2019.6.12更新
  海外の研修者と対談しました【地域環境系列】

 5月31日(金)2・3年次自然ガイド入門・応用の授業でタンチョウ保護研究グループの百瀬さんとアメリカの研究者CJさんを迎えタンチョウについて語り合いました。
 CJさんは自然環境を学習している高校生とタンチョウとの関わりについてヒアリングしたかったようです。
 本校生徒としても海外の研究者から生の情報を聞ける絶好の機会で大変有意義な時間となりました。
講師のCJさん(左)と百瀬さん(右) 授業風景
休み時間に語り合うCJさんと本校生徒 ディスカッション風景


2019.6.3更新
  食品ゼミ牛乳班が桜が丘中学校生徒に体験授業を行いました。【酪農・食品系列】

 5月30日(木)に桜が丘中学校の生徒が体験入学で来校しました。
 食品ゼミ牛乳班では、パンの製造体験を行いました。発酵させたミルクパンと発酵させていないミルクパンの食べ比べを行い、実際に体験した生徒は「初めてだったけど楽しくできた。家でも作ってみたい。」と好評でした。
        
体験の様子 製造したミルクパン


2019.6.12更新
  ICT教育に力を入れています【教務部】

 G Suiteで、本校では一部の授業で試験的に、生徒自身がいつでもどこでも主体的に学べる教育環境づくりに励んでいます。
 5月29日(水)と5月30日(木)2年次科学と人間生活の授業で、アカウント作成やログイン、課題ダウンロード、課題への取組、アップロード提出、自己評価・コメントの方法について確認しました。試験範囲までの授業プリントや資料等もいつでもどこでもダウンロードできることにもチャレンジしています。
授業風景 探究活動をする生徒
授業ページのトップ画面 完成した課題


2019.6.12更新
  標茶高校自然満喫ツアーのご案内ですA【地域環境系列】

 昨年は地域の皆さまに大変お世話になりました。今年度も春に4回実施させていただくことになりました。
 本校3年次生が皆さまを標茶高校敷地内ミニ湿原や軍馬川源流へご案内します。
 詳細はこちらをクリックしてください。
 参加を希望される方は、本校までお電話にて、参加日時と氏名、電話番号をお伝えください。
 これまでの様子はこのページの下段にて見ることができます。


2019.6.12更新
  標茶高校自然満喫ツアーのご案内です@【地域環境系列】

 5月28日(火)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒5名が自然満喫ツアーのチラシを6月標茶町広報に折り込んできました。
 今年も6月から7月にかけて4回実施します。
チラシ折り込みの成果 約3200枚を手分けして折り込みました


2019.6.12更新
  町内で発表をしました【地域環境系列】

 5月27日(月)標茶町コンベンションホールウィズにて開催された大地みらい信用金庫標茶支店60周年イベントで、3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒7名がガイドとドローンの地域振興に係る発表をしました。
 先輩たちの実績に加えて自分たちの新しい取組や展望を披露し、地域の方に高校生目線での地域との協働について話をさせていただく良い機会となりました。
発表終了後の挨拶 地域と協働したガイド活動の報告
他校ではできないドローン活動の報告 ドローンで撮影した記念写真


2019.5.31更新
  令和元年度校内スピーチコンテストを行いました。

 5/27(月)標茶高校で校内スピーチコンテストが行われました。
 5/14、15に行われたクラス内スピーチを勝ち進んだ代表者が「弁論部門」「意発部門」に分かれて発表しました。
 弁論部門では、3B本田莉里佳さんが最優秀賞、3B成田彩音さん、2A金丸由唯さん、1A西内琳星さんが優秀賞を受賞しました。
また、意発部門では、3B深山玄斗紀君が最優秀賞、3A高橋寿希杏君、2B飯高悠人君が優秀賞を受賞しました。
公平な審査をしてくれた審査員のみなさん。 生徒は発表を真剣に聞いていました。


2019.6.12更新
  エゾシカレザーアクセサリーを地域で販売しました【地域環境系列】

 5月25日(土)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒2名が「ノロッコ82号」の標茶駅停車中の乗客へエゾシカレザーアクセサリーを販売しました。
 事前の広告の効果もあってほんの20分弱で65個を売上げ、多くのお客様へ上質なエゾシカの革に手を取っていただけました。
 本州や海外から来たお客様もおり、エゾシカの実態について発信することができました。
 ご協力いただいた、標茶町役場やJR北海道のみなさん大変ありがとうございました。
ノロッコ号前での記念撮影 販売風景


2019.6.12更新
  本校の歴史を探究しました【地域環境系列】

 5月24日(金)2・3年次自然ガイド入門・応用の授業です。
 前週の標茶町郷土資料館学芸員の坪岡氏の授業を経て、今回は本校資料館(平成20年度経済産業省認定近代化産業遺産)で探究学習を実施しました。
 本校のルーツである農業高校時代の取組を探り、特に林業の成果物に興味を示していました。
本校資料館 農機具を学習する生徒
林業成果物に夢中の生徒 歴史を探究する本校生徒


2019.6.12更新
  自然学級で自然を感じました【地域環境系列】

 5月22日(水)と5月23日(木)の2年次科学と人間生活の授業でフィールド学習を実施しました。
 クラスのアイスブレイクも兼ねて、春の湿原環境の植物や地形を班ごとに探究しました。
植物調査


2019.5.28更新
  アドベンチャースクール 植樹活動に参加しました【地域環境系列】

 5/19(日)アドベンチャースクール ステージ1として、本校生徒が春の植樹活動に参加しました。
 小学生たちに植樹の仕方を教えながら、自分たちも一生懸命、木を植えていました。
 最後は全員でバーベキューをして、さらに絆を深めていました。
植樹の様子@ 植樹の様子A
バーベキューの様子 集合写真


2019.5.22
  釧路湿原クリーンデーに参加しました【地域環境系列】

 5月18日(土)に開催された釧路湿原クリーンデーに本校生徒が14名参加してきました。
 かなり大きなゴミもあり、生徒たちは悪戦苦闘しながらも一生懸命、清掃活動に取り組みました。
 今後も自分たちの町をきれいにしていきたいという思いが強まった様子です。
開会式の様子 最後に記念撮影
清掃の様子@ 清掃の様子A


2019.6.12更新
  学芸員による特別授業を実施しました【地域環境系列】

 5月16日(木)2・3年次自然ガイド入門・応用の授業で、標茶町郷土資料館学芸員の坪岡氏をお招きしました。
 釧路集治監や軍馬補充部時代を中心とした標茶町の歴史の講義とともに、フィールドへ出て歴史的建造物について解説していただきました。
 ふるさとを学ぶ充実した時間となりました。
講義風景 フィールドワーク風景


2019.6.12更新
  役場で打ち合わせをしてきましたA【地域環境系列】

 5月10日(金)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒が、標茶町役場観光商工課の方々とくしろ湿原ノロッコ号の自治体PRに向けた打ち合わせをしました。
 5月25日(土)くしろ湿原ノロッコ82号標茶駅停車の12:19-12:39の時間帯に、本校生徒と合同会社エゾプロダクトとの共同製作のエゾシカレザーアクセサリーを200円で販売します。
 標茶とエゾシカをモチーフにした刻印があり、汎用性のあるチャックの引き手となっていますので、是非購入してください。
協議風景 エゾシカレザーアクセサリー


2019.5.27更新
  アドベンチャースクールが始まりました【地域環境系列】

 5/11(土)アドベンチャースクール開講式に本校生徒が参加しました。
 アイスブレイクを通して、小学生たちとの距離が少し縮まった様子です。
 今年のアドベンチャースクールも、高校生スタッフとして積極的に本校生徒が参加します。
開講式の様子@ 開講式の様子A
アイスブレイクの様子@ アイスブレイクの様子A


2019.6.12更新
  湿原環境にも春が訪れました【地域環境系列】

 5月10日(金)3年次湿原の科学の授業でミニ湿原の春の植物を探すフィールドを実施しました
 エゾエンゴサクやオオバナノエンレイソウ、サクラが開花しました。
エゾエンゴサクとともに 春の植物探し
オオバナノエンレイソウ サクラ


2019.6.12更新
  学芸員による特別授業を実施しました【地域環境系列】

 5月9日(木)2・3年次自然ガイド入門・応用の授業です。
 3年次生が2年次生に標茶のはじまりや酪農、釧路集治監や軍馬補充部時代について教えました。さらに、2年次生がKJ法でまとめたものを発表し、3年次生に評価してもらいました。
 プレゼンテーションの方法についても互いに高め合いました。
発表風景 活動風景


2019.5.22更新
  食品ゼミ牛乳班が新入生に向けてホエー入りお菓子の配布を行いました。【酪農・食品系列】

5月8日(水)に新入生に向けてホエー入りお菓子(クッキー、ガトーショコラの配布を行いました。
 食品ゼミ牛乳班では、ゴーダチーズの製造やホエーを使用したお菓子、リコッタチーズの製造、牛乳の日など“乳”に関する記念日にちなんだ乳製品の配布などを行っています。
 本活動では、新入生にホエー入りお菓子を食べてもらうことで栄養成分の豊富なホエーについて知ってもらうとともに牛乳班の活動をPRすることができました。
        
配布の様子@ お菓子製造の様子@
お菓子製造の様子A 牛乳班集合写真

2019.4.24更新
  ドローン操縦訓練を始めました【地域環境系列】

 4月21日(日)3年次課題研究(総合的な学習の時間)環境ゼミガイド班の生徒がコーンを使ってのドローンの操作・操縦訓練をスタートしました。
 5月まで基本的な操作・操縦を習得し、その後本格的な撮影や調査をする予定です。
 小中学生への体験学習も企画します。ご期待ください。
ドリルトレーニング風景 演習をする生徒


2019.4.24更新
  調査活動の状況報告です【地域環境系列】

 4月20日(土)3年次課題研究(総合的な学習の時間)環境ゼミガイド班の生徒が軍馬山源流やミニ湿原周辺で水質や植物の調査をしました。
 水質は昨日の雨の影響で綺麗ではありませんでしたが、ミニ湿原周辺にはネコノメソウが開花しました。
 これからも継続して調査を行います。
水路で調査をする生徒 開花のネコノメソウ
まだ残っているフクジュソウ アキタブキも健在


2019.4.24更新
  役場で打ち合わせをしてきました【地域環境系列】

 4月20日(土)3年次課題研究(総合的な学習の時間)環境ゼミガイド班の生徒が、標茶町役場観光商工課の方々と観光列車ノロッコ号の自治体PRに向けた打ち合わをしました。
 冬のSL湿原号でのガイドや自治体PRの続編をさせていただけることになりました。
 5月25、26日には標茶駅でPRを、7月27日には塘路周辺で釧路湿原子どもレンジャーへのガイドを、7月30日には釧路-塘路間車輌内での観光ガイドと塘路駅での販売会を企画しています。
 どうぞご期待ください。
標茶町役場での会議 事前に学校で企画調整会議をする生徒


2019.4.26更新
  無事に宿泊研修を終えました!【1年次】

 4月17〜19日の3日間、宿泊研修で阿寒湖畔へ行ってきました。
 今回の研修は、本校の特色である系列活動の一環としても位置づけられています。文化理解系列行事としては人形劇『ふんだりけったりクマ神さま』や、アイヌ民族伝統楽器であるムックリの制作を通してアイヌの文化にふれました。
 そして地域環境系列行事としてはエコミュージアムセンターにてボッケ遊歩道ネイチャーガイドで、国立公園についてや、阿寒湖について自然を通して学びました。。
 1年次生は入学してまだ1週間ということもあるため、こうした体験活動の他に学校システムを理解する研修や、親睦を深めるためのアイスブレイクも行いました。生徒は大分打ち解けた様子でした。
 3日目には、暑さで疲れた様子の生徒もいましたが、全員無事に帰ってくることができました。今回学んできたことを学校に戻ってから実践できるよう、継続的な指導に取り組んでいきたいと思います。
ムックリの制作 ボッケ遊歩道ネイチャーガイドの様子
アイスブレイクでのミニゲーム 1年次集合写真


2019.4.24更新
  3年次生が2年次生へ高校敷地内をガイドしました【地域環境系列】

 地域環境系列科目である自然ガイド入門・応用を履修している2、3年次生が、高校敷地内のミニ湿原〜軍馬側源流のルートでフィールドワークを行いました。
 この授業は、昨年度自然ガイド入門を履修した3年次生が教師・ガイド役となり、2年次生に対してはたらきかけていくことを目標にしています。今年度の履修は入門、応用でそれぞれ17名、13名となっています。
 この日の授業では2年次生6グループそれぞれにガイドとして3年次生がつき、校舎〜ミニ湿原〜軍馬側源流のルートでフィールドワークを行いました。
 フィールドに初めて出る生徒もおり、3年次生の適切な危機管理とガイドのもと、2年次生はフットパスを楽しんでいました。

3年次生によるガイド@ 3年次生によるガイドA
集合写真 軍馬側源流にて 2年次生の授業後レポート


2019.4.24更新
  平成31年度の授業が始まりました【教務部】

 始業式や入学式等も終わり、平成31年度授業が始まりました。
 2年次の「国語総合」や「科学と人間生活」の授業の様子を紹介します。
2年次国語総合 2年次科学と人間生活


2019.4.24更新
  調査活動が本格的にはじまりました【地域環境系列】

 4月13日(土)と14日(日)に3年次課題研究(総合的な学習の時間)環境ゼミガイド班の生徒が本格的な探究活動を始めました。
 ドローンに係る法律やドローン機体への接続方法、機体の動かし方を学び、少しだけ操縦にも挑戦してみました。
 軍馬川源流で水質調査中にニホンザリガニを発見しました。隣の山の双子池にはウチダザリガニがいます。
初めてのドローンで自撮 ドローンで撮影した水質調査風景@
ドローンで撮影した水質調査風景A 軍馬川源流で見つけたニホンザリガニ


2019.4.24更新
  自然ガイドの授業が始まりました【地域環境系列】

 4月11日(木)2年次自然ガイド入門と3年次自然ガイド応用の合同授業を実施しました。
 1年間の流れと昨年度の反省、自然環境でのフットパスや歴史的建築物などの学校財産の有効活用について、3年生から2年生に授業をしてもらいました。
年間活動を教える3年次生 昨年の自然ガイド入門で鍛えられました
熱心に耳を傾ける2年次生 エゾシカレザーの活用を考える3年次生


2019.4.18更新
  一ノ戸選手、全国大会へ!【ソフトテニス部】

 4/5日(金)〜旭川市総合体育館で行われた第48回ゴーセン杯争奪ハイスクールジャパンカップ ソフトテニス2019 北北海道ブロック予選大会にソフトテニス部から2名の選手が出場してきました。
 1日目のダブルスは惜しくも2回戦敗退でしたが、2日目のシングルスで3年次の一ノ戸選手が準優勝に輝き、6月に札幌市で行われる全国大会への切符を手にしました!
 全国大会でも自分の力を出し切り、精一杯戦ってきますので、応援よろしくお願いします!!
                   
ダブルスの様子 シングルス決勝戦の様子
一ノ戸選手の勇姿 表彰式の様子
2019.4.11更新
  平成31年度入学式が行われました。【1年次】

 4月9日(火)に平成最後の入学式が行われました。
 この日をもってA組35名、B組34名の計69名が標茶高校に入学しました。
 新入生の皆さん、そして保護者の皆様、ご入学誠におめでとうございます。  生徒は入学式の最中、緊張した面持ちながらもしっかりと呼名に対して返事をしていました。
 生徒一人ひとりの自己実現のため、今後とも標茶高校教職員一同で教育活動にあたりたいと思います。
入学式の様子 三上校長先生の祝辞
1年A組のホームルームの様子 1年B組のホームルームの様子


2019.4.24更新
  春休み中から探究活動が始まっています【教務・地域環境系列】

 春休み中に進路講習や部活動、教材購入などの新年度準備がありますが、本校の3年生は探究活動にも既に着手しています。
 地域環境系列の環境ゼミではガイド(ドローンを含む)やきのこ、森林と3つ全てのゼミが活動しながら年間計画や目標等を作成していました。
 新学習指導要領対応の探究活動も本校は4年目を迎え、先輩達の不撓不屈の精神や実践、評価・反省事項が進化しながら引き継がれています。
冬の調査活動後の記念撮影 冬の水質調査
雪の残る中でのフィールド調査@ 雪の残る中でのフィールド調査A


2019.4.1更新
  過去の学校の様子
 過去の学校の様子は、右の「学校の様子」よりご覧ください。


お知らせ

各中学校等への出前学校説明会の実施について
標記説明会を次の通り実施することとしました。詳しくは、 こちら をクリックしてご覧ください。
学校説明・学校見学について
 本校では要望があれば学校説明に向かいます。また、学校の様子が見たいということであればご相談に応じます。
 いつでもご連絡ください。
 (電話 015-485-2001 標茶高校)

 下記より、パンフレットをPDF形式にて閲覧することができます。
 パンフレット1
 パンフレット2
公立高校授業料無償化見直しについてのお知らせ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページにて、ご確認することができます。
制度の詳細が決定され次第、随時更新していく予定です。
小中学生の保護者の方へ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページへリンクすることができます。
ジョブカフェ北海道 リンクについて
下記のバナーをクリックすると「ジョブカフェ北海道」のホームページへリンクすることができます。各種セミナーの開催スケジュールなど、ご覧いただけます。
就職サポート緊急プロジェクトについて
北海道教育委員会では、本道全域における就職支援体制を実現するため、「就職サポート緊急プロジェクト」を策定しました。詳しくは、下記のバナーをクリックしてご覧ください。

標茶高校の取り組み

学校通信「不撓不屈」

「不撓不屈」平成31年度第1号

「不撓不屈」令和元年度第2号

「不撓不屈」令和元年度第3号

「不撓不屈」令和元年度第4号



標茶高校の新系列について


 標茶高校では、平成27年度より、新たな3系列で進み始めました。

 3系列の説明はこちらをご覧ください


学校経営・学校教育目標について

 平成31年度学校経営シラバスを公開しました。

 こちらをご覧ください


 平成31年度学校教育目標・経営方針を公開しました。

 こちらをご覧ください


 2019年度版 北海道標茶高等学校 「もっと学校を知ろう(ご案内)」を公開しました。

 こちらをご覧ください



学校評価報告について

 平成30年度学校評価報告を公開しました。

 こちらをご覧ください



北海道高等学校「教科等の本質的な学びを踏まえた主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の視点からの学習・指導方法の改善のための実践研究(SCRUM)」について


 「Student」【生徒理解に基づく指導の充実】
・個別の指導計画に沿った学校生活への支援(カウンセリング・学習形態等)について
 [標茶高校]個別の指導計画のための入学前状況調査
 [標茶高校]外部専門機関とスムーズに連携するためにをご覧ください

 「Cooperation」【他の高等学校、中学校、地域等との連携・推進】
 本校の指定研究はございません。

 「Research」【各種調査等の活用】
・全教科・科目での年間・単元ルーブリック評価の作成およびルーブリック評価を活用した授業方法の検討について
 [1年コミュニケーション英語T]年間ルーブリック評価シート
 [2年生物活用]定期考査観点別評価をご覧ください
・ルーブリック評価を取り入れたシラバスの作成および生徒によるシラバス活用方法の検討について
 [標茶H31入学シラバス]異文化理解A
 [標茶H31入学シラバス]自然ガイド入門
 [標茶H31入学シラバス]畜産T
 [標茶H31入学シラバス]食品製造をご覧ください
・ルーブリック評価と授業評価アンケートを取り入れた共通指導案の作成と学習過程の検討について
 学習指導案の例
 評価シートの例
 授業評価・改善アンケート
 授業評価・改善アンケート結果をご覧ください

 「Universal Design」【ユニバーサルデザイン、インクルーシブ教育の視点からの授業改善】
・特別支援教育の視点からの学習調査実施と生徒の学習内容の理解や意欲向上のための授業・評価方法の検討について
 [標茶高校]学習状況調査
 [標茶高校]学習状況調査結果
 [標茶高校]個別の特性理解チェックシートをご覧ください

 「Management」【カリキュラム・マネジメントの構築】
・全教育活動に共通する育成すべき資質・能力の検討とその具体的方策等に係るルーブリックの作成について
・全教育活動に共通するルーブリックを利用した学校評価や学習評価の改善について
・社会に開かれた教育課程実現のための学校評価の検討について
 [標茶高校]資質・能力育成ルーブリックシート
 [標茶高校]資質・能力集計結果をご覧ください

高等学校OPENプロジェクトについて

 平成30年度の実施報告についてはこちらをご覧ください


標茶高校アクションプラン

 標茶高校では、農業教育の一層の充実、発展を目指し、平成29年度より第3次アクションプランを実施しています。
 令和元年度の評価はこちらをご覧ください


標茶高校いじめ防止基本方針


 標茶高校のいじめ防止についての考え方を公開しています。こちらをご覧ください

標茶高校の部活動に係る活動方針


 平成31年度標茶高校の部活動に係る活動方針についての考え方を公開しています。こちらをご覧ください

Jアラート行動指針

 本校のJアラート行動指針はこちらです。


本校敷地内の利用について

 本校敷地内の車両の通行についてお願いがございます。こちらをクリックしてご確認ください。

 本校敷地内の散策についてお知らせがございます。こちらをクリックしてご確認ください。


省エネへの取組


 節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、
 平成28年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、外灯3灯をLED化しました。

連絡先

メールアドレス
標茶高校メールアドレス
住 所
〒088-2313
北海道川上郡標茶町常盤10丁目1番地
TEL
事務室   015-485-2001
職員室   015-485-2049
FAX
015-485-2067