北海道標茶高等学校Webページ






あなたは人目のお客様です。












特設ページについて
期間限定の特設ページを作成しました。バナーをクリックしてご覧ください。

2016.10.15 レース結果を公開しました。


2016.11.11 見学旅行のまとめを公開しました

2016.11.22更新
  合唱コンクールの御案内
 現在全校生徒、合唱コンクールに向けて昼休みや放課後を用いて練習をしています。
 保護者の皆さまにも、是非足を運んでいただき、生徒の頑張っている姿をご覧いただきたいと思います。

 日 付 11月25日(金)
 時 間 09:30 開会式
     09:40 発表開始
     11:45 閉会式
 場 所 標茶高校体育館
 注 意 上履きをご持参ください。

 ふだんの練習の様子


2016.11.22更新
  1年生がピア・サポート体験学習を行いました

 11月18日(金)5〜6時間目、1年生がピア・サポートについて学び、理解を深めました。
 ピア・サポートとは「仲間を支援する」という意味で、様々なトレーニングを通して人との関わり方などを学び、仲間とともに支え合える雰囲気をつくりながらも、自分の成長にもつながる活動です。
 今回の授業は、放課後ピア・サポート活動をしているピアサポーター達が、他の生徒に、自分達が学んできた事を教え、実際に体験してもらいました。
 まずはスライドを見ながら、ピア・サポート活動とは何かということを学び、その後、「お絵かきしりとり」、「インタビュー形式なりきり自己紹介」、「良いとこさがし・仲間からのメッセージ」というエクササイズを行いました。
 それぞれお互いを気遣いながら、和気藹々と楽しく学べ、ピア・サポートについて理解が深まり興味をもったようです。
 お互いの違いを認め合い相手や自分の良いところに気がついて、思いやりのある学年集団になるように……という思いを込めて、今回の授業のために準備をし、当日進行してくれたサポーター達。最後は皆で大きな拍手をして終わりました。
 次回放課後ピア・サポート活動は11月28日。今回の授業を受けて、興味をもった人がどれくらい参加してくれるか楽しみです。
ピア・サポーターのメンバーです ピア・サポートとは?サポーター達が説明
歌に合わせてお絵かき。歌は伊藤君と米岡君 進行してくれているのはサポーター相座さん
相手のことをたくさん知るためにインタビュー中 進行してくれているのはサポーターの目黒さん、中嶋さん、大和田君
皆のよいところ、たくさん書きました 良いとこさがし……真剣です
2016.11.22更新
  【課題研究】みどり保育園でアンケート!

 11月18日(金)の放課後、高校のすぐ近くの「みどり保育園」さんにて、園児を対象にしたアンケート調査をさせていただきました。
 現在、3年次の「課題研究」保育・PCゼミが、5歳の子どもでも遊べるようなゲームを開発しています。その中で、現在の5歳児がどのようなものが好きで、どのようなことまでできるのかを調べる必要がありました。
 本校生徒も、はじめはきちんと質問が理解できるように、言葉をゆっくり選びながら喋っていましたが、慣れてくると園児たちに合わせた言葉が自然に出てくるようになりました。
園児たちは1時間、お兄さん方の話をしっかり聞いて、色々な質問に答えてくれました。ご協力いただいたみどり保育園の皆さん、ありがとうございました。

自己紹介。みなさんおとなしく聞いてくれました! 質問の結果はすぐにメモ。研究に使用します。
2016.11.22更新
  サイエンス屋台村で、みんなで実験!【文化理解/地域環境/酪農・食品系列】

 11月3日(祝)、文化の日ということで、今年も釧路遊学館にて、サイエンス屋台村に参加してきました!
 今年度の標茶高校のラインナップは以下の通りでした。

●環境の中に潜む生き物を顕微鏡で見てみよう!
●水の不思議な力を体験しよう!
●ぷちぷちプルプル♪カラフル人工イクラをつくってみよう!
●メビウスの輪を切ってみよう!
●光るグミを作ってみよう!

 本校の生徒が先生役となり、小・中学生をはじめ、大人にまで授業をしました。
 はじめは上手くできませんでしたが、慣れてくると積極的に人を呼んで説明することができていました。
 本校の学校目標である「コミュニケーション能力」「インタープリテーション能力」を伸長させる良い経験になりました。
開会式後に全員で撮影 顕微鏡で小さな生物を見てみよう
キレイなものができたかな? 光るグミはずっと列が途切れませんでした
丸いリングを切ると……? 水のすごさを体験しました
2016.11.17更新
  【数学教養】4つの4で0から100まで

 本校3年次選択科目「数学教養」の授業の様子です。この授業では、普段学習している数学とは少し違う見方・考え方をする課題に毎回取り組みます。今回は、「4つの4」という難題に挑戦してもらいました。 ルールは4を4つ使った演算式を作り、0から100までの数字を作ってもらうというものです。例えば、0は「4+4−(4+4)」という式で作ることができます。ルートや小数も用いて、2時間でできるだけ多くの数字をだしてみようと、全員で集中して取り組みました。このクラスは9人だけでしたが、それでも70個近い数字を見つけることができました。  一見、計算力が大事に思えるこの課題ですが、実は思考力やひらめき、頭の柔軟さも必要です。今回の授業を通して、そういった、働くうえでも求められる能力を高められたのではないでしょうか。
ルートや小数・循環小数、累乗や階乗などあらゆる手を使って求めました。 2時間でこれだけ埋めることができました。
2016.11.16更新
  第2期公開授業が行われました

 11月11日、標茶高校で第2期公開授業が行われました。
 今回は、4・5時間目に本校の英語教諭2名による、「コミュニケーション英語T」の研究授業を行いました。
 「アクティブラーニングを取り入れた授業の展開」というテーマのもと、生徒が主体となって取り組む授業展開が見られました。
 1学年を2クラスに分けて授業しています。Greenコースでは前半、学習している教科書の本文に関連している質問を書き、他のグループに解いてもらうという活動を行いました。
 問題も英語で書くので、「どんな問題にするか」「スペルや文法はどうなるのか」など、積極的に話し合われていました。解答も自分達で行いました。
質問内容を真剣に話し合っていました 裏に解答を書いて他グループに返却しました
「鰻の匂い」の小噺。英語も堂々としていまし。 みんなで鑑賞。ペアごとの評価も生徒たちで実施
2016.11.16更新
  〜アイヌ文様の巾着袋作り〜【文化理解系列】

 11月7日、11月14日の3,4時間目にアイヌ文化を体験する授業が行われました。
 阿寒アイヌ協会の菊地さんと後藤さんをお招きし、「アイヌ文様の巾着袋作り」を行いました!
 アイヌ文様の刺繍に最初は苦戦する生徒達でしたが、わからない所は自分たちでしっかりと講師の先生に聞き、慣れてきた頃にはみんな集中して取り組んでいました。
 「俺センスない〜」などと嘆いている生徒もいましたが、完成品は写真の通り素敵なアイヌ文様の巾着ができました。
 この文様は、一つ一つに意味があり、文様全体で魔除けの意味があるそうです。
 巾着作り以外にも、アイヌの楽器を演奏していただいたり、アイヌ文化の衣装やバッグなども見せていただき、生徒も興味津々でした。
 阿寒アイヌ協会では、アイヌ民族文化財の伝承の講座や、アイヌの工芸品の販売などを行っています。
 今現在、菊地さんや後藤さんのように阿寒アイヌ協会に加盟し、アイヌ文化を伝える活動を行っているのは15人前後ということで大変少ない状況とのことです。
 今回の体験学習を機に私たち教員や今回体験させて頂いた生徒達から少しずつでもアイヌ文化を伝えていくことができればと思います。
講師の方に縫い方を真剣に聞いています 助けてもらいながら一生懸命取り組みました
完成品です!!
2016.11.16更新
  系列活動報告会が実施されました

 11月8日(火)、本校の特色である3系列(文化理解系列・地域環境系列・酪農食品系列)の活動や取り組みを報告し合いました。
 文化理解系列では、東北被災地ボランティアについて、被災地の映像とともに報告されました。
 地域環境系列では、ボランティアアワード、環境サミットや軍馬山改修、上智大学誘致、イラン政府団受け入れ、エゾシカフェスタ、今年度行ったたくさんの取組みの中からその成果が報告されました。
 酪農・食品系列からは、全道実績発表大会の様子と実際の発表映像が報告がされました。
 それぞれ報告者は、堂々とした態度で、まとめ上げてきたものを発表し、全校生徒皆真剣な面持ちでした。
 今後、総合学科研究発表会等で、更に詳細な成果が報告される予定です。

東北被災地ボランティア参加者で行いました。 エゾシカフェスタ報告をする3年生倉内さん。
酪農・食品系列の報告をする3年生、矢萩さん 被災地の様子を映像で見てもらいました。
真剣に聴き入る生徒達
2016.11.11更新
  さんフェア石川大会に参加してきました

 11月5日(土)、6日(日)と石川県金沢市で開催されました「さんフェア石川大会」に農業部会作品展示に出展しました。
 参加したときの様子です。
 当日は、多くの方々に私たちの作品展示を見ていただき、研究の話や高校の話などをすることができました。
 また、他の学校の作品展示や体験コーナーなどで触れることができて、いい経験を積むことができました。
会場正面 説明様子1
説明様子2 他の学校展示体験
説明様子3 私たちが説明します
2016.11.11更新
  標茶高校産トマトで食育体験を実施!【酪農・食品系列】

 課題研究食品ゼミの取り組みで標茶小学生の3年生と、栽培してきたトマトを使った料理体験を実施しました。
 高校生が指導者として教えながら、トマトドリアとスイートポテトを作ります。班毎に作った料理を最後は高校生徒一緒に試食しました。
 スイートポテトのデコレーションでは形を変えたりチョコチップを載せたりと、工夫していました。
 1年間トマトの栽培を通して小学生と交流する良い機会になり、楽しい時間を過ごすことができてよかったです。
 この後には小学校へ出張授業に行って1年間の栽培体験や学習内容をまとめる予定です。これからもがんばっていこうと思います。
つくったよ
スイートポテトをつくったよ スイートポテト完成
トマトドリア調理中 今から試食
集合写真
2016.10.26更新
  想像から創造へ!?めっちゃ抹茶ミルキー製作プロジェクト【酪農・食品系列】

 平成28年5月29日、全道高等学校英語プレゼンテーションコンテストで、文化理解系列として出場した本校生徒のプレゼンは、見事準優勝に輝きました。
 そのとき発表した内容は、より多くの外貨を獲得するための方法として、本校で製作しているドリンクヨーグルトの抹茶味、「めっちゃ抹茶ミルキー」を販売しようという提唱でした。
 抹茶は海外では今や、健康にいい・アンチエイジングの効果があるなどと注目され、大人気となっています。そこに目をつければいいではないだろうかというイメージを発表したのですが・・・。
 それから5ヵ月後、プレゼンテーションコンテストでくのアドバイスを頂き、協力していただいたミルキークラウン乳業株式会社様から本校へ提案がありました。
 「めっちゃ抹茶ミルキーを実際に作って、販売してみませんか」。
 なんと、商品製作を監修していただき、本物のヨーグルトを作ってしまおうという企画が提案されました。
 それを受け、今度は本校の酪農・食品系列の生徒による製作プロジェクトが誕生しました。
 10月21日にはミルキークラウン会長の舘石さん、パティシエの佐藤浩一さんに来ていただき、本校生徒を交えて製作方法のアイディアやアドバイスをいただきました。
 これからスタートということで、まだまだやらなくてはいけないことが多いのですが、今年度中の完成を目指して、製作を進めていきます。
 ミルキークラウンさんがおっしゃった「抹茶の商品はすごく増えたけど、抹茶ヨーグルトは見たことがない」という言葉を胸に、いい製品ができるよう楽しみに活動していきます。
 
アドバイスを頂き、製作のイメージを沸かせました。 生徒も一緒にお話を聞かせていただきました。真剣に聞き、メモをとりました。
2016.10.26更新
  本校生徒の環境地図が表彰されました【地域環境系列】

 10/23(日)旭川市にて開催された「私たちの身のまわりの環境地図作品展」に生徒2名が参加してきました。
 課題研究ガイド班の活動の一環として作成した「軍馬山山道マップ」が努力賞(全国1724点の応募のうち97点が表彰)に選出されました。
 ワークショップでは互いに環境地図を紹介し、互いに評価し合ったりするなど他の表彰者との交流することができました。
 
参加してきました 作品と記念撮影
作品紹介@ 作品紹介A
ワークショップ 受賞後の記念撮影
2016.10.26更新
  標茶高校公開授業(第2期)を実施します
 11月11日(金)、標茶高校公開授業(第2期)を実施します。
 前回の公開授業に引き続き、ご都合のつく保護者の方は是非、参観にいらしてください。
 4・5時間目は研究授業として、1年次科目「コミュニケーション英語T」が行われます。
 アクティブラーニングを取り入れた授業実践というテーマで、本校教員も全員で参観するものとなります。
 前回とは異なり、3時間目と4時間目の間に昼休みが入るため、時間帯が変則になっておりますので、あわせてご確認をお願いします。

  実施文書(PDF)
  時間割(PDF)
  校舎案内図(PDF)


2016.10.26更新
  学校通信「不撓不屈」第6号を公開
 学校通信「不撓不屈」平成28年度第6号を公開しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2016.10.20更新
  標茶高校にイラン政府視察団が来ました【地域環境系列】

 10/13(木)ラムサール湿地を有するイラン国政府団が日本の環境教育の現状を知るために来校されました。
 敷地内湿原環境やエゾシカ革・角の活用、観光客に対するタンチョウガイド、小学生への環境学習会の様子などの実践を丁寧に説明する生徒の姿に、イラン政府も感激されたようです。本校オリジナルのエゾシカレザーアクセサリーのプレゼントも好評でした。
 イラン国アンザリ湿地研修受入を紹介してくださった釧路国際ウェットランドセンターの皆様ありがとうございました。

代表生徒挨拶(3B氣仙) 環境サミット報告(3A岡野)
交流する生徒(3B倉内) 記念撮影
2016.10.20更新
  エゾシカフェスタin札幌に参加してきました【地域環境系列】

 10/8(土)ホテルライフォート札幌にて課題研究エゾシカゼミ担当2名が聴衆200人の前で研究報告とエゾシカレザーアクセサリーのクラフトをデモンストレーションしました。
 合同会社エゾプロダクト菊地氏、北教大釧路校鎌田氏をはじめ多くの方の御協力があって成功したものと感じております。
 また、さまざまな専門家たちと出会い、交流を深めることができました。なお、詳細につきましては月刊誌「北方ジャーナル」公式ブログ2016年10月09日をご覧ください。
 2月には釧路でも開催されます。近くなりましたら再度連絡させていただきます。是非お越し下さい


研究報告する本校生徒 クラフトデモをする本校生徒(左3B倉内、右3B中村)
エゾシカ料理とともに エゾシカレザーでつながる出会い
パネリストの菊池氏(右から2人目) 標茶高校(左3人)と北教大釧路校(他)
2016.10.20更新
  中学生1日体験入学で高校生が環境の授業をしました【地域環境系列】

 9/29(木)課題研究ガイドゼミとエゾシカゼミ生徒が中学生に環境講座を実施しました。
 軍馬山源流フットパスと水質調査、そして教室に戻ってからエゾシカレザーアクセサリー(チャックの引手)クラフトをしました。
 中学生の反応がとても良く、本校生徒にとっても課題研究での日頃の成果を中学生に伝える良い機会となりました。
 ぜひ、標茶高校への入学をご検討ください。

ガイドの様子 湿原に入ってみました
フットパス 軍馬山源流での記念撮影
エゾシカレザーアクセサリークラフト 水質調査の結果について
2016.10.20更新
  環境地図を作品展に応募しました【地域環境系列】

 9/27(火)課題研究ガイドゼミが本校敷地内環境マップを3週間かけて製作しました。
 4月からフィールド調査を行い、自分達が体験したものを材料としました。
 この作品を、環境地図教育研究会主催、第26回「私たちの身のまわりの環境地図作品展」に応募しています。
 結果は後日また報告させていただきます。

軍馬山山道マップ 軍馬山双子池マップ
完成後の記念撮影 助言をくださった小渡先輩(右)
2016.10.20更新
  環境学習会「自然は僕らの学校」を開催しました【地域環境系列】

 9/25(日)本校にて町内小学生を対象に環境学習会「自然は僕らの学校」を実施しました
 高校生は1日間教師役としてアイスブレイクや自然を素材としたネイチャーゲームなどのプログラムを企画・運営しました。昼食にはパンを焼き、カレールーやピザソースとともに召し上がりました。  これまでの約2週間程度、放課後から19時以降まで、休日は1日も休まず9時から19時まで準備した努力が実り、無事終了することができました。御協力いただいた地域の皆様、指導をしてくださった講師の二杉先生ありがとうございました。
 ここ3年間で最高の学習会となったことでしょう。

アイスブレイク@ アイスブレイクA
スネイクハント オーディアー
野焼きパン ネイチャーゲーム
ネイチャークラフト 記念撮影
2016.10.20更新
  標茶高校生が日本鳥学会でポスター発表してきました【地域環境系列】

 9/17(土)北海道大学で行われた日本鳥学会2016でタンチョウと人の「アース・シェア」を目指して 〜自然と地域と人とのつながり〜をポスター発表してきました。
 これまでインタビューをはじめご指導、ご協力いただいた皆様どうもありがとうございました。

ポスター発表をする生徒(3B倉内) タンチョウ活動報告冊子
タンチョウかるた@ タンチョウかるたA
2016.10.20更新
  釧路芸術館で標茶高校の取り組みを紹介しました

 9/17(土)釧路芸術館で3年生の課題研究や各系列プロジェクトの報告をさせていただきました。
 ポスター発表や展示、販売等10ブースの他に、敷地内ドローン空撮や全道英語プレゼンテーションコンテスト、ボランティアアワードなどのVTRも上映しました。
 他の高校とは全く異なる標茶高校の魅力を発信できたと思います。子どもたちの発表能力…特にインタープリテーションを高める事業としてご協力いただいた地域の皆様本当にありがとうごさいました。

文化理解系列ブース 地域環境系列ブース@
地域環境系列ブースA 酪農・食品系列ブース
2016.10.19更新
  ジェシカのお別れパーティー【文化理解系列】

 8月下旬より、カナダから交換留学生として登校していたジェシカもいよいよ10月19日が最終登校日となりました。
 そこで本校生徒で構成される、IPAs(国際交流大使)のメンバー主催でハロウィーンパーティー兼ジェシカのお別れ会を行いました。
 パーティーでは生徒が考えたゲームを行ったり、歓談したりしながら楽しみました。
 パーティーの最後にはジェシカと本校生徒の写っている写真をまとめたスライドショーを全員で楽しみながら、ジェシカとの思い出を振り返りました。
 2ヶ月という短い時間でしたが、授業や部活にも参加し、本校生徒にたくさんの影響を与えてくれた、ジェシカ。彼女にとってもたくさんの学びがあったのではないでしょうか。
 ジェシカ2ヶ月間どうもありがとう!
 さて、11月からは今回ジェシカの受け入れを行った本校2年田村さんがカナダへ行って約2ヶ月間勉強してきます。その様子も更新していきますのでお楽しみに。

全員で記念撮影 福笑いゲームをするジェシカ
ジェスチャーゲーム。声を出してはいけません 司会進行役の本校生徒
2016.10.19更新
  英語スピーチコンテストで標茶高校生健闘!【文化理解系列】

 10月13・14日の2日間にわたり、第33回全国商業高等学校英語スピーチコンテスト北海道予選大会が札幌市で開催されました。
 全道の商業高校を中心に54名が出場し、本校からは3名の生徒が出場しました。
 レシテーション(暗唱)の部には2A佐藤萌さんと2B永谷陸君の2名、スピーチの部には1A磯田汐華さんがそれぞれ出場しました。
 佐藤萌さんは、佳良賞を受賞しました。3人とも夏休み明けから毎日練習を積み重ね、当日はそれぞれが最大限成果を発揮することができました。
 今回の経験を今後の英語学習や進路等に活かしていってもらいたいと思います。

大会に参加した本校生徒3名 佳良賞を受賞した佐藤萌さん
2016.10.19更新
  異文化理解A〜訪韓を終えて〜【文化理解系列】

 2年次「異文化理解A」の授業で、韓国訪問後の報告会を行いました。
 「え、生徒が行ったの?」と思われたかもしれませんが、教科担任2名が公益財団法人日韓文化交流基金主催事業『日本教員訪韓団第1団』に参加し、韓国で10日間研修を受けてきました。
 国際理解に繋がるよう、その体験を生徒に伝える授業を行いました。
 授業では、ただ韓国の現状を伝えるだけではなく、歴史的背景や、韓国人の考え方など、目に見えないものも伝えられるように行われました。
 いくつかの質問に対して、グループで考え、全体で共有する活動も行いました。また、同民族の2つの国についても考えてもらいました。
 「食料の問題」「紛争」「差別」「都市が発展しなくなる」など、様々な意見が聞かれ、考えを深めることができたように感じました。
 また、授業の最初と最後に、韓国の印象をプリントに書いてもらいましたが、きっと話を聞く前と後では印象が変わっていることでしょう。
 今回は生徒は話を聞くことがメインでしたが、2年生はこの後見学旅行(関西・東京)がありますので、自分の目で北海道と異なる文化を見て、感じて、そして発表してもらう機会を作ろうと考えています。
 また掲載いたしますので、楽しみに待っていてください。

プロジェクターで写真や動画を見せました DMZ(非武装地帯)についても説明
「北海道が分断されたら」をテーマに グループ討論。手前には韓国のお土産も

H28年度(前期)の学校のようす
H27年度の学校のようす
H26年度の学校のようす

お知らせ

各中学校等への出前学校説明会の実施について
標記説明会を次の通り実施することとしました。詳しくは、 こちら をクリックしてご覧ください。
学校説明・学校見学について
 本校では要望があれば学校説明に向かいます。また、学校の様子が見たいということであればご相談に応じます。
 いつでもご連絡ください。
 (電話 015-485-2001 標茶高校)

 下記より、パンフレットをPDF形式にて閲覧することができます。
 パンフレット1
 パンフレット2
公立高校授業料無償化見直しについてのお知らせ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページにて、ご確認することができます。
制度の詳細が決定され次第、随時更新していく予定です。
小中学生の保護者の方へ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページへリンクすることができます。
ジョブカフェ北海道 リンクについて
下記のバナーをクリックすると「ジョブカフェ北海道」のホームページへリンクすることができます。各種セミナーの開催スケジュールなど、ご覧いただけます。
就職サポート緊急プロジェクトについて
北海道教育委員会では、本道全域における就職支援体制を実現するため、「就職サポート緊急プロジェクト」を策定しました。詳しくは、下記のバナーをクリックしてご覧ください。

過去のお知らせはこちら

標茶高校の取り組み

学校通信「不撓不屈」

「不撓不屈」28年度第6号

「不撓不屈」28年度第5号

「不撓不屈」28年度第4号

「不撓不屈」28年度第3号

「不撓不屈」28年度第2号

「不撓不屈」28年度第1号



標茶高校の新系列について


 標茶高校では、平成27年度より、新たな3系列で進み始めました。

 3系列の説明はこちらをご覧ください


学校経営・学校教育目標について

 平成28年度学校経営シラバスを公開しました。

 こちらをご覧ください


 平成28年度学校教育目標・経営方針を公開しました。

 こちらをご覧ください


学校評価報告について

 平成27年度学校評価報告を公開しました。

 こちらをご覧ください



標茶高校アクションプラン

 標茶高校では、農業教育の一層の充実、発展を目指し、平成24年度より第2次アクションプランを実施しています。
 平成27年度の評価はこちらをご覧ください
 平成28年度の計画はこちらをご覧ください


標茶高校いじめ防止基本方針

 
 標茶高校のいじめ防止についての考え方を公開しています。こちらをご覧ください

スーパーネイチャーハイスクール

 詳しくはこちらをご覧ください

連絡先

メールアドレス
標茶高校メールアドレス
住 所
〒088-2313
北海道川上郡標茶町常盤10丁目1番地
TEL
事務室   015-485-2001
職員室   015-485-2049
FAX
015-485-2067