北海道標茶高等学校Webページ

【生徒・保護者の皆様へ】〜新型コロナ感染症関連

〇「学校の新しい生活様式」の更新について(8月27日)
「学校の新しい生活様式」についてver3 身近なものの消毒をしましょう
〇「文部科学大臣メッセージ」(8月26日)〜差別や偏見のない対応を
生徒の皆さんへ 保護者・地域の皆様へ 相談窓口
--------------------------------------------------------------------

【標茶町・標茶高校教育振興会からの支援と補助について】

⇒こちらをご覧ください

【昨年度卒業生の進路情報】



〇本校へ道外から推薦入学者選抜により出願しようと考えている生徒・保護者の皆さんへ
 ⇒ただいま準備中です。しばらくお待ちください。


〇本校紹介ビデオ ⇒ こちらをご覧ください


2019.7.18 生徒が作成した軍馬川の水の綺麗さを伝えるPR動画を公開しました。

2019.2. 4 平成30年度本校総合学科生徒研究発表会第2部の様子を公開しました。

2019.1.18 生徒がドローンを操縦して撮影した高校PR動画を公開しました。

2019.1.18 全国自然環境サミットで上映した本校敷地紹介を公開しました。

  --------------------------------------------------------------------
2020.9.11更新
  3Daysインターンシップ「EZOSHIKA TREASURE HUNT」を実施しました【実習部・酪農食品系列】

 9月1日(火)、6日(日)、8日(火)の3日間で「EZOSHIKA TREASURE HUNT」が実施され、 食品ゼミ鹿班の6名が参加しました。1Daysでは、zoomでオンライン講座を行い、エゾシカの社会問題や可能性について 学びました。2Daysでは、実際に阿寒に行き、養鹿牧場や食肉加工センターの見学を行いました。 3Daysでは、今回のプログラムに参加した大学生の方々とzoomで体験し学んだことを通して、 これからのエゾシカとの関わり方やこれからの取り組みについて考え発表を行いました。 今回のプログラムではとても貴重な時間となりました。今後の活動に活かしていきます。 北海道エンブリッジ様をはじめ、たくさんの方に感謝いたします。ありがとうございました。

1Daysでのオンライン講座の様子/font> 北泉開発株式会社 曽我部さんとの集合写真
阿寒丹頂の里で昼食のエゾシカスープカレー 3Daysでのオンライン講座の最後に鹿ポーズで写真撮影


2020.9.1更新
  自然満喫ツアー参加者にホエーお菓子を提供しました。【酪農・食品系列】

 ガイドゼミ主催で8月23日(日)、30日(日)に行われた自然満喫ツアー参加者に牛乳班が作製したホエーお菓子の提供を行いました。作製したお菓子にはホエーを使用しています。ホエーはチーズ製造時に排出される液体で栄養が豊富に含まれています。そんなホエーはプロテインなどに使用されていますが小規模加工施設では廃棄されることが多いです。牛乳班では廃棄されるホエーの有効活用を目指しホエーを活用したお菓子作りに挑戦しています。

お菓子配布の様子 作製したホエークッキー


2020.9.1更新
  自然満喫ツアーを実施しました【地域環境系列】

 8月23日(日)、30日(日)の2日間にわたり3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒8名が地域の方々を対象に自然満喫ツアーを実施しました。
 天候に恵まれた初日は気温も高く、軍馬川源流にたどり着いた参加者の方々は、源流の空気の冷たさを肌で感じることができました。
 2日目は残念ながら雨の中のガイドとなりましたが、初日とはまた違った自然に触れることができました。
 参加者のみなさま、ありがとうございました!
 

        
「沈砂ゾーン」の役割をガイドする生徒 湿原の植物も紹介しました
源流に入る前の注意事項を説明する様子 2日目は雨具を着て湿原に入りました
源流でのガイドの様子 源流で記念撮影


2020.9.1更新
  牛乳班がホエーお菓子の配布を行いました。 【酪農・食品系列】

 8月29日(土)、30日(日)に牛乳班が作製したホエーお菓子の配布を行いました。国際交流ゼミが物資を集めるお礼としてホエークッキーを提供しました。いせや様、フクハラ標茶店様、エーコープ標茶店様の店頭をお借りして配布を行いました。牛乳班では現在、廃棄ホエーの有効活用を目指し、お菓子に使用することに挑戦しています。当日は多くの方にお渡しすることができました。

ホエーお菓子包装の様子 配布の様子


2020.8.28更新
  標茶町役場農林課様に標高牛乳アイスを提供しました 食品ゼミ牛乳班【酪農・食品系列】

 食品ゼミ牛乳班が製造した標高牛乳アイスを標茶町農林課様に提供しました。提供したアイスは町内の小中学校の給食として提供されます。写真はアイスを引き渡している様子です。牛乳班では乳製品の消費拡大を目指し、牛乳やホエーを活用した新商品の開発やPR活動を行っています。

アイス引き渡しの様子


2020.8.28更新
  令和2年度中学生1日体験入学【キャリアガイダンス部】

 8月22日(土)に釧路・根室管内の中学生や保護者、教員の方を迎え、今年度の1日体験入学を開催しました。
 本校の体験入学では、3年次課題研究のゼミごとに体験授業を企画・運営しています。
 今年度は10のゼミが工夫を凝らして授業を行い、中学生に楽しんでいただくことができました。
 今後も個別の相談・学校見学等は受け付けておりますので、本校に入学を考えている方は教頭までご連絡ください。
 
                 
受付も生徒が担当します 全体会の様子(生徒会による学校紹介)
体験授業「標茶高校自然満喫ツアー」 体験授業「トラクタの運転と牛舎等の見学」


2020.8.28更新
  アイヌ文化活動アドバイザーによる講話・実技を実施しました【酪農・食品系列】

 8月21日(金)にアドバイザーによる講話・実技を実施し、 食品ゼミ鹿班、文化理解ゼミアイヌ班、他2班が参加しました。 鹿班では、現在エゾシカを有効活用した鹿肉の加工品開発や 鹿革のレザー商品開発を目指しています。アドバイザーからは、 レザー商品開発のためアイヌの刺繍についてご教授いただきました。 その後は、ムックリ制作を行いアイヌの文化や歴史について学ぶことができました。 生徒は、「今後の活動に活かすことができる」と手ごたえを感じていました。
 お忙しい中、依頼を受けてくださりありがとうございました。

アイヌの刺繍について ムックリ制作
アドバイザーのムックリ演奏 アドバイザーとの集合写真


2020.8.19更新
  全国高校生自然環境サミットに参加しました【地域環境系列】

 8月8日(土)全国高校生自然環境サミットが開催され、本校生徒3名が参加しました。
 今年度は新型コロナウィルスの影響により屋久島での開催は叶わず、参加校10校がそれぞれの地域からオンラインで参加するという形で行われました。
 普段とは違う形での開催に最初は戸惑った生徒たちでしたが、最後には「屋久島に行きたくなった!」と言っていました。
 ホスト校の屋久島高校の皆さん、ありがとうございました。
 

1人1台PCを使い、オンラインで全国の高校生と繋がります 「オンラインじゃんけん」を楽しむ本校生徒
画面には全国の高校生が映っています ネイチャーアクティビティも行いました


2020.8.6更新
  牛乳班が「第9回ご当地!絶品うまいもん甲子園」北海道大会に出場します 【酪農・食品系列】

 食品ゼミ牛乳班で考案した「トマト味の茶碗うし」が書類審査を通過して9月9日(水)に行われる「第9回ご当地!絶品うまいもん甲子園」北海道大会に出場します。今年度はリモートによる審査が行われます。全国大会出場目指して頑張ります。

試作の様子 考案したレシピ


2020.8.5更新
  自然満喫ツアーを実施しました【地域環境系列】

 8月1日(土)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒6名が学校職員を対象に自然満喫ツアーを実施しました。
 今年度赴任してこられた先生方をはじめ、多くの職員の方々に参加していただきました。
 今回の経験を踏まえ、次回は地域の方々を対象にツアーを実施します。
 次回は8月23日(日)です。ぜひ本校の自然を満喫しに来ませんか。
 

        
準備体操から始まりました ドローンでガイドの様子を撮影します
自分たちの手で修繕した橋の上でもガイドしました 源流に入る前の注意事項を説明する様子
牛乳斑のクッキーもおいしくいただきました 源流で記念撮影


2020.8.5更新
  ハートンツリーの服部様に活動のアドバイスをいただきました。食品ゼミ牛乳班【酪農・食品系列】

 8月1日(土)にハートンツリーの服部様に牛乳班の活動の説明をさせていただきました。牛乳班では現在チーズ製造時に排出されるホエーの有効利用法を考えホエーを使用した新商品の開発を目指しています。ホエーを使用したお菓子やパンの販売をされている服部様から新商品開発に向けたアドバイスをいただくことができました。お忙しいなか、お時間を作っていただいた服部様ありがとうございました。

話し合いの様子


2020.8.5更新
  町内で行われたうまいもん発見市場に牛乳班が参加しました。【実習部/酪農・食品系列】

 8月1日(土)に標茶町内で行われたうまいもん発見市場に食品ゼミ牛乳班が参加しました。商品化を目指している「ホエー入りガトーショコラ」の試食、アンケートを実施しました。
暑い中ではありましたが多くの方にお越しいただき、味や見た目などのアドバイスをいただくことができました。お越しくださった皆様ありがとうございました。
 

試食の様子 集合写真


2020.8.5更新
  噴水クリーンデイが行われました【生徒指導部】

 7月30日と31日の二日間で校庭の噴水を掃除する「噴水クリーンデイ」が行われました。この活動は、今年度の生徒総会で「噴水をキレイにしたい」という声があり、生徒会が企画運営を行い実現しました。
 約30名の生徒の協力を得て、噴水をキレイにすることができました。キレイになった噴水をぜひ見に来てください。

7月30日の掃除の様子 7月30日の全体写真
7月31日の掃除の様子 7月31日の全体写真


2020.7.28更新
  自然満喫ツアーのご案内です【地域環境系列】

 7月27日(月)3年次課題研究環境ゼミガイド班の生徒4名が自然満喫ツアーのチラシを8月標茶町広報に折り込みました。
 8月は23日(日)、30日(日)の2回実施します。
   

      
チラシを入れる生徒たち 約3050枚入れ込みました
たくさんのご参加をお待ちしております!


2020.7.28更新
  流星群イベント開催【キャリアガイダンス部・文化理解系列】

 3年次の課題研究(総合的な学習の時間)、文化理解ゼミ「創生班」は、"標茶を盛り上げたい"をテーマに研究をしています。
 7月24日(金)、7月25日(土)に、hub会(標茶町を盛り上げようとしている有志団体)のメンバーである今村さんらと、イベントを実施しました。
 企画・構想から実施まで、主催者側として携わった経験は、生徒にとってとても大きなものだったようです。以下は生徒の感想です。
 「イベントが始まるまでは不安でいっぱいだった。当日は天候に恵まれず、ランタン販売・展示はうまくいかなかったが、体験型ブースにはたくさんのお子さんが来てくれてうれしかった。家に持ち帰ったランタンを枕元に置いているときき、喜びとやりがいを感じた。」
 「放課後や休日の時間を使い、さまざまな方の協力を得て準備ができた。当日は雨でおもうように進まない部分もあったが、イベントの最後に自分たちが作ったランタンが暗い夜を照らしている光景を見たとき、達成感がこみ上げてきた。高校生だけでは実行できなかったことも、お互いに力を貸すことで実行できることに気づいた。」
 「イベント開催前は、荷が重いなと感じていたが、『次はこう工夫すればより集客できるのでは』などの有益な学びがあった。」
 創生班は、今後も標茶を盛り上げるために活動を進めていきます。 
ロールソファー ランタン完成
夜もイベントが続きます 森林班も協力してくれました


2020.7.27更新
  指導農業士の方々に課題研究制作品を披露しました。【実習部/酪農・食品系列】

 7月22日(水)標茶町開発センターにて食品ゼミシカ班と牛乳班が指導農業士の方々に課題研究制作品を披露しました。シカ班ではシカ肉の活用として「鹿肉ミンチジャーキー」の新しい味を牛乳班では廃棄されることの多いホエーの活用を目指し「ホエー入りガトーショコラ」の試食、評価をしていただきました。
 また、活動内容についても説明させていただき、たくさんの貴重なご意見をいただくことができました。
 

説明の様子 集合写真


2020.7.27更新
  牛乳班が社会共創コンテスト2020において奨励賞を受賞しました。  食品ゼミ牛乳班【酪農・食品系列】

 食品ゼミ牛乳班が愛媛大学主催で行われた社会共創コンテスト2020において全国186作品の中から奨励賞を受賞しました。「みんなで目指す牛乳の町!〜日本一広い高校から私たちがつなぐ町おこしプロジェクト〜」と題して標茶町を元気にすることを目標に活動している研究成果をまとめて応募しました。牛乳班はこれで2年連続奨励賞をいただくことができました。

賞状と集合写真


2020.7.20 更新
  令和2年度インタープリターズキャンプが開催されました。【地域環境系列】

 7月18日(土)・19日(日)に本校でインタープリターズキャンプが開催されました。この活動は将来道東の環境教育をリードする人材を育成するためのものです。 講師に二杉寿志氏をはじめとする講師6名をお招きし、多数のOBOGのサポートもあり、充実した講習会を実施することができました。
 生徒は効果的なネイチャーアクティビティや自然体験学習プログラムの実践方法を学び、今後の環境活動に活かす手応えを感じました。
ご協力いただいた講師の方々 二杉氏によるアクティビティの指導
アクティビティを体験する生徒たち 全員で記念撮影


2020.7.16更新
  建築家:隈 研吾 先生来校! まちづくりについて話し合い〜文化理解ゼミ創生班
【キャリアガイダンス部・文化理解系列】

 7月12日(日)に、標茶町長様と副町長、建築家の「隈研吾」東京大学特別教授、ローカルデザイン研究所BEENS代表「鈴木輝隆」江戸川大学名誉教授が来校されました。  現在町が進めているまちづくりプロジェクトや茅沼憩いの家の再開発等について、鈴木教授から高校生の意見も参考にしたいと依頼をいただき、文化理解ゼミ「創生班」と面談を行いました。生徒からは、今企画している「ブラックアウトの夜」というイベントの説明や、地域の方々とのつながり、街づくりについての思いなどが伝えられました。本校の校地や施設・設備等も視察いただいた上で、標茶高校が町の活性化に貢献、提案している事業等についても説明し、高校が町の資産として大切な役割を果たしていることも理解していただきました。
   特に生徒は、話題の新国立競技場を設計した隈先生と面談でき、「コロナ明けの地方の役割の重要性」や「地方だからこその価値」についてお話しいただき、今後のゼミ活動に自信を持って取り組んでいく元気が更に沸いてきました。今後も「創生班」は街づくりを行動によって提案します。

ゼミ生から説明 質問もいただきました
環境ゼミ・ガイド班の生徒も一緒に まちづくり研究の意欲が沸きました!

2020.7.10更新
  標茶音頭を教えてもらいました【キャリアガイダンス部・文化理解系列】

 3年次の課題研究(総合的な学習の時間)、文化理解ゼミ「標茶の活性化班」は、標茶音頭をテーマに研究をしています。
 7月3日(金)の3・4時間目に、標茶音頭保存会の方に標茶音頭を教えてもらいました。
 振り付けはもちろん、事前に、標茶町図書館の方からいただいた資料を読み、まとめておいた疑問をインタビューを通して解決することができました。
 本校では、例年学校祭で標茶音頭を全校生徒で踊っていますが、この活動を通して「今まではなんとなく踊っていたけど、保存会の方の思いがわかり今後の活動に生かせそうです。」と生徒は手ごたえを感じていました。
 
インタビューの様子 新たな疑問も生まれました
振り付けを教わりました 振り付けをまとめてDVDを作成します

2020.7.10更新
  流星群を見るイベントに協力します【キャリアガイダンス部・文化理解系列】

 3年次の課題研究(総合的な学習の時間)、文化理解ゼミ「創生班」は、"標茶を盛り上げたい"をテーマに研究をしています。
 6月26日(金)、7月3日(金)の3・4時間目に、hub会(標茶町を盛り上げようとしている有志団体)のメンバーである今村さんらに来校していただき、イベントの企画・構想をしました。
 当日販売予定の毛糸でつくるランプシェードの値段設定の方法なども学び、体験を通して生徒は学びを深めていました。イベント「ブラックアウトの夜」〜さあ、一緒に大停電の夜を作りだそう〜は、7月24日・25日に町内で行われます。
 
イベント内容を構想中です 価格設定の方法を学びました
休日にも協力していただきました 実際にランプシェードを作りました

2020.7.7更新
  「農業と環境」においてスイートコーンの生育調査を行いました。【実習部/地域環境系列】

 7月1日(水)科目「農業と環境」にてスイートコーンの生育調査を実施しました。
 1年次の科目「農業と環境」ではスイートコーンの栽培を行っています。班ごとに分かれ畝立てから収穫まで行います。 今年度は追肥の有無による生育の違いを班ごとに調査しています。
 

生育調査の様子1 生育調査の様子2

2020.6.30更新
  「園芸作物」においてカボチャの管理作業を行いました。【実習部/地域環境系列】

 6月25日(木)科目「園芸作物」にてカボチャの管理作業を行いました。
 今年度は新型コロナウイルスの影響もあり圃場の準備や播種が遅れましたが順調に生育しています。
 収穫が楽しみです。

芽かきの様子 畝の様子

2020.6.23更新
  令和2年度生徒総会が行われました。【生徒指導部】

6月5日(金)に令和2年度生徒総会が行われました。 今年度の生徒総会は、新型コロナウイルス感染症の影響により例年とは異なる形で実施されました。 3密を避けるため、参加する生徒は主に生徒会執行部・各クラスの評議員・各委員会の委員長・農業クラブ執行部に絞り、場所も160人教室にて行われました。 各議題は評議され、無事に生徒総会を終えることができました。 今後も例年とは異なる形での学校運営が続いていくことが予想されますが、生徒の安全を第一に考えつつ、日々の教育活動にあたっていきます。

生徒総会の様子 議長席
各クラスの評議員 生徒会長の答弁

2020.6.22更新
  オンライン会議ツールを用いて探究学習を進めています!【キャリアガイダンス部】

 3年次の課題研究(総合的な学習の時間)では、地域と連携した探究活動を行っています。
 しかし今年度は新型コロナウイルス感染症の影響から、思うように活動が進められない状況が続いていました。
 このような本校の状況に、卒業生有志(現北海道教育大釧路校生 他)が集まり、本校のために立ち上がってくれました!
 5月からzoomを用いて数回ミーティングを行い、探究課題の設定や進め方、外部連携の方法などを話し合いました。
 大学生自身の経験からくる的確なアドバイスによって活動が明確になり、6月の学校再開時から各ゼミが着実に活動を進めることができています。
 今後は大学生と高校生だけでなく、地域の方を巻き込んで、さらに活動を広げていければと思います。


オンライン説明会の様子 オンライン会議の様子(文化理解系列)
オンライン会議の様子(地域環境系列)

2020.6.17更新
  役場の方からお話しを伺いました。【文化理解系列】

 6月16日(火)3年次課題研究(総合的な学習の時間)に文化理解ゼミ広報班の生徒が標茶町役場を訪問し、企画財政課と観光商工課の方から標茶町のふるさと納税の取り組みや観光業の現状についてお話を伺いました。
 広報班では、ふるさと納税の取り組みに関わる行政の方や返礼品を提供している事業者の方々へのインタビューを記事にし、発信することを目標に活動しています。
 今後、広報しべちゃ等で記事を発信していきますので、ぜひご覧ください!
 お忙しい中、対応いただいた役場の皆様、ありがとうございました。


お話しを伺う様子 担当者の方とともに

2020.6.9更新
  身近な水環境の全国一斉調査に参加しました【地域環境系列】

 全国水環境マップ実行委員会主催で行われている「身近な水環境の全国一斉調査」に本校生徒が参加しました。
 今年度初めての地域環境系列行事となった今回の活動は、多くの生徒が参加し、水質調査の方法や意義について学びました。
 1,2年次生に水質調査について指導した3年次ガイドゼミの生徒は、後輩たちへこの活動を引き継いでいくことの重要性を認識したようです。
 例年実施していた活動が制限されている状況ではありますが、現状で取り組めることを最大限行っていきます。
 

調査方法について説明を聞く生徒たち 実際にパックテストを使用して調査しました
ドローンで調査の様子を撮影しました 軍馬川源流で記念撮影

2020.4.13更新
  令和2年度入学式が行われました。【1年次】

 4月9日(木)に令和最初の入学式が行われ、A組32名、B組32名の計64名が標茶高校に入学しました。
 新入生の皆さん、そして保護者の皆様、ご入学誠におめでとうございます。
 入学式の挙行にあたり、PTA会長様並びに本校同窓会会長様にご臨席をいただきました。
 新型コロナの影響を受けて例年とは違い、生徒と教職員のみの入学式でした。新入生は緊張した面持ちながらもしっかりと呼名に対して返事をしていました。生徒一人ひとりの自己実現のため、今後とも標茶高校教職員一同で教育活動にあたっていきます。
 

新型コロナの影響を受けてマスクを着用 緊張した面持ちの新入生
新入生代表の宣誓 校長式辞

2020.4.1更新
  過去の学校の様子
 過去の学校の様子は、右の「学校の様子」よりご覧ください。


お知らせ

各中学校等への出前学校説明会の実施について
標記説明会を次の通り実施することとしました。詳しくは、 こちら をクリックしてご覧ください。
学校説明・学校見学について
 本校では要望があれば学校説明に向かいます。また、学校の様子が見たいということであればご相談に応じます。
 いつでもご連絡ください。
 (電話 015-485-2001 標茶高校)

 下記より、パンフレットをPDF形式にて閲覧することができます。
 パンフレット
公立高校授業料無償化見直しについてのお知らせ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページにて、ご確認することができます。
制度の詳細が決定され次第、随時更新していく予定です。
小中学生の保護者の方へ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページへリンクすることができます。
ジョブカフェ北海道 リンクについて
下記のバナーをクリックすると「ジョブカフェ北海道」のホームページへリンクすることができます。各種セミナーの開催スケジュールなど、ご覧いただけます。
就職サポート緊急プロジェクトについて
北海道教育委員会では、本道全域における就職支援体制を実現するため、「就職サポート緊急プロジェクト」を策定しました。詳しくは、下記のバナーをクリックしてご覧ください。

標茶高校の取り組み

学校通信「不撓不屈」

「不撓不屈」令和2年度第1号

「不撓不屈」令和2年度第3号



標茶高校の新系列について


 標茶高校では、平成27年度より、新たな3系列で進み始めました。

 3系列の説明はこちらをご覧ください


学校経営・学校教育目標について

 令和2年度学校経営シラバスを公開しました。

 こちらをご覧ください


 令和2年度学校教育目標・経営方針を公開しました。

 こちらをご覧ください


 2019年度版 北海道標茶高等学校 「もっと学校を知ろう(ご案内)」を公開しました。

 こちらをご覧ください



学校評価報告について

 令和元年度学校評価報告を公開しました。

 こちらをご覧ください



北海道高等学校「教科等の本質的な学びを踏まえた主体的・対話的で深い学び(アクティブ・ラーニング)の視点からの学習・指導方法の改善のための実践研究(SCRUM)」について


 「Student」【生徒理解に基づく指導の充実】
・個別の指導計画に沿った学校生活への支援(カウンセリング・学習形態等)について
 [標茶高校]個別の指導計画のための入学前状況調査
 [標茶高校]外部専門機関とスムーズに連携するためにをご覧ください

 「Cooperation」【他の高等学校、中学校、地域等との連携・推進】
 本校の指定研究はございません。

 「Research」【各種調査等の活用】
・全教科・科目での年間・単元ルーブリック評価の作成およびルーブリック評価を活用した授業方法の検討について
 [1年コミュニケーション英語T]年間ルーブリック評価シート
 [2年生物活用]定期考査観点別評価をご覧ください
・ルーブリック評価を取り入れたシラバスの作成および生徒によるシラバス活用方法の検討について
 [標茶H31入学シラバス]異文化理解A
 [標茶H31入学シラバス]自然ガイド入門
 [標茶H31入学シラバス]畜産T
 [標茶H31入学シラバス]食品製造をご覧ください
・ルーブリック評価と授業評価アンケートを取り入れた共通指導案の作成と学習過程の検討について
 学習指導案の例
 評価シートの例
 授業評価・改善アンケート
 授業評価・改善アンケート結果をご覧ください

 「Universal Design」【ユニバーサルデザイン、インクルーシブ教育の視点からの授業改善】
・特別支援教育の視点からの学習調査実施と生徒の学習内容の理解や意欲向上のための授業・評価方法の検討について
 [標茶高校]学習状況調査
 [標茶高校]学習状況調査結果
 [標茶高校]個別の特性理解チェックシートをご覧ください

 「Management」【カリキュラム・マネジメントの構築】
・全教育活動に共通する育成すべき資質・能力の検討とその具体的方策等に係るルーブリックの作成について
・全教育活動に共通するルーブリックを利用した学校評価や学習評価の改善について
・社会に開かれた教育課程実現のための学校評価の検討について
 [標茶高校]資質・能力育成ルーブリックシート
 [標茶高校]資質・能力集計結果をご覧ください

高等学校OPENプロジェクトについて

 平成30年度(1年次)の実施報告についてはこちらをご覧ください

 令和元年度(2年次)の実施報告についてはこちらをご覧ください


標茶高校アクションプラン

 標茶高校では、農業教育の一層の充実、発展を目指し、平成29年度より第3次アクションプランを実施しています。
 実現状況や課題及び評価についてはこちらをご覧ください


標茶高校農場HACCP

 農場HACCPとは畜産農場における衛生管理を向上させるため、農場にHACCPの考え方を採り入れ、危害要因(微生物、化学物質、異物など)を防止するための管理ポイントを設定し、継続的に監視・記録を行うことにより、農場段階で危害要因をコントロールする手法です。
 本校でも農場HACCPに向けて取り組んでいます。衛生管理方針衛生管理目標についてはクリックしてご覧ください。


アーク溶接特別安全衛生教育修了証の再交付についてお知らせ

 特別安全衛生教育に関わる記録の保存期間が終了しているために、修了証の再交付・書替については受付できなくなりました。ご不便をおかけしますが、ご理解ください。なお、ガス溶接技能講習の修了証の再交付等については、一般社団法人 北海道溶接協会(011−811−3006)へお問い合わせください。


標茶高校いじめ防止基本方針


 標茶高校のいじめ防止についての考え方を公開しています。こちらをご覧ください

標茶高校の部活動に係る活動方針


 平成31年度標茶高校の部活動に係る活動方針についての考え方を公開しています。こちらをご覧ください

Jアラート行動指針

 本校のJアラート行動指針はこちらです。


本校敷地内の利用について

 本校敷地内の車両の通行についてお願いがございます。こちらをクリックしてご確認ください。

 本校敷地内の散策についてお知らせがございます。こちらをクリックしてご確認ください。


省エネへの取組


 節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、
 平成28年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、外灯3灯をLED化しました。

あなたは人目のお客様です。



連絡先

メールアドレス
標茶高校メールアドレス
住 所
〒088-2313
北海道川上郡標茶町常盤10丁目1番地
TEL
事務室   015-485-2001
職員室   015-485-2049
FAX
015-485-2067