北海道標茶高等学校Webページ






あなたは人目のお客様です。










詳細は右の「進路実績」からどうぞ!




<お知らせ>
5月25日(木)は臨時の生徒休業日です。
詳しくはHR担任から生徒へ配布したお知らせの紙をご覧ください。




特設ページについて
特設ページは、バナーをクリックしてご覧ください。

2017.4.12 標茶高校の校歌を公開しました。

2017.5.22更新
  塘路湖周辺の清掃活動に参加してきました![地域環境系列]

 5/20(土)地域環境系列事業として、釧路湿原を美しくする会主催「釧路湿原クリーンデー」に、標茶高校から19名の生徒が参加してきました。
 標茶高校生は、道道1060号付近のゴミ拾いを担当しました。1時間弱の作業でしたが、たばこの吸い殻やペットボトル、空き缶など多くのゴミが見つかりました。
 また、活動を通して湿原の植物や生物にも触れることができ、湿原の環境について考える良い時間となりました。
 

出発前に農ク会長より諸注意 暑さに負けずゴミを拾う3年生
ペットボトルを見つけました 参加生徒の集合写真


2017.5.22更新
  ソフトテニス部大会結果報告

 5月16日(火)から18日(木)、釧路市民テニスコートで行われた高体連釧根支部大会に参加してきました。
 結果は以下の通りです。

男子
団体戦 予選リーグ敗退
個人戦 益子・橋組 第3位
    山本・鍵谷組 1回戦敗退

女子
団体戦 第3位
個人戦 一ノ戸・黒野組 ベスト8
    武蔵・伊東組 3回戦敗退
    目黒・相座組 1回戦敗退
    矢島・小原組 2回戦敗退

 結果、男女1ペアずつが、来月旭川市で行われる全道大会出場権を獲得しました。
 掲げていた「団体・個人ともに全道大会へ」という目標は、あと一歩のところで達成できませんでした。
 しかし、メンバーの半分がテニスを始めて1年という中で、女子団体で予選リーグを勝ち抜き、入賞できたのは、日頃の努力の成果であると感じています。
 今後は3年生が引退し、戦力は落ちますが、新たな目標を掲げ、それに向けて努力していきたいと思います。
 また、全道大会へ出場する2ペアは、標茶高校そして釧根支部の代表として、精一杯戦ってきます!

3年生武蔵・黒野ペアの試合の様子(団体戦) 3年生を中心に記念撮影
個人戦第3位の益子・橋組 久々の団体入賞!笑顔の女子部員


2017.5.18更新
  平成29年度学校教育目標等の更新
 以下のものを更新しました。
 (1)平成29年度 学校教育目標及び経営方針
 (2)平成29年度 学校経営シラバス
 (3)2017年度版 北海道標茶高等学校 「もっと学校を知ろう(ご案内)」
 ここをクリックでジャンプします。


2017.5.16更新
  春の復興支援ボランティアバスに参加しました【文化理解系列】

 5/3(水)〜5/7(日)に福島県南相馬市へ復興支援の活動を行いました。
本校からは3A新田さん、2A小野田菜月さん、宗澤恵さん、2C武田梢さん
の4名で参加し、被災地の現状をつぶさに確認し、ボランティア活動をすることで、防災について、より見聞を深めることができました。

ボランティアバスチーム 災害前と異なる風景
放射線量の掲示 被災地での活動

2017.5.12更新
  湿原の春見つけた【地域環境系列】

 5/11(木)学校設定科目「湿原の科学」で湿原特有の植物を探す野外実習をしました。
 6/2(木)実施予定標茶小学校5年生の総合的な学習の時間で本校生徒が講師を務めるための活動です。代表生徒にガイドをしてもらいながら、生徒同士で情報を共有し、授業を企画しています。
 「主体的で対話的で深い学び」、「アクティブラーニング」、「地域社会に根付く教育」を実現します。

ミニ湿原について紹介する3A山内くん エゾエンゴサクに夢中の生徒達
湿原環境の散策 谷地坊主の群落
水質浄化システムを解説する3A山内くん 授業を企画生徒たち


2017.5.12更新
  標茶高校の歴史を学びました【地域環境系列】

 5/10(水)学校設定科目2年次「自然ガイド入門」、3年次「自然ガイド応用」合同授業で外部講師として標茶町郷土館学芸員の坪岡始氏をお招きしました。
 集治監時代や軍馬補充部時代、町の変遷について学び、蹄洗場やろ過池、浄水池などの名残をフィールド学習で確かめました。
 自然だけでなく、まちの歴史もガイドできる人材を育成しています。

標茶町の変遷を解説する坪岡始氏 標茶町の歴史を学ぶ本校生徒
昔からある大木と蹄洗場の名残 絶好の天気のなかでのフィールドワーク
浄水池周辺の様子 代表してお礼を言う3A新田さん


2017.5.11更新
  省エネへの取り組みについて
 本校が行なっている省エネへの取組について、このページの下部に掲載しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2017.5.10更新
  「産業社会と人間」の授業のようす【1学年】

 総合学科である本校には、「自分の進路や生き方」について考え、「社会人基礎力」を高めることを目標とした、「産業社会と人間」という科目が1年次に開講されています。
 5月9日(火)、第2回目となる今回の授業では、5月末に行われる「標茶高校の農場見学」および「標茶消防署見学」の事前学習を行ないました。
 見学から帰って来たあとには、壁新聞を作成します。
 そこで、昨年度の1年次生が作成した壁新聞を参考にし、どこをポイントとして見てくるか、ということを考え、質問事項を検討しました。
 6月には、1年次生の壁新聞が完成します。ご来校の際には、是非ご覧ください。

グループで検討中 先輩の壁新聞を参考にしてみよう


2017.5.10更新
  進学相談会に参加してきました

 4/28(金)と5/10(水)に釧路で開催された進学ガイダンスに計約50名の生徒が参加してきました。
 大学や短期大学、専門学校、三ッ星レストランさんのお話を聞くことができました。

4/28進路相談会の様子 進路相談をする本校生徒
パンフレットに夢中の本校生徒 就職セミナーの様子


2017.5.9更新
  校長あいさつ
 校長あいさつを更新しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2017.5.8更新
  生徒会役員臨時選挙を行いました。
 4月26日(水)に生徒会副会長を決める生徒会役員臨時選挙ならびに立会演説会を行いました。
 立候補者として3年A組の新田和佳菜さん、新田さんの責任者として3年B組の田村雪さんが演説を行いました。
 全校生徒の前で、堂々と自身が生徒会でやりたいこと、標茶高校がこうなってほしいことを演説するその姿は素晴らしいものでした。
 新田さんは開票の結果、見事過半数の信任を得たため4月28日(金)の認証式において、三上校長先生から認証状を受け取り、生徒会副会長に就任することとなりました。
 新田さんの加入によって、標茶高校がまた一歩「Step Up」できると大きな期待を寄せています。


2017.4.27更新
  しべちゃアドベンチャースクールのオリエンテーションをしました【地域環境系列】

 4/26(水)今年度も町との合同で、1年間にわたって町内小学生の体験活動をサポートする事業が始まります。
 過去最大スタッフ数の本校生徒18名は地域社会におけるリーダー性を高めていきます。
 標茶町教育委員会社会教育課の皆さん来校していただきありがとうございました。

説明会の様子 熱心に耳を傾ける本校生徒
アドベンチャースクールの成果 代表として挨拶する3A細野さん


2017.4.27更新
  土木学会から表彰されました【文化理解系列】

 4/21(金)2年間に渡って取り組んできた釧路港外国クルーズ船観光客に対するおもてなしボランティアが土木学会北海道支部地域活動賞として表彰されました。
 詳しくはこちらをご覧くださいここをクリック

北海道支部総会での表彰の様子 記念撮影(河端将史教諭)


2017.4.20更新
  標茶高校敷地内ガイドの準備をしています【地域環境系列】

 4/19(水)2年次「自然ガイド入門」と3年次「自然ガイド応用」の合同授業
 昨年課題研究で取り組んだ軍馬川源流フットパスを授業でも行うことになりました。
 この魅力を外部の人たちに伝えられるよう、これから生徒達は探究していきます。
 まずは、地域の人や小中学生を案内することが目標です。

湿原環境を歩く生徒 フットパスを楽しむ生徒
濾過池付近の様子 軍馬川源流での記念撮影


2017.4.20更新
  安藤さんが来校されました【地域環境系列】

 3/14(火)ヒッコリーウィンドオーナー&ガイドで北海道認定アウトドアガイドの安藤誠氏に、本日までの3日間12時間にわたり、農業と環境や、英語、環境系科目で授業していただきました。写真は自然ガイドの授業の様子です。
 生徒はみんな安藤さんの世界に釘付けです。他の講師から得られない本物の知識や体験を学ぶことができました。
 毎年このような素晴らしい講義を無料で聞けるなんて、本校の生徒は本当に幸せ者です。すぐにアラスカに行かなければならなく忙しいところ、本当に感謝しています。

道東のガイドツアーについて解説する安藤氏 ヒグマについて解説する安藤氏
ヒグマに遭遇した場合の対処法 スアロフスキーの双眼鏡に夢中の生徒


2017.4.12更新
  標茶高校の校歌を更新
 youtubeに、平成29年度入学式で披露された標茶高校の校歌をアップしました。
 上のyoutubeバナーからどうぞ。


2017.3.17更新
  「タンチョウかるた」が完成!鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリとタンチョウコミュニティに寄贈【地域環境系列】

 3月12日(日)に鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリにて、日本野鳥の会のレンジャーの原田さんとタンチョウコミュニティの音成さんにそれぞれ「タンチョウかるた」を寄贈させていただきました。同サンクチュアリやタンチョウコミュニティの活動で利用していただけるということで、これまでの取り組みが子どもたちのためになると嬉しいです。
 今回の活動は、昨年の夏に行われた「北海道高校生自然環境ミーティング」にて高校生向けに「タンチョウかるた」を制作していたところから始まりました。ミーティングで多くのアドバイスをいただき、次は地域の人や小学生にも「タンチョウがいて当たり前は当たり前ではない」ことを知ってもらい、共存・共生について考えるきっかけを作りたいと思い、遊びながらタンチョウについて学ぶことができる小学生向けのかるたを作ることになりました。簡単に学べるように、写真サイズに大きくし、絵札一枚一枚に解説を付け、ルールを設定する工夫を加えました。漢字にはすべてふりがなをふって、読み札の内容、絵札のデザインにはメッセージを込めました。リーフレットを同封し、「あそびかた」「想い」を載せてあります。箱にも設計から工夫を加え、すべてが手作りのタンチョウかるたが完成しました。
 興味のある方は是非ご一報ください。一緒にかるたで遊びながらタンチョウについて学びましょう!
タンチョウかるた小学生版が完成! 日本野鳥の会の原田さんへ寄贈
タンチョウコミュニティの音成さんへ寄贈 2人にカルタの特徴を解説中
2017.3.6更新
  北海道標茶高等学校農場等管理業務について
 表題の入札情報を、右の「事務室より」に公開しております。


2017.3.3更新
  平成28年度進路実績を更新
 平成28年度卒業生の進路実績を公開しました。
 右の「進路実績」よりご覧ください。


2017.2.23更新
  3年生が講師となりました。

 2/10(金)本校にて3年生7名が講師となり、進路講演会が行われました。
 3年生から受験先の選択や決定、受験の準備や対策方法、失敗談などを聞き、1,2年生は高校生活でのキャリアロードマップの作成方法について学ぶことができました。
 3年生のプレゼン能力に負けずに、どんどん質問したり、しっかりと吸収しようとする1,2年生にも感心する講演会となりました。
講師の3年生たち 後輩にアドバイスする小渡くん
3年生へ質問する1年生 質問に答える3年生
熱心にメモをとる1,2年生 お礼の挨拶をする生徒会長田村さん


2017.2.27更新
  全道の総合学科代表生徒と交流しました

 2/7(火)石狩翔陽高校で行われた全道総合学科学習成果発表会に5人の生徒がプレゼンしてきました。
 校内総合学科生徒研究発表会を代表して「ヒトとイノチをつなぐエゾシカレザー」と「地域の魅力発信軍馬山フットパス」をショートバージョンで発表しました。
 おかげさまで、他校の先生や生徒からも好評価をいただきました。最後には総合学科の生徒交流で課題研究の情報交換をしました。
標茶高校の発表 発表者3年生倉内さん、2年生山内くん
発表者3年生氣仙くん、岡野くん 発表補助者の1年生相座さん
総合学科代表生徒によるアイスブレイク ワークショップの様子


2017.2.27更新
  イラン高校生と交流しました【地域環境系列】

 世界湿原の日である2/2(木)に標茶高校とミルザコチャックカン高校でスカイプによる湿原交流会を実施しました。
 釧路湿原とアンザリ湿地というラムサール条約国内最初の登録地が縁となり、学校紹介や湿原の紹介、高校での取り組みについて話し合いました。
 コーディネートしていただいた釧路国際ウエットランドセンターさん、技術協力していただいたサンエスデンキ通信さん本当にありがとうございました。
 またこの様子は当日のほっとニュース845で放送されました。
イラン生徒と交流する代表生徒 ミルザコチャックカン高校代表生徒
プレゼンする2年生甲野藤くんと近藤くん タンチョウカルタを紹介する3年生倉内さん
タンチョウの模型を説明する2年生細野くん 環境の取組みを紹介する2年生細野くん
取材を受ける2年生新田さん 参加生徒一同
2017.2.27更新
  「鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ」でタンチョウガイドに挑戦!

 2月18日(土)、鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリで「自然ガイド入門」の授業を選択している2年生16名が国の特別天然記念物であるタンチョウについて説明する自然ガイド実習を行ってきました。
 タンチョウガイドは「自然ガイド入門」の授業の集大成として行ったもので、昨年に続き2回目となります。
 生徒は事前にタンチョウについて日本野鳥の会のレンジャーを講師として生態を学び、釧路市丹頂鶴自然公園では、保護活動の取り組みを学んできました。
 当日は二人一組となり、手作りのパネルや実物大の卵の模型などを使い、タンチョウの特徴や保護の取り組みや、農業被害やJRや自動車との衝突といった人との関わりについて、観光客へガイドをしました。
 そのなかには、昨年、友人が同所で本校生徒のガイドを受けたと聞き、「是非、直接ガイドを受けたい」と神奈川県から訪れたご夫婦もいらっしゃいました。
 はじめは緊張気味の生徒達も観光客の方々が耳を傾けてくれることに自信を持ち、全て終えた頃には、「伝えることの楽しさを学べた」「もっと観光客の方々にタンチョウについて詳しい説明をしたかった」と感想を述べるなど、コミュニケーション能力の向上を実感ができる実習となりました。


笑顔でガイドの実践中 神奈川県から訪れたご夫婦
集合写真 飛来するタンチョウ
2017.2.14更新
  北海道標茶高等学校ホイールローダ交換契約の入札情報を公開
 表題の入札情報を、右の「事務室より」に公開しております。


2017.2.10更新
  今年も、環境省が主催する調査体験会へ参加しました

 2月4日(土)、達古武湖周辺で行われた調査体験会「冬の沢歩きと生き物観察」に生徒11名、教員5名が参加してきました。
 今年はプログラムが変更になり、時間いっぱい東の沢歩きを体験しました。沢にいる魚類の調査では、一人一人がタモを持ち、魚を捕まえ観察しました。ハナカジカやヤマメなど、普段あまり見ることのない魚に興味津々の様子でした。その後は、雪道や沢を歩き、エゾシカの足跡や食痕を観察しながら、上流を目指しました。上流に近づくにつれて、倒木が増え、まるでアスレチックのような道のりでした。
 目標である上流の湧水地に到着した後は、水生昆虫を観察しました。沢の中の石や流木をひっくり返したり、泥の中を探したりして、エゾアカガエルやトビケラ、ガガンボの幼虫などを採集しました。
 生徒たちにとって、あまり歩くことのない冬の沢や森の中で、自然の豊かさを体感する貴重なフィールド学習となりました。

出発前に自然再生事業実施地区について学習 沢にいる魚の種類について学習
今年も出会えた「ハナカジカ」 ヤマメと記念撮影
湧水地で「ハイ、チーズ!」 大自然の中、満面の笑み
必死に水の中の生き物探し 年齢問わず、たくさんの方が参加していました
2017.1.30更新
  総合学科らしい生徒研究発表会ができました

 1/28(土)本校にて総合学科生徒研究発表会が行われました。
 午前T部ではキャリア科目と3つの系列について、それぞれ代表生徒がプレゼンテーションしました。キャリア科目とは産業社会と人間(1年生)や自己探究(2年生)、課題研究(3年生)、3つの系列は文化理解系列、地域環境系列、酪農・食品系列のことです。
 午後U部ではT部の内容についてのポスターセッション主体の展示や体験教室、実験教室を開催しました。また、販売会もほぼ完売するほど大盛況となりました。
 参加いただいた皆様から以下のような感想をいただきました。
「生徒自身が考えて問題意識を持たせる良い教育だと感じた」「どの活動も計画・目標・評価がしっかりなされている」「高校にとどまることなく地域とともに課題解決していく素晴らしい学校だ」「内容・進行等も素晴らしい」「標茶高校のキャリア教育や系列の取り組みをもっと町内外に発信して欲しい」「キャリア形成だけでなく人間形成にも役立つ素晴らしい教育だ」「単なる教科活動でできない実社会での接点となる大変素晴らしい教育活動です」「生徒が生き生きとしており、説明も挨拶も素晴らしく驚いた」「生徒のプレゼン能力の高さに驚いた」「発表を聴講する生徒達の態度に感心した」「体験をとおして生きるために必要な教育が行われている」「良い意味で標茶高校に驚いた」
 ありがとうございます。本当に感謝の気持ちで一杯です。
 アナウンスをはじめ、司会やインタビュー、発表補助などすべて生徒による運営ができたとともに、午前と午後合わせて来賓20名・一般参加40名以上と多数のご出席をいただき、充実した発表会となりました。本当にありがとうございました。
2年生自己探究の発表 3年生課題研究ガイドゼミの発表
3年生英語ゼミのプレゼンテーション 司会とインタビューを受ける3年生
英語で留学の報告をする田村さん 発表補助の生徒の様子
インタビューを受ける1年生 聴講する生徒の様子
U部全体風景 課題研究エゾシカゼミとガイドゼミのブース
養護学校や福祉施設に関するブース 東北復興支援ボランティアブース
ネイチャークラフトを楽しむ小学生 実験を楽しむ小学生
熱心に解説する本校生徒と聴講する町民の方 大好評の販売会


2017.1.23更新
  校長あいさつ
 校長あいさつを更新しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2017.1.23更新
  平成28年度アクションプラン評価を公開
 平成28年度アクションプラン評価を公開しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2017.1.23更新
  今年も『高校生国際協力体験プログラム』に参加してきました【文化理解系列】

 1月7日、JICA北海道国際センター(帯広)が主催する会に参加してきました。
 異文化理解や国際理解につなげたいと考え、昨年に続き募集を募ったところ、本校では8名の生徒が参加を希望してくれました。
 当日は他の高校生や、帯広畜産大学の学生も混じり、多くの方と触れ合いました。
 このプログラムは、途上国についての理解や日本との関係性についての考えを深めるのを目的として行われています。
 青年海外協力隊の方の体験談を聞いたり、ワークショップをとおして途上国の現状やこれからの展望について考えたりしました。
 また、それだけではなく、大学生によるフィリピンでの海外実習の発表を聞いたり、昼食では留学生と交流したりと多くの経験をすることができました。
 プログラムの最後には、国際協力について自分が頑張りたいことを発表し合いましたが、「学んだことを伝える」「知ろうとする努力はやめない」など、それぞれが強い思いを持てたようです。
 世界の現状を知る、とてもためになる体験となりました。

 写真@:大学生の発表では、聞くだけではなく、一緒に考えながら取り組みました。「農業」や「流通」などのブースがありました。
 写真A:昼食は留学生の方々と交流しながら取りました。様々な国の方がいらっしゃいました。
 写真BC:ワークショップでは、「資源」となる紙から、指定された形を切り出して売るというゲームを行いました。各国に分かれての対戦形式ですが、実は先進国と途上国に分かれていたり・・・。そこから世界の現状を考えました。


写真@ 写真A
写真B 写真C

お知らせ

各中学校等への出前学校説明会の実施について
標記説明会を次の通り実施することとしました。詳しくは、 こちら をクリックしてご覧ください。
学校説明・学校見学について
 本校では要望があれば学校説明に向かいます。また、学校の様子が見たいということであればご相談に応じます。
 いつでもご連絡ください。
 (電話 015-485-2001 標茶高校)

 下記より、パンフレットをPDF形式にて閲覧することができます。
 パンフレット1
 パンフレット2
公立高校授業料無償化見直しについてのお知らせ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページにて、ご確認することができます。
制度の詳細が決定され次第、随時更新していく予定です。
小中学生の保護者の方へ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページへリンクすることができます。
ジョブカフェ北海道 リンクについて
下記のバナーをクリックすると「ジョブカフェ北海道」のホームページへリンクすることができます。各種セミナーの開催スケジュールなど、ご覧いただけます。
就職サポート緊急プロジェクトについて
北海道教育委員会では、本道全域における就職支援体制を実現するため、「就職サポート緊急プロジェクト」を策定しました。詳しくは、下記のバナーをクリックしてご覧ください。

標茶高校の取り組み

学校通信「不撓不屈」

「不撓不屈」28年度第8号

「不撓不屈」28年度第7号

「不撓不屈」28年度第6号

「不撓不屈」28年度第5号

「不撓不屈」28年度第4号

「不撓不屈」28年度第3号

「不撓不屈」28年度第2号

「不撓不屈」28年度第1号



標茶高校の新系列について


 標茶高校では、平成27年度より、新たな3系列で進み始めました。

 3系列の説明はこちらをご覧ください


学校経営・学校教育目標について

 平成29年度学校経営シラバスを公開しました。

 こちらをご覧ください


 平成29年度学校教育目標・経営方針を公開しました。

 こちらをご覧ください


 2017年度板 北海道標茶高等学校 「もっと学校を知ろう(ご案内)」を公開しました。

 こちらをご覧ください



学校評価報告について

 平成27年度学校評価報告を公開しました。

 こちらをご覧ください



標茶高校アクションプラン

 標茶高校では、農業教育の一層の充実、発展を目指し、平成24年度より第2次アクションプランを実施しています。
 平成28年度の評価はこちらをご覧ください
 平成28年度の計画はこちらをご覧ください


標茶高校いじめ防止基本方針


 標茶高校のいじめ防止についての考え方を公開しています。こちらをご覧ください

省エネへの取組


 節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、
 平成28年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、外灯3灯をLED化しました。

連絡先

メールアドレス
標茶高校メールアドレス
住 所
〒088-2313
北海道川上郡標茶町常盤10丁目1番地
TEL
事務室   015-485-2001
職員室   015-485-2049
FAX
015-485-2067