北海道標茶高等学校Webページ





あなたは人目のお客様です。



2018.1.27 平成29年度 総合学科生徒研究発表会 第2部のようすを公開しました。

2018.10.15更新
  平成30年度標茶高校公開授業(2期)・研究授業のご案内【教務部】

 平成30年10月22日(月)〜24日(水)、26日(金)の4日間、標茶高校で公開授業を実施します。
 また、10月25日(木)には研究授業を実施します。時間割はこちらを、 教室割はこちらをクリックしてください。

 参観される時間は自由ですので、関心のある授業や、都合の良いときにご来校ください。 また、参観いただく場合、事前の連絡は不要となります。当日、職員玄関側から入り、事務職員に声を掛けてください。

 研究授業では1年次必履修科目「数学T」を公開します。習熟度別授業の3クラスに分かれています。 2次不等式の単元を学習しますが、上記課題の他、習熟度別を意識して展開する授業実践もご覧ください。

 お子様の学校の様子や本校の特色ある授業を見る良い機会となりますので、 皆様は是非、参観にいらしてください。

   
2018.10.15更新
  全道理科発表大会で発表してきました【地域環境系列】

 10月4日(木)と5日(金)釧路市生涯学習センターで行われた全道高文連理科研究発表大会に生徒16名が参加し、4名が代表で発表しました。
 ・発表セクションと@〜Cタイトル、[結果]は以下のとおりとなります。

 ・研究発表
  @だれでもできる骨格標本の作製法[努力(銅)賞]
  A標茶高校のキノコから見える自然の分解と共生[努力(銅)賞]
 ・ポスター発表
  B湿原環境から軍馬川源流までの環境調査とガイド活動[展示(銅)賞]
  C「聴いて・探して」鳥見で発信[ポスター(銀)賞]
研究発表@の様子 研究発表Aの様子
ポスター発表Bの様子 ポスター発表Cの様子


2018.10.15更新
  教科指導訪問がありました【教務部】

 10月3日(水)地歴・公民科で研究授業が行われました。
 3時間目1年A組現代社会では、ICTを利用した小選挙区制と比例代表制のしくみを理解する授業が行われました。
 4時間目3年次選択日本史Bでは、地元の寺から考える鎌倉時代に普及された仏教の宗派を学習する授業が行われました。
 いずれの授業も本校がテーマとしているルーブリック評価を用いたアクティブ・ラーニングの形式で実施されています。
 10月22日(月)から26日(金)は外部公開授業週間となります。どうぞお気軽に本校生徒の学びの様子を見に来てください。
現代社会での授業の導入 ペアワークでの演習
日本史Bでの授業の導入 グループ協議からの発表


2018.10.3更新
  平成30年9月19〜21日第34回北海道高等学校新人陸上競技大会 【陸上競技部】

 9月19日から帯広の森陸上競技場で開催された第34回北海道高等学校新人陸上競技大会 に出場してきました。
 
 標茶高校の出場選手の大会結果は以下の通りです。

木村世南 400m準決勝 53.59 200m準決勝 23.45

北村竜人 5000mW決勝 12位 28:06.48
 
谷口果林 5000mW決勝 5位入賞 31:33.74

木口秋馬 3000mSC 決勝1組9位 11:10.64

柏原大輝 三段跳予選 12.02m

男子4×100mR(根岸・柏原・木村・熊谷) 準決勝 44.09

男子4×400mR(柏原・熊谷・北村・木村) 決勝12位 3:31.50

4×400mR 4×100mR
5000mWで5位入賞の谷口選手 今大会参加部員たち


2018.10.2更新
  平成30年度体育大会 兼 第72回開校記念マラソン大会【生徒指導部・体育科】

 9/27(木)、28日(金)に平成30年度体育大会が行われました。
 1日目は朝からあいにくの雨模様で開催も危ぶまれましたが、なんとか天候が回復し、マラソンと屋外競技(ソフトボール・サッカー)を実施することができました。
 マラソン競技では、男子の部で3年次生の大熊君が粘りの走りで三連覇を達成!
 女子の部では1年次生が1〜3位まで独占するという結果になりました。
 交通整理にご協力いただきました警察と交通指導員の皆様、沿道で温かい声援を送っていただいた保護者や地域の皆様ありがとうございました。
 午後からの球技も少々気温は低かったですが、選手達の活気あふれるプレーで会場は熱気につつまれていました。
 2日目はクラス競技のチームジャンプからスタート!
 この競技は体育委員会の3年次生を中心に企画・運営を務めました。
 新競技ということで不安もありましたが、各クラスの協力もあり非常に楽しい時間となりました。
 その後のバレーボールも熱いプレーと熱のこもった声援で大盛り上がり!
 最後には教員チームと3年生合同チームの対戦もあり、大満足の2日間でした。
 今年度の結果は以下のとおりです。

   総合順位     優勝 3年C組  2位 2年B組
 ソフトボール   優勝 3年C組  2位 1年A組  3位 2年B組
 サッカー     優勝 1年B組  2位 2年B組  3位 2年A組
 チームジャンプ  優勝 3年C組、2年B組      3位 2年A組
 男子バレーボール 優勝 3年A組  2位 3年C組  3位 2年B組
 女子バレーボール 優勝 3年B組  2位 3年C組  3位 2年B組

 マラソン競技
  男子の部(10km)優勝 3年B組 大熊優太カ
           2位 1年A組 木口秋馬
          3位 2年B組 本間浩幸

  女子の部(5km)優勝 1年A組 宍戸夢叶
          2位 1年B組 野上 彩
          3位 1年A組 村上咲希

 生徒のみなさん、本当にお疲れ様でした。
   この団結力を次の行事である合唱コンクールにもつなげていきましょう。

マラソンスタートの様子(男子) マラソンスタートの様子(女子)
辛い中でも笑顔! 熱いプレー続出の女子サッカー
応援団も良い笑顔です☆ 男子ソフトボールも白熱!
運営を務めた体育委員会 素晴らしい跳躍!
3年生は圧巻のプレー ナイスプレーに沸く会場


2018.10.5更新
  秋季交流学習会【生徒会】

 9/21(金)釧路養護学校をお招きして秋季交流学習会を行いました。
 釧路養護学校が開校40周年にあたり、毎年交流を行っている本校に感謝状と記
 念品が贈られ、この交流会を続ける意義を改めて感じられる交流会になりまし
 た。本校の生徒も釧路養護学校の生徒と積極的に交流をしていて充実した交流
 学習会になったのではないかと思います。

感謝状と記念品贈呈の様子 名刺交換の様子
収穫体験1 収穫体験2


2018.10.02更新
  本校の生徒や先生へ自然環境をガイドしました【地域環境系列】

 9月30日(日)3年次課題研究ガイドゼミの生徒が7名の本校の生徒と先生に第3回標茶高校自然満喫ツアー[秋編]を実施しました。
 「初めてミニ湿原や源流に行ってみて、前よりももっと自然が好きになり、もっと興味を持つことができました。標茶高校の敷地にこんな素晴らしい場所があったんだと気付くことができました。」「前に来た時に体験できなかった水質調査をすることができ、良い経験ができました。雨でも素晴らしい景色や植物を観ることができたので来てよかったです。」などの感想をいただきました。
 台風の前日のため雨でしたが、軍馬川源流の景色はより一層幻想的な風景でした。秋編ツアーもこれで最後となりました。ご参加いただいた地域の皆さま、大変ありがとうございました。
雨の中の記念撮影 川のはたらきについての解説
きのこを見つけました かえるもいました
標茶の歴史についての解説 エゾシカレザーアクセサリーのプレゼント


2018.10.02更新
  小学生がミニ湿原に来ました【地域環境系列】

 9月26日(水)標茶小学校5年生が総合的な学習の時間での探究活動をするために本校のミニ湿原に来ました。
 上流から下流の各地点の水を採水をしたり、植物やヤチボウズ、昆虫、ニホンザリガニなどを調べる活動をしていました。また、軍馬川源流でわさびを持ち帰る児童もいました。
 ご連絡をいただければ、このように本校のフィールドを探究活動や環境学習の場として使うことも可能です。
源流の採水 ワサビを見つけた
希少なニホンザリガニ 児童による活動のまとめ


2018.10.02更新
  中国の大学生と交流しました【地域環境系列】

 9月25日(火)西安交通リバプール大学関係者約25名が来校され、本校3年生の環境ゼミ14名が中心となって、互いの活動を紹介し合いました。
 その後、野外では実際にミニ湿原フィールドへ行き、水質浄化システムの研修や水質調査の体験を実施しました。また、室内では野鳥センサス結果や、タンチョウ等の骨格標本製作等の報告、骨パズルを実施しました。生徒は、通訳の北大留学生を介しながら、熱心に大学生の質問に答えていました。
 校舎に戻っては、環境をツールに互いの文化や人と人との交流が続き、最後はプレゼント交換をしました。
開会式 本校の発表
大学の発表 ミニ湿原フィールドでの学習
本校生徒の解説を熱心に聞く大学生 閉会式


2018.10.02更新
  地域の方や卒業生に自然環境をガイドしました【地域環境系列】

 9月23日(日)3年次課題研究ガイドゼミの生徒が4名の地域の方に第2回標茶高校自然満喫ツアー[秋編]を実施しました。
 「身近な高校ですぐ近くにある自然を説明してもらえるのは勉強にもなり、高校生が頑張っている姿を見られるのは嬉しいです。これからもこういった企画を楽しみにしています。今度は花の綺麗な季節に参加したいです。」「源流を見ることができて良かった。生態的なこと・歴史のことなど説明が多岐にわたるので、聞いていて楽しい。」などの感想をいただきました。
 タンチョウやエゾシカも見ることができて、見所一杯のツアーとなりました。
 ※第1回[秋編]の9月9日(日)は震災で中止となりました。事前に申し込みをいただいた8名の皆様、大変申し訳ございませんでした。
源流での記念撮影 湿原入浴体験
植物の解説 水質調査
エゾシカを見つけました タンチョウも来ました


2018.10.02更新
  高校生が小学生に授業をしました【地域環境系列】

 9月22日(土)本校生徒が企画・運営する環境学習会「自然は僕らの学校」に小学生18名が参加しました。
 今年はアクティビティ6つ(クラフトも含めて)をメインに、アイスブレイクや野焼きパンの実施です。教材から掲示物まで全て自分たちでの準備しました。
 また、連絡や調整、企画、運営、食事をほぼ高校生だけでできたことは、生徒たちにとって大きな自信となりました。
 7月のしべちゃインタープリターズキャンプやこのリハーサルでお世話になりました二杉さんを含む6名の講師の方々やOB・OGの皆さんにも大変感謝しております。ありがとうございました。
記念撮影 鳥を学ぶアクティビティ
擬態を学ぶアクティビティ 種を学ぶアクティビティ
おにぎりから環境を学ぶアクティビティ 昼食の野焼きパン
水の保全を学ぶアクティビティ エゾシカの生態を学ぶアクティビティ


2018.10.02更新
  高校生が中学生に授業をしました【地域環境系列】

 9月19日(水)3年次課題研究ガイドゼミの生徒が10名の中学生に、ドローンゼミの生徒が9名の中学生に授業をしました。この授業は中学生1日体験入学として参加した生徒に実施したものです。
 ガイドゼミは湿原入浴体験や水質調査体験、植生ガイドを、ドローンゼミは機体の動きや法規制の説明と操縦実習を行いました。
 標茶高校に入学すると、日本一の敷地面積を生かした特色ある教育活動を経験することができます。
水質環境調査 湿原環境についての解説
ドローン操縦方法のレクチャー 中学生によるドローン操縦


2018.10.02更新
  本校で環境教育プログラムの資格を認定しました【地域環境系列】

 9月18日(火)二杉寿志氏と本校OG倉内渚さんを招き、プロジェクト・ワイルド鳥編の資格認定講習会を開催しました
 本校卒業生3名と在校生4名、教員2名に講習修了証が授与されました。
 7月にも本校でグローイングアップ・ワイルドの講習会が行われ10名の生徒が認定されました。
 標茶高校では、環境教育プログラムの資格を取得することができます。
講習会の様子 エゾフクロウをつくりました
体を動かすプログラムも実施 学んだプログラム一覧


2018.10.02更新
  小学生に宣伝してきました【地域環境系列】

 9月14日(金)本校生徒6名が標茶小学校の3・4年生の児童にイベント告知に伺いました。
 このイベントは、9月22日(土)本校で開催予定の環境学習会「自然は僕らの学校」です。
 たくさんの児童が本校で環境を学んでくれると嬉しいです。
高校生によるイベントの告知 給食の時間にお邪魔しました


2018.10.02更新
  ドローンを操縦する授業もあります【地域環境系列】

 9月14日(金)3年次湿原の科学の授業でドローンの操縦訓練をしました。
 湿原環境への理解を深める要素の一つとして実施したものです。
 はじめは怖くて躊躇しますが、やってみると達成感があります。
男子記念撮影 女子記念撮影


2018.10.02更新
  高文連で報告してきました【地域環境系列】

 8月23日(木)4名の生徒が根室市で開催された高文連理科支部大会で報告してきました。
 10月4日(木)から5日(金)に釧路市で行われる全道大会にも参加することが決まっています。
 ・発表セクションと@〜Cタイトル、[結果]は以下のとおりとなります。

 ・研究発表
  @標茶高校のキノコから見える自然の分解と共生[総合(金)賞]
  Aだれでもできる骨格標本の作製法[奨励(銀)賞]
 ・ポスター発表
  B「聴いて・探して」鳥見で発信[優秀ポスター(金)賞]
  C湿原環境から軍馬川源流までの環境調査とガイド活動[ポスター(銀)賞]
ポスター発表Bの様子 ポスター発表Cの様子


2018.9.18更新
キャリアガイダンス部8月9月行事【キャリアガイダンス部】
  大学生との交流をとおし、自分と向き合いました。【キャリアガイダンス部】

 8月20日(月)NPO法人いきたす主催による「カタリバ」を実施しました。
 カタリバとは、高校生が大学生との対話をとおして今後の進路や学校生活の目標を考える授業のことで、道内の多くの高校で実施されています。
 今年度標茶高校では1〜3年次の大学・短大進学希望78名を対象に実施し、3〜5名のグループに分かれて札幌市内や釧路市内の大学生と交流しました。
 最初は緊張気味だった生徒も、大学生との交流が進んでいくにつれ、自然と自らの悩みや不安を話し出す様子が見られました。
 終了後のアンケートには「先輩の話を聞いて勇気がわいた」や「もっと自分に自信を持って生活していきたい」、「より夢を叶えたいという思いが高まった」などの前向きな感想が多く、生徒にとって充実した時間になったことがうかがえました。
 このカタリバで考えたことや見つかった目標を胸に、生徒達は今後の学校生活を送っていければと思います。
  遠いところお越しいただいたNPO法人いきたす江口様を始めカタリバスタッフの皆様、ありがとうございました。
 また今回の開催に当たってご支援いただきましたクリプトンフューチャーメディア社様に深く感謝申し上げます。
    

カタリバの様子@ カタリバの様子A


2018.9.18更新
  1年次産業社会と人間 進路座談会を実施しました【キャリアガイダンス部】
 9月11日(火)1年次の産業社会と人間の授業において、進路座談会を実施しました。
 進路座談会の目的は以下の3つです。
  1 実際に現場で働く方を招いて対話する。
  2 働くとはどのようなことかを学ぶ。
  3 自分の進路実現に向け、どのような授業・資格などを取るのか、卒業後の進路を考える。
 当日は教育公務員、職業、建築・土木、環境、保育、情報、事務、酪農、販売・接客、医療の10分科会
 に分かれ、実際に現場で働かれているプロフェッショナルの方々をお迎えして座談会を進めました。
 講師の講話や対話の中から、生徒は職業や自らの進路について深く考えることができました。
 講師のみなさまにはご多忙の中ご協力いただきまして誠にありがとうございました。
 また、進路座談会の事前学習として北海道新聞社の方をお招きし、新聞の作り方を詳しく丁寧に教えていただきました。
 その学びを生かし、今後は進路座談会で学んだことを壁新聞にまとめます。
 11月頃より校内に掲示されますので、お越しの際にはぜひご覧ください。
      

保育分科会の様子 酪農分科会の様子
販売・接客分科会の様子 医療分科会の様子


2018.9.11更新
  外国クルーズ船おもてなしボランティアA【文化理解系列】


  8/29(水)外国クルーズ船ダイヤモンドプリンセスおもてなしボランティアを実施しました。今回は41名が参加し、折り鶴・書道・アイヌ文様切り絵・歌・風呂敷ラッピング・インタビュー・インフォメーションの7つのブースの他に、標茶高校吹奏楽局の生演奏でのおもてなしも行いました。
  今回もたくさんの外国の方々と英語を使って触れあうことができました。
  次回のおもてなしボランティアが今年度最後になりますが、精一杯おもてなしできるよう標茶高校の生徒が企画を考え参加します。


動く折り鶴作成中 標茶高校吹奏楽局の演奏
港組の様子 外国クルーズ船ダイヤモンドプリンセス


2018.8.27更新
  標茶高校自然満喫ツアー[秋編]のご案内【地域環境系列】

 ご好評につき、9月にも3回実施させていただくことになりました。
 本校3年次生が皆さまを標茶高校敷地内ミニ湿原や軍馬川源流へご案内します。
 詳細はこちらをクリックしてください。
 参加を希望される方は、本校までお電話にて、参加日時と氏名、電話番号をお伝えください。
 これまでの様子はこのページの下段にて見ることができます。


2018.8.27更新
  生徒のガイドの様子がテレビで放送されました【地域環境系列】

 8月25日(土)NHK「おはよう北海道土曜プラス」の 「ぶらりみてある記」のコーナーで、標茶高校自然満喫ツアーの様子が放送されました。
 3年次課題研究ガイドゼミ生徒7名による高校敷地内ミニ湿原から軍馬川源流までのガイドの様子を取材していただきました。
さぁ出発だっ ミニ湿原周辺をガイド
軍馬川源流途中でのガイド 軍馬川源流に驚くリポーター
本校で育てたキュウリを食べました ツアーの最後に記念撮影


2018.8.27更新
  ドローンの出前授業をしてもらいました【地域環境系列】

 8月24日(金)3年次「湿原の科学」と「課題研究」(総合的な学習の時間)の時間に札幌科学技術専門学校から講師を招き、ドローンの講座と操作実習を行いました。
 講座では「ドローンとは何か」、「機体の動きとしくみ」、「ドローンに関する法規制」について学習しました。
 また、操作実習ではGPSを外した状態でのホバリングから始まり、パイロンを使っての様々な動きを習得しました。
 ドローンの操縦実習メニューまでいただき、生徒にとって充実した1日となりました。札幌科学技術専門学校の三城先生、谷口さんありがとうございました。
ドローンについての講座 まずはイメージから
いよいよ操縦実習 生徒代表挨拶


2018.8.27更新
  広島県で地域学習をしてきました【地域環境系列】

 8月2日(木)から5日(日)に本校ガイドゼミ3名が広島県で行われたアサヒ第13期若者育成塾に参加してきました。
 6月に60校程度の応募の中から全国7校の論文が認められ、8月広島県での夏合宿と12月東京都での成果発表会に出場することが決定したものです。
 論文(第1次アクションプラン)発表とインタビュー講習、庄原市の環境と観光の取組や地域で活躍している人への取材、KP法の講習と庄原市から学んだことのプレゼンテーション、アサヒの森でのフィールドワークと森林講座、SDGsの考え方と向き合い方、第2次アクションプランの作成と発表(KP法)など多くのことを学んだ4日間となりました。
 全国に新しい仲間ができるとともに、他県の地域学習から地元への愛着を高めることができた生徒たちでした。
論文(第1次アクションプラン)の発表 取材方法について学ぶ生徒たち
庄原市役所の方々へインタビューする本校生徒 地元農家から学ぶ本校生徒
アサヒの森でのフィールドワーク SDGsを学ぶ青空教室
第2次アクションプランの発表 全国の参加生徒による記念撮影


2018.8.27更新
  自然体験学習について学びました【地域環境系列】

 7月21日(土)と22日(日)にしべちゃインタープリターズキャンプが実施され、本校生徒30名が二杉寿志氏をはじめとする講師計6名(本校卒業生2名も含む)から自然体験学習を学びました。
 教師5名の他にも、さらに講師補助として本校卒業生6名も駆けつけていただきました。標茶高校の環境教育を将来的に地域人材である卒業生にも担ってもらう試みです。
 生徒は自然体験学習プログラムを経験しながら、自由で柔軟な発想で自分達のプログラムを企画・実践し、全員で振り返りながら知識・技能を高めることができました。
 また、3年次生10名がグローイングアップ・ワイルドのエデュケーター講習修了証を取得しました。
 この経験から生徒は9月22日(土)に地元小学生へ環境学習会「自然は僕らの学校」を実施します。9月18日と19日にも二杉氏や本校卒業生に高校生が企画するプログラムをチェックしていただく予定です。
   講師の二杉寿志さん、江川理恵さん、工藤美千代さん、大高綾さん、横山彩夏さん、倉内渚さん、講師補助の小渡さん、足澤さん、近藤さん、細野さん、山内さん、村上さんご協力いただき大変感謝します。
二杉さんから学ぶ本校生徒 江川さんから学ぶ本校生徒
工藤さんから学ぶ本校生徒 大高さんから学ぶ本校生徒
横山さんから学ぶ本校生徒 倉内さんから学ぶ本校生徒
生徒の企画によるプログラム実習@ 生徒の企画によるプログラム実習@
ドローンでの記念撮影 良い思い出ができました


2018.8.27更新
  学校祭で学びを発信しました【地域環境系列】

 7月15日(日)のS高祭一般公開日にエゾシカレザーアクセサリーの販売とクラフト体験会、ドローン映像上映会等を行いました。
 販売では約40人のお客さまに購入していただき、クラフト体験会と合わせてエゾシカレザーの魅力やエゾシカに係る問題について発信することができました。
 また、ドローン映像上映会では課題研究(総合的な学習の時間)にドローンゼミが撮影した本校敷地内映像を編集して上映しました。
 その他にもガイドゼミの活動記録や博物ゼミや鳥ゼミの活動も展示しました。
 来校していただいた地域の皆さまありがとうございました。
エゾシカレザーアクセサリーの販売 クラフト体験講習
展示したレザーや角のアクセサリー ドローン映像を観る来校者
ガイドゼミの活動記録を観る来校者 博物ゼミによる体験講習


2018.8.27更新
  ガイドゼミの活動が新聞に掲載されました【地域環境系列】

 7月13日(金)釧路新聞の朝刊で本校のガイドゼミによる標茶高校自然満喫ツアーの様子が掲載されました。ここをクリック
 釧路新聞さま、地域の皆さま、本校生徒の活動にご協力いただきありがとうございました。


2018.7.26更新
  ボランティア部部長が義援金をお届けしました。【ボランティア部】

 
 先日7月15日(日)S高祭一般公開日に、ボランティア部では「ボラ部による雑貨屋さん〜ティアブ〜」を OPENし、部員が作った小物を来場者の方々に買っていただきました。
 皆様に買っていただいた収益金と募金額合わせて14,264円をボランティア部部長藪谷 月が代表し、標茶町共同募金委員会にお届しましたことをご報告いたします。西日本豪雨等で災害にあわれた方々のお役に立てていただけますようお願いしました。
 皆様の温かいご支援とご協力に感謝申し上げます。ありがとうございました。
いらっしゃいませ〜。 私たちが作りました。
たくさんの方が来てくれました。 皆様からの義援金をお届けしました。


2018.7.23更新
  平成30年度学校通信「不撓不屈4号」の更新
 学校通信「不撓不屈」第4号を公開しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2018.7.9&7.14&7.15&7.19更新
  平成30年度第73回S高祭特設ページ開設!!
 本日より期間限定で、第73回学校祭特設ページを開設しました。準備風景などを掲載予定ですのでぜひご覧ください。
 

第73回S高祭特設ページへ




2018.7.9更新
  地域の方へ自然環境をガイドしましたC【地域環境系列】

 7月7日(土)3年次課題研究ガイドゼミの生徒が12名の地域の方に第4回標茶高校自然満喫ツアーを実施しました。
 「水道用施設が九州と同じようなものと驚く。水が綺麗だった。」「生徒さんたちがとても頼もしかったです。植物や外来種に興味があるのでさらに専門知識を身につけてほしいです。13期生ですので大昔のことも思い出しながら歩きました。」「水源のあたりの風景にビックリ!?わさびもあり、清流・コケ・木々・鳥の声・全部素敵でした。」などの感想をいただきました。
 これで最後のツアーとなりました。高校生も皆さまのおかげで知識や技能を高めることができました。ご参加いただいた地域の皆さま、大変ありがとうございました。
ガイドツアー参加者 フットパスについて説明する生徒
軍馬川源流で濾過池の解説する生徒 軍馬川源流でのフットパス
水源地に到着したところ 軍馬川源流での記念撮影


2018.7.9更新
  中学生へ自然環境をガイドしましたB【地域環境系列】

 7月6日(金)白糠町立庶路学園の宿泊研修のプログラムとして、3年次課題研究ガイドゼミの生徒が湿原環境のガイドと水質調査の体験学習を行いました。
 「川がとてもキレイで飲めることにびっくりした。ほとんどの川が綺麗。水が美味しかった。」「水質が違うと植生も大きく変わるということがわかった。」「皆さんがとてもわかりやすく興味が湧くような説明をしてくれていてとても良かった。」などの感想をいただきました。
 高校生ガイド3人で中学生と引率の先生12人へのガイドは大変でしたが、自分達の活動に自信を持てた1日となりました。
水質調査を説明する本校生徒 脱窒湿地でのアクティビティ
沈砂ゾーンでのアクティビティ 軍馬川源流での記念撮影


2018.7.5更新
  たんちょう釧路空港花壇造成事業への参加【地域環境系列】

6/26(火)たんちょう釧路空港にて道道釧路空港線の中央分離帯花壇の花植えを行いました。
 この取り組みは訪れた旅行者を温かく迎えることを目的に平成21年度から行われており、今年度で10年目になります。
 標茶高校で育てた2,200株の花苗を高校生たちは管内各市町村ごとの花壇に分かれ、地域の人たちと一緒に植えました。
 たんちょう釧路空港へ行く機会があれば色鮮やかになった花壇をぜひご覧ください!
花壇造成の様子@ 花壇造成の様子A
佐藤広高釧路町長と花苗を植える様子 最後に記念撮影


2018.6.29更新
  科目選択説明会を地域公開しました【教務部】

 6月25日(月)本校体育館にて科目選択説明会を実施しました。
 今年度は「1、2年次合同」、「地域公開」という新たな試みをしました。
 生徒は各教科のブースで先生方に進路や3年次課題研究の説明を受けながら、同級生や上級生と相談して科目を選択していました。
 保護者や中学校の先生方、お越しいただきありがとうございます。
はじめの全体説明 教科説明ブースに並ぶ生徒
助言を受ける生徒 生徒同士での交流


2018.6.29更新
  地域の方へ自然環境をガイドしましたB【地域環境系列】

 6月24日(日)3年次課題研究ガイドゼミの生徒が1名の地域の方と8名の本校生徒に第3回標茶高校自然満喫ツアーを実施しました。
 「2週連続でありがとうございます。また、新しい発見があり楽しかった。1週間違うと成長が違いますね。皆さんの説明や頑張りでたくさんの人にこの湿原の良さを広めてください(花の名前が分かり嬉しかった)。」「見たことない源流まで行けて水のきれいさや植物のきれいさに驚き感動した。いろんな虫が印象的だった。」「源流に行ったことが一番印象に残っている。今まで環境系の活動に参加したことがなかったし、授業もとっていなくて、湿原に入ったこともなかったから今日のツアーが充実していて満喫できた。」などの感想をいただきました。
 今回は初めてリピーターが来ました。また、自然が大好きな1、2年次生にガイドすることができて大変嬉しい表情の生徒でした。
ドローンで撮影したガイド風景 植物を解説しながらのガイド
水源地でのフットパス 軍馬川源流での記念撮影


2018.6.29更新
  校長先生へ自然環境をガイドしました【地域環境系列】

 6月22日(金)3年次課題研究ガイドゼミの生徒が16名の釧根支部高校の校長先生や釧路教育局の職員を合わせた方々に標茶高校のミニ湿原をガイドしました。
 「泥炭で思った以上に足が取られた。校舎のすぐ近くにこのような自然があるのは大変幸せなことと思う。楽しかった。ありがとう。」「天候に恵まれ、とても良い散策ができた。ガイドも慣れていることや、形でなく、その場に応じて変化できるところが良かった。」「ガイドが大変わかりやすくてよかった。こういう活動がコミュにケーション能力を高めることになるね。」などの感想をいただきました。
 これらの評価に生徒は大変喜んでいます。
フィールドワークの心得を話す生徒 ミニ湿原でのガイド
活動実績発表とアンケート調査 開放農場を説明している様子


2018.6.29更新
  ウチダザリガニについて学んでいます【地域環境系列】

 6月19日(火)2年次「北海道の自然」の授業でウチダザリガニについて学んでいます。
 ウチダザリガニの形態や生態、生息環境、人との関わり、ニホンザリガニとの違いについてプレゼンテーションし、その内容を評価し合いました。
 全国自然環境サミットに向けて、これから外来種問題とその有効活用に関するプログラムを企画していきます。
画面を他生徒に送りながら発表する生徒 ザリガニの種類の違いを学ぶ生徒
他者のプレゼンのメモと評価 授業全体風景


2018.6.29更新
  平成30年度学校通信「不撓不屈3号」の更新
 学校通信「不撓不屈」第3号を公開しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2018.6.19更新
  標茶高校自然満喫ツアーのご案内【地域環境系列】

 本校3年次生が皆さまを標茶高校敷地内ミニ湿原や軍馬川源流へ案内します。
 詳細はこちらをクリックしてください。
 参加を希望される方は、本校までお電話にて、参加日時と氏名、電話番号をお伝えください。
 なお、標茶町広報では保険代300円を徴収するとお伝えしておりましたが、今年度は初めての試みということで、本校で負担することになりました。
 これまで行った2回の様子はこのページの下段にて見ることができます。


2018.6.19更新
  地域の方へ自然環境をガイドしましたA【地域環境系列】

 6月17日(日)3年次課題研究ガイドゼミの生徒が5名の地域の方々に第2回標茶高校自然満喫ツアーを実施しました。
 「源流のきれいさがすごくわかった。色々な花の名前を知った。」「自然の大切さ、いつまでも残したいですね。楽しかった。ありがとうございました。」「なかなか入れる場所ではないのでとても興味深かった。説明もわかりやすく勉強になった。」などの感想をいただきました。
 本校生徒も地域の方から標茶高校や標茶町の昔のことをたくさん聞けて大変満足していました。
ミニ湿原までの道のり 標茶高校の歴史がわかる場所
もうすぐ軍馬川源流です ヤチボウズ地帯を見るツアー客


2018.6.19更新
  きのこ調査を始めました【地域環境系列】

 6月14日(木)2年次「自然ガイド入門」の授業の様子です。
 今年8月に本校で開催される全国高校生自然環境サミットのプログラムとして、軍馬山山道をフィールドの1つにしようと考えています。
 キノコマイスターである2年次の生徒を中心に木とキノコの共生についてプログラムデザイン中です。
木の調査をする生徒 黒いのがキノコです
ツチグリを見つけました 食用キノコを見つけました


2018.7.3更新
  釧路管内中学校の宿泊研修受入事業【キャリアガイダンス部】

 5/31(木)に釧路市立桜が丘中学校2年生、6/13日(水)に釧路町立遠矢中学校1・2年生が宿泊研修のプログラムの1つである「体験学習」を目的として標茶高校に来てくれました。
 前半は系列の代表生徒が標茶高校での取り組みを発表し、後半は3年次生が課題研究ゼミ活動の一環として事前に構成した内容に沿って体験授業を実施しました。
 どのゼミも工夫を凝らした結果、中学生からの体験後のアンケートには「いつもはできない体験ができて楽しかった。」や「知らないことが知れて勉強になった。」など満足感がうかがえる言葉が書かれており、満足できる成果を得ることができました。
 高校生にとっても、中学生の皆さんに一生懸命取り組んでもらい、非常に充実した時間となりました!
 この学びを、今後の研究活動につなげていきましょう。
イングリッシュキャンプの紹介(文化理解系列) インタープリターズキャンプの紹介(地域環境系列)
釧路での販売会の紹介(酪農・食品系列) 肩関節の柔軟性チェック!(スポーツゼミ)
骨パズルに挑戦!(博物ゼミ) 自家製うどん作り!(食品ゼミ)


2018.6.19更新
  中学生へ自然環境をガイドしましたA【地域環境系列】

 6月13日(水)釧路町立遠矢中学校の宿泊研修のプログラムとして、3年次課題研究ガイドゼミの生徒が湿原環境のガイドと水質調査の体験学習を行いました。
 「水に入った時に足が「キュッ」ってしまるのが気持ちよかった。ガイドが面白くてわかりやすかった。」「普段なかなか触れることのできない大自然を見ることができ、とても楽しかった。是非、また参加したい。」「フットパスのことを知れた。自然の中の空気がすごくキレイだったと思う。また行きたい。」などの感想をいただきました。
 この活動の様子を生徒がドローンで撮影する試みにもチャレンジしました。
軍馬川源流での記念撮影 脱窒湿地に入りました
水質調査を教えています ドローンを操縦する本校生徒
水質調査をドローンで撮影 沈砂ゾーンをドローンで撮影


2018.6.12更新
  LINE安心安全教室が行われました【生徒指導部】

6/11(月)LINE株式会社 LINEオフィシャルインストラクター櫻井慶子様をお迎えし、全生徒に対し情報モラルについてご講義を頂きました。
 講師の櫻井さんからの質問やアンケートに生徒が答えたり、手を挙げたりしながらの生徒参加型の講義で、わかりやすく、大変理解が深まりました。
  また、コミュニケーションをキャッチボールにたとえ、生徒が実演をし、どんな事が大事か、どんな事に気をつけるべきかを考えました。
 生徒は、自分と相手の違いを知り、相手の事を考えてコミュニケーションをとる事の大切さに改めて気がついたようです。
  ネットに写真や動画、コメントをアップすることのリスク等も知り、生徒の感想からは「これからは気をつける」という声が多く聞かれました。
あてはまるものに手を挙げます。 質問に答える生徒。
実演をしてくれた二人。 生徒参加型で楽しく学べました。


2018.6.19更新
  地域の方へ自然環境をガイドしました@【地域環境系列】

 6月10日(日)3年次課題研究ガイドゼミの生徒が6名の地域の方々に第1回標茶高校自然満喫ツアーを実施しました。
 「丁寧な説明で良かった。高校時代に戻った様な、すがすがしい気持ちになれた。大変満足できた。」「ガイド役の学生と話しながら散策する楽しさが、1人できても友達と来ても味わうことのできないこの時間が独自の楽しさと思う。」「ガイドで全てを話すことができなくても持っている知識で推測する、恐れずに聞きながら考えることが見えたのが一番良かったと思う。」「標茶高校の建物、校舎以外に軍馬山をかかえてその自然がこんなに素晴らしいとは思わなかったし、歴史的なことも考える機会になった。」などの感想をいただきました。
 プロのガイドのように見えるもの全てを解説できるわけではありませんが、生徒とともに歩いて、過去と未来を考えませんか。
軍馬川源流の神秘的な景色
ミニ湿原でのガイド 軍馬川源流でのガイド


2018.6.19更新
  標茶高校周辺で水質調査をしました【地域環境系列】

 6月3日(日)世界環境デーに生徒19名教師2名で本校敷地内の軍馬川源流や脱窒湿地、沈砂ゾーン、農業用水路、釧路川の5ヶ所の水質を調査しました。
 今年度は3年次ガイドゼミの生徒が1、2年次生の教師役となり、水質調査や湿原環境のガイドをしながら活動しました。  「今回学んだことを2・3年次の系列活動に活かしたいと思った。(1年)」「いろいろな草花の名前を教えてもらって嬉しかった。(1年)」「普段何気なく見ていた水辺の水質調査をし、数値として見ることでより興味が湧いた。(2年)」などの感想がありました。
 本日得られた結果は「身近な水環境の全国一斉調査」に報告します。
軍馬川源流方向への調査活動 釧路川方向への調査活動


2018.6.19更新
  中学生へ自然環境をガイドしました@【地域環境系列】

 5月31日(木)釧路市立桜が丘中学校の宿泊研修のプログラムとして、3年次課題研究ガイドゼミの生徒が湿原環境のガイドと水質調査の体験学習を行いました。
 「この体験を選んでよかったです。知らないことがいろいろと知れてとても勉強になりました。」「こんなすごい自然が敷地内にあるなんて本当にすごいです。」「自然に全く興味がありませんでしたが、この体験を通して自然が好きになりました。」などの感想をいただきました。
 雨模様のなか無事事故なく終えることができ、安堵の気持ちで一杯の本校生徒でした。
植物&水質調査 雨の中でのプログラム


2018.5.28更新
  豊かな緑と魚のリバーサイド植樹に参加しました。【地域環境系列】

 5/26(土)にリバーサイド植樹に参加しました。昨年はどしゃぶりでしたが、今年は天気に恵まれました。
 また1年次生の参加も多く、標茶高校からは40名が参加し、地域の方と一緒にアオダモなどの植樹を行いました。
 植樹後は、交流会も行われ、標茶牛乳・鹿肉・トキ鍋などの提供がありました。生徒はみんな美味しく頂いていました。
3年次生の長谷川君が本校代表として記念植樹を行いました。 先輩が後輩に植樹方法を伝授しました。
植樹の様子 本校の参加者。みんなしっかり活動しました。

2018.6.19更新
  時間旅行のツアーをしました【地域環境系列】

 5月24日(木)2年次「自然ガイド入門・応用」の授業を本校資料館(平成20年度経済産業省認定 近代化産業遺産)で行いました。
 農業高校時代をはじめとする昔の標茶高校の歴史や自然環境、農業の実習で用いた道具などを知ることができました。
 目の前に見えるものだけではなく、昔の環境についてもガイドできるように取り組んでいます。
昔の道具に見入る生徒 歴史に驚く生徒
資料館の内部風景 過去の学校名表札など


2018.6.19更新
  双子池に行きました【地域環境系列】

 5月22日(火)2年次「北海道の自然」の授業を軍馬山にある双子池で行いました。
 途中の軍馬山山道でも少しずつ5〜6月の花が現れ始め、双子池ではオタマジャクシがたくさんいます。
 今年8月に本校で開催される全国高校生自然環境サミットでは、ここ双子池に生息するウチダザリガニを駆除しながら生態系を考えるプログラムを実施します。
双子池での活動 軍馬山山道で観られたもの


2018.5.18更新
  平成30年度地区壮行式

  5/11(金)平成30年度地区壮行会が本校体育館で行われました。
   教頭先生から激励の挨拶や各部活動から地区大会にむけての抱負などを通して、本校から出場する選手は地区大会にむけて気持ちが高まった
 壮行会になりました。
生徒会長挨拶 各部活動からの意気込み
選手宣誓 校歌斉唱



2018.6.19更新
  桜が咲きました【教務部】

 5月15日(日)やっと標茶高校の桜が全開となりました。
 これはドローンで撮影したものです。
桜と本校校舎
上空から見る桜


2018.5.17更新
  第20回アミティフェスタへ参加しました【ボランティア部】

 5/14(月)釧路市観光国際交流センターにて第20回アミティフェスタが行われ、本校ボランティア部が参加させて頂きました。
 国際ソロプチミスト釧路アミティ様主催の本フェスティバルは、心のバリアフリーを目的として、ともに活動出来る心温まるイベントです。
 本校ボランティア部はプラバンアクセサリー作り体験やアウェアネスリボンの提供、手作り紙芝居の読み聞かせを行い、たくさんの来場者とともに楽しみ、たくさんの笑顔を頂きました。
 このような機会を与えて頂いたことに感謝しながら、今後も人とのつながりを大切に、様々な体験を通して、たくさんの事を学んでいきます。
アクセサリーの作り方を教えてます たくさんの方が来てくれました
紙芝居読み聞かせの様子 8名で頑張りました


2018.6.19更新
  ミニ湿原にも春が来ました【地域環境系列】

 5月8日(火)2年次「北海道の自然」の授業の様子です。
 敷地内の地域環境学習フィールド「ミニ湿原」にもスプリングエフェメラルが現れました。
 ギョウジャニンニク、ヒメイチゲ、エゾネコノメソウ、エゾエンゴサク、フッキソウ、ヨモギ、イラクサなどの植物が観られます。
ミニ湿原で観られる春の花 植物を観察する生徒


2018.6.19更新
  ドローンを飛ばし始めました【地域環境系列】

 5月8日(火)2日前に到着したドローンを生徒とともにセッティングし、無事フライトすることができました。
 今後は、3年次課題研究ガイドゼミの活動に使用していきます。
夕日と本校校舎
ドローンを操縦する本校生徒 使用したドローン(DJI st3)


2018.6.19更新
  4月下旬の地域環境系列の授業の様子です【教務部】

 2年次「北海道の自然」では、マツ(カラマツ・トドマツ・エゾアカマツ)を学ぶアクティビティと演習をしました。
 2・3年次「自然ガイド入門・応用」では、湿原の成り立ちや釧路集治監・陸軍省軍馬補充部川上支部時代の歴史ついての学ぶ探究活動をしました。
北海道の自然の授業 自然ガイド入門・応用の授業


2018.6.19更新
  4月の標茶高校の授業の様子です【教務部】

 本校は「人・自然・食」に関する専門的な学びを実施し、それらを「系列科目」と呼びます。
 今回は進学者や就職者向けの「自由選択科目」の授業の様子を中心に紹介します。
4月の授業の様子


2018.5.7更新
  外国クルーズ船おもてなしボランティア【文化理解系列】

 今年度も釧路港に停泊するクルーズ船乗客に向けておもてなしボランティアを実施していきます。
 1回目は、4/28日(土)に40名が参加しました。書道、折り鶴、風呂敷ラッピング、タンチョウのペーパークラフト作り、インタビュー、インフォメーションと6つのブースに分かれておもてなしをしました。
 次回のおもてなしボランティアでは、標茶高校の生徒がおもてなし企画を考えて参加します。
元気に笑顔でコミュニケーションを取りました 習字体験。まずはお手本を見せています
一緒にタンチョウペーパークラフトをつくっています クルーズ船の前で記念撮影。全員積極的な姿勢で活動することができました


2018.5.7更新
  平成30年度学校通信「不撓不屈1号」の更新
 学校通信「不撓不屈」第1号を公開しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2018.4.27更新
  平成30年度生徒総会・農業クラブ総会【生徒会・農業クラブ】

 4/27(金)平成30年度生徒総会・農業クラブ総会が行われました。
 どちらの総会も司会・議長のスムーズな進行、生徒による活発な議案に
 対する質問・要望があり、充実した生徒総会・農業クラブ総会になった
 と思います。
司会進行をする生徒会 真剣に議案書を見ています
議案に対して質問する様子 農業クラブ総会の様子


2018.4.27更新
  今年も高校生が先生となって食育活動を行います【地域環境系列】

 4月12日(木)本校生徒2年次生7名が標茶小学校へ訪問し、小学校3年生53名とトマトの播種作業及び種の観察を行いました。
トマトを通しての食育活動も今年度で4年目となりました。高校生が先生となって小学生とトマトの栽培や調理体験を行い、いのちと食の大切さを教えるこの活動。
今年度はトマトの種を植えるところからのスタートです。最初の顔合わせではお互いに緊張した様子も見られましたが、班活動をすすめるうちに少しずつ打ち解けていく様子がうかがえました。
先生役となった高校生の話を良く聞き、トマトの種をポットに植えていました。
 「トマトの種ってこんなに小さいの?」と小さなトマトの種に驚く声も。種の観察も高校生のアドバイスのもとしっかりと行っていました。
次回は標茶高校でトマトの苗を定植する予定です。


「播種」という言葉を説明 播種作業を実演しながら説明
トマトの小さな種をみんなで観察 小学生の疑問に丁寧に答えている姿も


2018.4.27更新
  対面式【生徒会】

 4/11(水)対面式が行われました。1年生と2・3年生が初めて同じ場で行う行事でした。
2・3年生から生徒会、農業クラブ、部活動についてなど説明して、1年生は学校について理解が深まった行事になったと思います。
 
1年生の入場 部活動紹介
吹奏楽演奏 恒例のくす玉割り


2018.4.25更新
  平成30年度入学式

 4月10日(火)に平成30年度入学式が行われました。
 標茶町長の池田裕二様を始め、多くの来賓の方々にご出席いただきましした。また、たくさんの新入生の保護者の方にもご出席いただき、ありがとうございました。
 今年度は2クラス76名の新入生を迎え入れました。体育館入場の際はとても緊張した面持ちでしたが、1日も早く高校生活に慣れ、充実した生活を送ってほしいと思います。そのために教員一同サポートしてまいります。
 新しい仲間が加わった標茶高校を今年度もよろしくお願いいたします。

新入生入場 2年次生音楽選択者の校歌披露
担任より新入生1人ずつ呼名 新入生退場


2018.4.1更新
  過去の学校の様子
 過去の学校の様子は、右の「学校の様子」よりご覧ください。


お知らせ

各中学校等への出前学校説明会の実施について
標記説明会を次の通り実施することとしました。詳しくは、 こちら をクリックしてご覧ください。
学校説明・学校見学について
 本校では要望があれば学校説明に向かいます。また、学校の様子が見たいということであればご相談に応じます。
 いつでもご連絡ください。
 (電話 015-485-2001 標茶高校)

 下記より、パンフレットをPDF形式にて閲覧することができます。
 パンフレット1
 パンフレット2
公立高校授業料無償化見直しについてのお知らせ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページにて、ご確認することができます。
制度の詳細が決定され次第、随時更新していく予定です。
小中学生の保護者の方へ
下記のバナーをクリックすると「北海道教育委員会」のホームページへリンクすることができます。
ジョブカフェ北海道 リンクについて
下記のバナーをクリックすると「ジョブカフェ北海道」のホームページへリンクすることができます。各種セミナーの開催スケジュールなど、ご覧いただけます。
就職サポート緊急プロジェクトについて
北海道教育委員会では、本道全域における就職支援体制を実現するため、「就職サポート緊急プロジェクト」を策定しました。詳しくは、下記のバナーをクリックしてご覧ください。

標茶高校の取り組み

学校通信「不撓不屈」

「不撓不屈」30年度第1号

「不撓不屈」30年度第2号

「不撓不屈」30年度第3号

「不撓不屈」30年度第4号



標茶高校の新系列について


 標茶高校では、平成27年度より、新たな3系列で進み始めました。

 3系列の説明はこちらをご覧ください


学校経営・学校教育目標について

 平成30年度学校経営シラバスを公開しました。

 こちらをご覧ください


 平成30年度学校教育目標・経営方針を公開しました。

 こちらをご覧ください


 2018年度版 北海道標茶高等学校 「もっと学校を知ろう(ご案内)」を公開しました。

 こちらをご覧ください



学校評価報告について

 平成29年度学校評価報告を公開しました。

 こちらをご覧ください



標茶高校アクションプラン

 標茶高校では、農業教育の一層の充実、発展を目指し、平成29年度より第3次アクションプランを実施しています。
 平成30年度の計画はこちらをご覧ください


標茶高校いじめ防止基本方針


 標茶高校のいじめ防止についての考え方を公開しています。こちらをご覧ください

Jアラート行動指針

 本校のJアラート行動指針はこちらです。


省エネへの取組


 節電に努める他、設備の更新時にはエネルギー効率の高い設備の選定を検討しており、
 平成28年度においては、電源立地地域対策交付金を活用し、外灯3灯をLED化しました。

連絡先

メールアドレス
標茶高校メールアドレス
住 所
〒088-2313
北海道川上郡標茶町常盤10丁目1番地
TEL
事務室   015-485-2001
職員室   015-485-2049
FAX
015-485-2067