北海道標茶高等学校ホームルーム教室002

学校通信「不撓不屈」

標茶高校では、学校通信「不撓不屈(ふとうふくつ)」を発行しています。学校生活、行事や部活動など、たくさんの情報を掲載しております。ぜひご覧ください。

ご覧になるには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。

平成24年度

平成24年度 学校の様子

連携共同農場

共同農場

春は標茶小学校2年生を農場に招いてイモを植え付け、秋にはイモ掘り体験をして農業の楽しみを味わいました。

出前授業

標茶高校教諭が近隣の小中学校に出向いて小中学生向けの楽しい授業を行います。(施設等の関係により本校を会場にする場合もあります。)

『第一回 硬式野球部 野球教室 in標茶町 町民ふれあいプラザ』

2月22日(金)、野球部が町内の少年野球チーム「標茶ジャイアンツ」と野球教室を行いました。 初めての交流で、最初はお互いに緊張しながらもキャッチボールやノックの指導を通して、絆を深めることができました。 選手たちは未来の標高野球部たちに熱心に指導し、教えることの難しさ、野球をはじめた頃の純粋に野球を楽しむ気持ちを思い出した、 充実した一日となりました。

『2012年度国際ソロプチミスト アメリカ日本北リジョン2クラブガールズフォーラム』

1月26日(土)、釧路で行われた上記フォーラムに1年生の蝦名玲奈さんと2年生の小澤梨花子さんが参加しました。 2人はそれぞれ東北被災地ボランティアの経験について発表し、他校の学生と意見交流をしました。小澤さんは優秀賞を受賞し、 夏に札幌で行われるフォーラムに参加する予定です。

『ウィンターコンサート(吹奏楽局)』

12月17日(月)、吹奏楽局が本校・多目的ホールでウィンターコンサートを行いました。 「天体観測」「宮崎駿 アニメメドレー」「女々しくて」「アメージング・グレース」「お酒ソングコレクション」、アンコールで「恋人たちのクリスマス」の6曲を披露しました。引退した3年生の吹奏楽局員を中心にダンスで 盛り上げてくれました。今後も練習に励み、上達していきたいと思います。

『標茶高校教育振興会 特別講演会』

12月10日(月)、クリプトン・フューチャー・メディア(株)、伊藤博之さんを招き、 「ITマーケットの広がりと創造(想像)の力」と題し講演会を行いました。講演会後半には、伊藤博之さんと 有志の生徒がディスカッション形式で、質問に答えてくれました。とても有意義な時間となりました。 ありがとうございました。

『平成24年度 校内実績発表大会』

11月28日(水)、日ごろのプロジェクト活動の成果を発表する、校内実績発表大会が行われました。農業クラブ員の科学的な資質の向上を図るとともに、 専門的な能力や態度を高めることを目的として行いました。「釧路湿原再生プロジェクト」は環境を中心とした人との交流や、地域酪農の課題である水と窒素酸化物による 汚染についての研究発表がありました。食品ゼミでは、「鹿肉利用」「カボチャの利用」「コーンを利用し、小学生との食育」についての取り組みを発表し、畜産ゼミ では、「ダイコンを利用した飼料作り」「深刻な蹄疾患問題」などの研究がありました。結果は次のとおりです。
【最優秀賞】
『それいけ!コーンで笑顔〜子どもたちと広げる食育〜』      食品加工プロジェクト
【優秀な発表】
『今、世代交代の時〜広がる自然への思い』          釧路湿原再生プロジェクト
『保全へ向けて一歩前へ!〜窒素酸化物による汚染の実態に迫る〜』釧路湿原再生プロジェクト
『環境に優しいエサ作り〜エコフィードを活用したTMR製造の研究〜』  畜産ゼミ
『経営規模拡大を趾元から考える〜地域酪農の経営改善対策〜』   畜産ゼミ  
最優秀賞を獲得した食品加工プロジェクトは1月17日・18日に行われる東北海道大会(女満別)へ出場します。

『見学旅行(2学年)』

2学年の見学旅行のページを開設しました。
    
「見学旅行」のページへ


『標茶小学校出前授業』

12月5日(水)、3年生・酒井祐香さん、江崎志帆さん、手塚愛さんが参加し、標茶小学校で出前授業に行ってきました。トウモロコシ 栽培の1年の振り返りを紙芝居を用いて行いました。そして、小学生が「お礼の出し物」を披露してくれました。最後に子どもたちが描いた トウモロコシの絵をプレゼントしてくれました。「食育」をテーマに活動してきたプロジェクトはこれで終了します。

『全国農業高校収穫祭』

11月16日(土)、17日(日)、道内の農業高校・農業の科目を設置している高校の生産品を東京都の秋葉原で販売してきました。 2年生の城川美空さん・福岡愛耶香さん・橋遥香さんが、本校を代表し参加してきました。天候も悪かったのですが、全力でがんばりました。 会場やお客さんたちも標茶町や釧路での販売会とは違った雰囲気の販売で、良い経験になりました。また、全国の農業高校の生産品なども見れたので 良い刺激になりました。

『高文連第13回全道高等学校英語弁論大会釧根支部大会』

11月7日(水)、1年生・須崎環奈さんと富田美咲さんが釧路工業高校で行われた英語のスピーチコンテストに参加しました。須崎さんの 「My Dream」と富田さんの「The Power of Music」が佳作に選ばれました。2人にとっては初めての参加でしたが、すばらしい発表をしてくれました。

『コーンで笑顔プロジェクト 親子でお料理教室』

11月4日(日)、3年生課題研究「食品ゼミ班」による標茶小学校1年生との親子レクリエーションが行われました。この交流では、春から 児童と育ててきたトウモロコシを使った料理を作りながら、親子の絆を深めてもらおうと考えた企画です。当日は30家族が来校し、ピザ作り、コーンスープ 作り、バター作り体験を行いました。子どもたちの反応も非常に良く、保護者からも「楽しかった、このような機会を作っていただきありがとうございました」 と感謝の言葉をいただきました。「食」を通してみんなが笑顔になってくれて、大変有意義な1日でした。

『平成24年度どさんこ☆子ども地区会議メッセージ・コンクール』

3年美術部の五十嵐君がいじめ根絶ポスター部門高校生の部で教育局次長賞を受賞しました。五十嵐君は10月27日(土)に行われた 表彰式に参加しました。

『第7回北海道農業高校「食彩フェア」in Tokyo』

11月1日(木)〜3日(土)、食彩フェアin Tokyoに本校1年生・鈴木耕治君と千葉稔君が参加してきました。北海道内の農業高校で 作られた農産物や加工品の販売を通して、「北海道農業のすばらしさや、農業高校の取り組み」について紹介する良い機会となりました。 生徒たちは自信を持って販売するために商品の特徴や味、そして接客について事前学習を重ねてきました。当日は、商品の魅力を十分に伝えることができました。

『Halloween Party With Matthew』

10月30日(火)、ALTのマシュー先生と放課後にハロウィンパーティー をしました。ジャック・オー・ランタン作りや仮装を楽しみました。

『第62回全国高等学校スピードスケート競技選手権大会 標語』

本校2年生・尾崎正和くんが作成した標語、「風となり 歴史を刻め 北の大地に」が上記大会の スローガンになりました。尾崎くんのコメントは次のとおりです。「この北の大地釧路をスピード感溢れるスケートで風 のように颯爽と滑りぬけ、これからの歴史に残るような競技にしてほしいという思いを込めました。」

『新 生徒会・農業クラブ立会演説会』

10月26日(金)、新しい生徒会・農業クラブの役員を決める立会演説会と選挙が行われました。立候補者と責任者が どのような学校にしたいか、どのように仕事をしていきたいか決意を述べてくれました。役員数と立候補者数が同じだったため、投票はすべて 信任投票となりました。開票の結果は、全員が有効投票数の過半数を獲得し、当選となりました。

『どんぐりの苗畑づくり』

10月22日(月)、「草花活用」、「農業情報処理」の授業選択者と、標茶町緑化推進委員会と標茶町役場農林課の協力を得て、どんぐりの 苗畑づくりを行いました。この事業は標茶町の植樹活動に利用するために、平成16年度から継続しています。毎回、500前後の木(苗木)を植えています。 今年度は、みどり保育園の園児約30名と高校生15名、地元の方10名程の方が参加し、2000個のどんぐりを植えました。

『第56回全道高等学校弁論大会』

10月17日〜19日、上記大会が行われました。本校からは3年B組、粕谷夏美さんが出場し奨励賞を受賞してきました。本人も納得の 発表でしたが、予想外に時間がオーバーしてしまいました。また、他支部のレベルの高さに驚きましたが、その中で発表することができたので良い経験になったようでした。

『第2回 体験入学』

10月16日(火)、釧路町の富原中学校・遠矢中学校の3年生12名が来校し、本校の授業施設など学校の様子を見学していきました。特に、 日本一の敷地面積の広さとハイテク牛舎に驚いていました。標茶高校で待っております。!!

『体育大会』

10月17日(水)〜18日(木)、本校グランドと体育館で体育大会が行われました。2日間に渡りソフトボール、サッカー、リレー、バスケットボール、 長縄飛びの種類を行い、生徒達はクラスごとに団結し、一生懸命頑張っていました。

『第51回 全道高等学校理科研究発表大会』

10月11日(木)〜12日(金)、本校の湿原再生プロジェクトが上記大会に出場してきました。地学・生物部門の2つの発表とポスター1つで 参加してきました。地学部門は「努力賞」、生物部門は「総合賞」、ポスターは「ポスター賞」という結果でした。地学部門の参加は初めてで、わからないことが多く 大変でしたが、とても良い勉強になりました。また生物部門は良い結果だったので、研究を後輩に引き継いでもっと良いものにしてもらいたいです。 ポスターはシカの骨格についてでしたが、たくさんの人の記憶にしっかり焼きつけることができたと思います。次回の高文連に向けて、これからも研究を続けていこうと思います。
骨格標本の作製と比較(提出論文)
標茶高校の露頭について(提出論文)

『第46回全道高等学校美術展・研究大会』

10月11日(木)〜12日(金)、旭川で行われた上記大会に参加してきました。旭山動物園でのスケッチ研修、全道作品の鑑賞をし、 充実した2日間を過ごしました。

『食彩フェア』

10月13日(土)、イトーヨーカドー釧路店で販売会(販売品目:花・野菜・加工品・焼き物)を行いました。この販売会は今年で8回目。生徒たちが普段の実習で心を込めて栽培・製造した生産物を、自信を持って笑顔で販売してきました。途中悪天候に見舞われましたが、無事に終了することが出来ました。

『ボウリング 大会結果』

9月30日〜10月3日の日程で、「第67回 国民体育大会 ぎふ清流国体」が岐阜グランドボウルでボウリング競技が行われました。本校2年B組・清野えみりさんが少年女子個人戦で優勝、 少年女子団体戦で準優勝、同じく2年B組・吉成翼君が少年男子団体戦で8位入賞という成績を収めました。清野さんは5連続ストライクを出し、逆転で 優勝することができました。

『平成24年度 第13回北海道高等学校総合学科教育研究大会』

10月11日(木)〜12日(金)、上記大会が本校を会場に開催されました。1日目は「コンベンションホールうぃず」 にて全体会が行われ、本校の遠藤教諭による環境教育の取り組みについての発表もありました。2日目は各校の先生方に本校の施設を 見学してもらい、また本校生徒による各種活動の発表をご覧いただき好評を得ることができました。最後に研究協議として、 3つの分科会が行われ、それぞれ貴重な交流の時間を共有することができました。来年度は、総合学科の全国大会準主管校全国の先生方を お迎えできることとなりました。これからも生徒の日々の活躍をどんどん発信できればと思います。今大会に参加いただいた先生方、 本当にありがとうございました。

『環境学習会 「自然はぼくらの学校」』

9月29日(土)、標茶小学校の児童44名を迎え、環境学習会を行いました。 環境学習体験プログラム「自然はぼくらの学校」は今年で9年目を迎えました。 14名の高校生が先生となり、標茶小の児童44名に釧路湿原の生態系について教えました。 校内の敷地を活用したネイチャーゲームやパン焼き体験を通して、みんなで自然を感じることができました。 標茶小学校のみなさん、来てくれてありがとうございました!

『中学生1日体験入学』

9月28日(金)、中学校19校、中学生105名が来校していただき1日体験入学が行われました。本校の 学校説明や体験授業を受けてくれました。この体験入学で、受験する高校の選択肢の一つになればと思います。 来年度、標茶高校でお待ちしております!!

『第66回開校記念マラソン大会』

9月21日(金)、マラソン大会が行われました。男子10q、女子5qを残暑がある中で一生懸命走っていました。 男子は、2年A組の加藤光輝君が2連覇、女子は、1年C組の林田千秋が優勝しました。クラス対抗は2年A組が他のクラスを押さえ 優勝しました。

『収穫感謝祭』

9月21日(金)、マラソン大会後に行うようになり2年目を迎えている収穫感謝祭は実習では育んでいる動植物に対する 「感謝」の気持ちを知ること、全校生徒が共有した時を過ごしているところに重点をおいて行いました。また放課後に有志でトマトや ニンジンなどの野菜を収穫しました。そして5月から育て成長したブタを加工しました。農業クラブ中心にイベントも行われ、 トマトの重さ当てゲームや抽選会が行われました。

『芸術鑑賞』

9月19日(水)、「ミュージカルユニットもえぎ色」さんを札幌から招いて芸術鑑賞が行われました。「ユメノサーカス」というミュージカルを観ることができました。 迫力のある演技や歌に、生徒は熱中して観ていました。「ミュージカルユニットもえぎ色」さん、ありがとうございました。

『秋季学習交流会』

9月14日(金)、釧路養護学校との秋季学習交流会が行われました。春季とともに今年で31年目を迎えました。 前日までの雨続きが嘘のように快晴の中行われました。今回は養護学校の生徒さんたちを本校に招いてトマトの収穫体験や バーベキューを行いました。短い時間でしたが、貴重な体験を通してたくさんのことが学べました。

『東日本大震災被災地視察研修』

9月13日〜17日まで、被災地の視察と2カ所の仮設住宅でボランティア活動を行いました。 ボランティア活動では主に本校の実習製品であるコーヒー牛乳、ドリンクヨーグルト、フランクフルトの配布を行い交流しました。ボランティア活動を行った時間帯は高齢者の方が多かったのですが、被災地の現状や仮設住宅の生活についていろいろと聞かせていただきました。そこで、津波の恐ろしさや、この震災をうけて私たちにできることは何か、もう一度考えなければならないという想いになりました。 東北の農業事情視察研修では、海水に浸った田んぼが放置されている現状や、試験的に水稲を栽培していること、復興に向けての取り組みはされているものの、先が見えない状況の中で奮闘されていることなどが伝わりました。山元町のイチゴ農園では海水に浸った田んぼの上にハウスをたてて、土を入れ替えたプランターで栽培するなど工夫をして出荷までこぎ着けていると聞きました。 復興の状況はさまざまで、課題も多い中、助け合いながら生活していると感じました。今回の視察で見てきたことを、私たち一人ひとりで考えていきたいと思いました。

『平成24年度北海道高等学校文化連盟 第8回釧根支部ボランティア研究大会』

9月13日(水)、浜中町総合文化センターで行われた本大会。各校(13校)の活動報告ではそれぞれの活動を発表し合い、 良い刺激を受けました。その後の全体講演では、「ボランティアを通して地域を知る、NPO活動を知る」と題して霧多布湿原トラスト 理事長のお話を聞き自然保全や環境学習など幅広く学びました。午後からは3分科会に分かれ、それぞれ頭脳・心・体を使ってのワークショップ に、時間を忘れるくらい没頭し他校の生徒との交流が深まりました。今回の経験を今後の活動に活かしたいきます。

『平成24年度 第33回高文連釧根支部 理科研究発表大会』

8月30日(木)、理科研究発表大会で研究発表2件、ポスター発表1件を発表してきました。総合賞に 「骨格標本の作製と比較」、奨励賞に「標茶高校の土壌について」、ポスター発表の「骨格」が入賞しました。 普段見ることのできない他校の発表を見ることが出来て、良い刺激になりました。 次は、10月11日、12日に苫小牧で行われる全道大会があるのでさらに活動を充実させていきたいと思います。

『第17回釧根支部高等学校弁論大会兼平成24年度北海道高等学校文化連盟
     第56回全道高等学校弁論大会釧根支部予選大会』

8月30日(木)、標記大会が本校多目的教室を会場として開催されました。参加校は、釧路明輝高校、釧路東高校、 標茶高校の3校7名と小規模でしたが、参加者はそれぞれ熱心に発表を行ってくれました。結果については以下の通りです。なお、 最優秀賞および優秀賞の受賞者は10月17日から北広島市で開催される全道大会へ出場することとなりました。
【部門:課題】
◎最優秀賞    3B  粕谷  夏美さん「日本」
【部門:自由】
◎優秀賞       3C   澤口  実可子さん「自然を知るためには」

『黎明寮 レクリエーション』

8月28日(火)、本校車検場で寮生と教職員でレクリエーションを行いました。みんなで焼き肉を食べながら、楽しい時間を過ごしました。 また、1・2年生が余興を行いさらに楽しませてくれ、良い思い出になりました。

『しべちゃインタープリターズキャンプ』

8月25日(土)〜26日(日)、本校の敷地を舞台に1泊2日で、「しべちゃインタープリターズキャンプ」が実施されました。このキャンプは環境教育指導者 の育成を目的としており、今年で9年目となります。講師にNPO法人当別エコロジカルコミュニティーの山本幹彦氏を迎え、本校生徒17名が2日間かけて環境教育に 関する知識と技術を学びました。ここで学んだことを生かし、今度は地元の小学生を呼んで、環境学習プログラムを開催する予定です。

『高文連釧根支部美術展』

8月22日〜24日まで、高文連釧根支部美術展に参加しました。本校からは油彩、デザイン、立体等6点の作品を出品し、3点が入選しました。

『平成24年度 第42回 東北海道学校農業クラブ連盟 技術競技大会』

8月9日(木)、本校が当番校として農業クラブの三大行事の一つ、技術競技大会が行われました。大会では、「農業鑑定競技」、「平板測量競技」、「家畜審査競技」、 「フラワーアレンジメント競技」が実施され、日頃の学校生活の中で培われた知識や技術を発揮し、白熱した取り組みがみられました。優秀な成績を収めた生徒は、 10月23日から長野県で行われる全国大会へ出場します。本校農業クラブでも、2名の生徒が全国大会へ出場します。全国大会へ出場する皆さんの活躍を楽しみにしています。

『第13回 全国高校生自然環境サミット in さいたま』

7月31日〜8月2日、埼玉県立いずみ高等学校で行われた環境サミットに本校生徒3名が参加してきました。首都高高架下のビオトープの視察研修、他校との意見交流をしました。

『第5回 北海道高校生自然環境ミーティング』

7月30日〜8月1日、本校生徒3名が環境ミーティングに参加してきました。当別町の廃校を拠点にして上川高校、長万部高校の生徒と共にアイスブレイク、水質調査、ワークショップなどを行いました。標茶とは違う環境のもとで北海道の環境を考える良い機会になりました。

『平成24年度釧根地区吹奏楽コンクール』

7月28日(土)、吹奏楽コンクールが行われました。今年度は1年生が新たに5人加わりましたが、「初めて」という生徒が多くコンクール出場を断念という話も出ました。2・3年生の「出場したい!」という強い希望があり、参加を決めました。標茶中学校さんや、川上シンフォニア・ウィンド・アンサンブルさんなど、たくさんの方の協力を得ながら、銀賞を獲得することができました。保護者の皆様、応援・協力いただきました皆様、ありがとうございました。

『インターンシップ(2年生)』

7月24日〜30日の間の5日間、2学年の「自己探究」の授業としてインターンシップを行いました。標茶町内をはじめ、釧路市、釧路町、鶴居村や弟子屈町、中標津町の事業所から協力得て職業体験を行うことができました。生徒は働くことの意義、大変さややりがいについて学ぶことができ、とても貴重な経験ができたようでした。協力していただいた標茶町商工会、各事業所の皆さん、どうもありがとうございました。

『高校生のための就職ガイダンス』

7月24日(火)、高校生向けの就職ガイダンスが本校で行われました。株式会社東京リーガルマインドより講師の先生2名に来ていただき、本校生徒31名が就職活動の基礎から実践まで学びました。9月の就職試験解禁に向けて好スタートを切れるのではないでしょうか。

『S高祭』

7月14日・15日、にS高祭が行われました。1日目は、アトラクションやバンドコンテスト、2日目は、クラス創造展と吹奏楽局の演奏などが行われました。どのクラスも準備期間から一生懸命取り組んでいました。総合優勝は3年B組でした。

『野球部 全校応援』

6月28日(木)、野球部の全校応援をしました。おしくも負けてしまいましたが、生徒会・吹奏楽局を中心にみんな一生懸命応援することができました。野球部も最後まで、あきらめず頑張ってくれました。

『道道釧路空港線植栽事業』

6月26日(火)、3年生、「草花活用」の授業選択者16名で空港へ行き、植栽を行いました。マリーゴールドを中心に2400鉢の花で空港の玄関を飾りました。

『夏至祭(Midsummer)』

6月22日(金)、「生活英語」の授業を選択している3年生・30名で北欧の文化的行事、夏至祭を催しました。英語のゲーム、夏至祭のダンスをし、夏の訪れを盛大に祝いました。

『花フェスタ』

6月21日(木)〜23日(土)の3日間、札幌市4丁目広場で「花フェスタ2012」に参加してきました。私たちは、ガーデニング甲子園と言われている、農業高校生のコンテストに出場しました。今年は鶴を中心に道東を表現した作品を目指しました。上位3チームには入れませんでしたが、入賞することができました。

『大阪府立今宮高等学校 来校』

6月19日(火)、大阪府立今宮高等学校の2年生34名と本校2年生が交流会を行いました。お互いの発表を出し合い、短い時間でしたが交流することができました。

『第58回 北海道高等学校弓道選手権大会』

6月13日(水)〜15日(金)、第58回 北海道高等学校弓道選手権大会が帯広市総合体育館で開催されました。3Aの柏原春花さんが5位入賞を果たし、標茶高校弓道部は、輝く3大会連続入賞をすることができました。昨年の同大会でも4位に入賞し、新人戦の全道大会で3位、そして今大会と安定した成績を収めました。予選は、8射6中、準決勝は4射3中、そして決勝の射詰めは1本目的中、2本目は失という結果でした。

『東北海道リーダー研修会』

6月14日(木)〜15日(金)、中札内で行われた、東北海道学校農業クラブ連盟リーダー研修会に参加してきました。21時近くまで研究討議が行われ、本校代表者3名も他校の農業クラブ員との意見交換に真剣に取り組んでいました。

『JICA研修団 来校』

6月12日(火)、JICA研修団の方々が来校しました。湿原再生プロジェクトのメンバーが、本校のについて説明や、ミニ湿原散策をしました。生徒は「緊張しましたが、私たちの活動を理解してもらえてよかったです。言葉の壁を感じつつも、楽しくミニ湿原を散策することができました。」と満足そうに話してくれました。

『全道壮行会(野球部・卓球部・陸上部・弓道部・柔道部)』

6月8日(金)、全道大会・夏季大会に出場する部活動の壮行会を行いました。5つの部活動からの意志表明をしてもらい、全校生徒で校歌を歌い、選手の激励を行いました。

『春期学習交流会』

6月4日(月)、釧路養護学校との交流会を行いました。釧路養護学校の生徒さんと一緒に花の苗を植えました。お昼も一緒にいただき、交流を深めることが出来ました。

『釧路湿原クリーンデイ』

6月2日(土)、塘路湖周辺を中心にゴミを回収する活動に参加しました。釧路湿原の環境保全を目的とし、当日は6班に分かれて 活動を行いました。空き缶などを中心にゴミを回収できました。

『ボランティア部 ゴミ拾い』

5月31日(木)、ボランティア部を中心に有志で集まった生徒が町内のゴミ拾いを行いました。今回のゴミ拾い活動を通して、町内にゴミが多く捨てられている現状を知りました。今後も継続的にこの活動を行いたいと思っています。

『出前授業 受講(2学年)』

5月30日(水)、2学年の「自己探究」の時間で専門学校や大学から出前授業をしていただきました。生徒はみんな真剣に受けており 、実技などもあり、楽しく参加することができました。
来ていただいた、専門学校・大学は次のとおりです。
釧路高等技術専門学院
北海道歯科技術専門学校
札幌社会福祉専門学校
経専調理製菓専門学校
北海道情報専門学校
北海道理容美容専門学校
東海大学
とても有意義な時間になりました。ありがとうございました。

『リバーサイド植樹』

5月26日(土)、今回で18回目を数える植樹活動は、これまで約3万本もの植樹を行ってきました。今回は1200本の植樹 を行い、各種団体も数多く参加しています。中でも、アサヒビール(株)が協力している、釧路川流域の環境保全活動を今後も続けていきたい と思っております。

『職場見学(1年生)』

5月23日〜24日、6月13日・20日・27日、「産業社会と人間」の授業で標茶消防署、標茶町クリーンセンター、雪印メグミルク株式会社磯分内工場に職場見学に行ってきました。生徒は、自分の進路についてとても参考になった様子でした。

『スピーチコンテスト・意見発表大会』

5月22日(火)、校内スピーチコンテスト・意見発表大会が行われました。発表者はみんな素敵な発表でした。結果は次のとおりです。
    
【弁論の部】
◎最優秀賞    3B  粕谷  夏美さん「やらない若者」
◎優秀賞       1C  金森  翼くん  「糧」
                     2A  長根  盛勝くん「横浜ベイスターズと僕」
                     3C  澤口  実可子さん「湿原再生プロジェクトとは?」
【意見発表の部】
◎最優秀賞    3C  佐藤  美津穂さん「野菜のおいしさを子どもに」
◎優秀賞       2A   松山  恭子さん「きっかけは農クから」
                     3B  手塚  愛さん「共に生きる」
                     3B  富田  優花さん「TPP」

『花いっぱい運動(移植)』

5月19日(土)、花いっぱい運動(移植)を行いました。作業内容が思ったより力仕事で疲れましたが、楽しく夢中で作業しました。積極的に作業ができました。4月に行った播種では、約50名のクラブ員が参加し、今回は約60名が移植へ参加していました。

『ゴミ拾い(3年生)』

5月15日(金)、3年生のLHRで、奉仕活動として校内のゴミ拾いを行いました。天気も良く、楽しんできれいにすることができました。

『ふれあい看護体験』

5月11日(金)、星が浦病院で本校生徒4名が看護体験をしてきました。高齢者の疑似体験や実際の食事の介助をするなど実践的な体験ができました。生徒も看護士になりたいという思いを強くしているようでした。

『合同会社説明会』

5月8日(火)、釧路合同会社説明会に行ってきました。採用担当者の方々と直接話をすることができ、早い時期から進路意識を高めることができました。ありがとうございました。     

『高体連、高野連地区壮行会』

5月8日(火)、今年度高体連・高野連地区大会に向けて、各部活動からの決意表明がありました。その後、全校生徒で 校歌を歌い激励しました。「一試合一試合、その瞬間を大切にしてください!」     

『交通安全教室・防犯教室』

4月27日(金)、GWを前に、交通安全教室・防犯教室が本校体育館で行われました。自転車事故についてのDVDを視聴し、標茶駐在所の藤川さんから講話をしていただきました。 また3年上野鉄太君と山ア直也教諭による交通安全宣言も行われ、それぞれ交通安全に一層心がける決意を述べました。GW中に事故にあわないように気をつけることや、交通安全に心がけることを 再確認する機会となりました。     

『生徒総会、農業クラブ総会』

4月23日(月)、今年一年の行事等を決める生徒総会、農業クラブ総会が開催されました。今年は特に学校祭について、たくさんの意見や質問が出ました。     

『花いっぱい運動』

4月21日(土)、本校敷地内で、花いっぱい運動が行われました。今回の作業内容は播種で、生徒たちは一つ一つ真剣に取り組んでいました。次回は5月に移植が行われます。     

『宿泊研修(1学年)』

4月18日(水)〜20日(金)、阿寒で1学年の宿泊研修を行いました。学校システムの理解、環境学習、アイヌのムックリ作り体験をしました。     

『JR通学の様子』

1年生も徐々に学校生活に慣れてきたようです。JRでの登下校の様子を教員も一緒に乗車して指導しています。 1年生はもちろん、2・3年生も改めて乗車マナーに気をつけて元気に通学しています。これからも定期的に巡回 する予定です。     

『イースター・エッグ作り』

4月13日(金)、3年生選択科目「生活英語」の授業で、欧米の春の風物詩でもあるイースター・エッグを作りました。色とりどりの個性的なイースター・エッグができました。     

『平成24年度 対面式』

4月11日(木)、対面式を行いました。標茶高校の行事や、各部活動ごとに、工夫を凝らして新入生に活動内容を紹介しました。

『平成24年度 入学式』

4月10日(水)、平成24年度第66回標茶高等学校入学式を挙行しました。新入生88名が緊張の面持ちで高校生活をスタートさせました。

PTA広報紙「黎明」です。クリックしてご覧ください。

開放農場

標茶町民の皆様に農場の一部を貸し出ししています。本校職員が野菜づくりの秘訣をお教えします。

生徒指導部便り

生徒指導部便りを発行しました。随時更新していきますので、ご覧ください。

図書便り

図書便りを発行しました。随時更新していきますので、ご覧ください。