北海道標茶高等学校ホームルーム教室002

学校通信「不撓不屈」

標茶高校では、学校通信「不撓不屈(ふとうふくつ)」を発行しています。学校生活、行事や部活動など、たくさんの情報を掲載しております。ぜひご覧ください。

ご覧になるには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。

平成23年度

平成23年度 学校の様子

『平成23年度 標茶中学校 出前授業・学校説明会』

10月20日(木)、標茶中学校で、出前授業と学校説明会を行ってきました。出前授業は農業、理科、数学の科目を行いました。

『Cook in English』

3月5日(月)、1年生の英語の授業で調理実習を行いました。ALTのコリンと一緒に英語のレシピを使って、 アメリカ風パンケーキを作りました。

『卒業式』

 3月1日(木)、第63回卒業証書授与式が挙行されました。 父母と在校生に見守られる中、 81名の卒業生が無事に卒業することができました。今年は式の後に、3年間の思い出をつづったスライドの上映会も実施され、 生徒たちの心に残る日となったのではないでしょうか。卒業生のみなさん、本当におめでとう!

PTA広報紙「黎明」です。クリックしてご覧ください。

『グラスランドフェア(標茶高校感謝イベント)・全国高等学校総合体育大会受賞報告会』

今年で3回目を迎えるこのイベント。今回は3年藤野君のインターハイにおける優勝報告会を皮切りに、グラスランドフェアが 開催されました。加工品の試食会や本校のプロジェクト発表など、本校の取り組みを町民の皆さんに知ってもらうことができたのでは ないかと思います。お休みの中にも関わらず、たくさんの方にご来場いただきました。ありがとうございました。 今後とも標茶高校をよろしくお願いいたします。
※ 画像をクリックしていただくと、PDF版でチラシを見ることができます。

『虹別中学校 進路学習会』

 2月16日(木)、虹別中学校主催の「進路学習会」に本校の生徒4名が講師として参加してきました。 この学習会は中学校1・2年が対象で、計8名の中学生が本校の特色や行事について学ぶというものです。 虹別中学校の卒業生でもある池田さん(2B)と尾崎くん(1B)は農業クラブ活動や寮について、片桐くん(1A)と武山さん(1B)は 湿原再生プロジェクトについてそれぞれ発表をしてきました。高校生の先輩として、高校生活について詳しく説明してくれました。

『救命講習(1学年)』

2月14日(火)、17日(金)の2日日程で、釧路北部消防事務組合標茶消防署の方を招いて救命講習を行いました。 心肺蘇生法とAEDの使用について講義を受けた後、6班に分かれて人形を使って実習を行いました。 どの生徒も積極的に取り組み、迅速な救命処置の大切さを学びました。
釧路北部消防事務組合標茶消防署の皆さん、ありがとうございました!!

『進路講話(2学年)』

2月8日(水)、2学年の「自己探究」の時間に3年生の千葉陽介君と、嵯峨ゆみさんに来てもらい進路について話をしてもらいました。 進路実現に向けて頑張ったことや、苦労したことを話してくれました。2年生は今後の進路活動の参考になりました。

『スキー授業(1・2学年)』

1学年・2月7日(火)、9日(木)と2学年・2月14日(火)、17日(金)の日程で、阿寒ロイヤルバレイスキー場で スキー授業を行いました。初めてスキーに乗る生徒も多い中、一生懸命練習を重ね、どんどん上達していきました。とても有意義な スキー授業になりました。

『第2回北海道高等学校総合学科学習成果発表会』

2月7日(火)、室蘭東翔高等学校の体育館で、第2回北海道高等学校総合学科学習成果発表会が行われ、本校から生徒2名が参加しました。 全道14校の総合学科で学ぶ生徒が日頃の学習成果を発表、情報交換や交流を深めるイベントも行われました。
当日は、室蘭東翔高校の全校生徒を含む、総勢450人ほどが注目する中、それぞれ学校の特色を出した発表が行われ、 本校は「新しい牛舎を活用した繁殖管理技術の習得」のタイトルで発表をしてきました。
標茶の基幹産業である酪農を知ってもらうとともに、生徒の自信へつながる良い経験となりました。
次年度は、開催地を旭川に移して行われます。

『第3回くしろ水産食品まつり〜地産地消釧路ネットワークブースへの出店〜』

2月4日(土)〜5日(日)、釧路市観光国際交流センターで「くしろ氷まつり」と合同開催された、第3回くしろ水産食品まつりに生徒7名が参加しました。 地元でとれた食品を地元で支え消費するという取り組みの「地産地消ネットワークブース」で地元企業のチーズやシカ肉加工品と一緒に、本校の乳製品を メインに販売してきました。本校で絞った新鮮な生乳を100%使用したコーヒー牛乳やノンホモ低温殺菌の標高牛乳、ドリンクヨーグルトは大好評で、 2日とも予定終了時刻よりも前に全品完売しました。牛乳とコーヒー牛乳の試飲も行い、本校の牛乳のおいしさと標茶の基幹産業である酪農をPRする とても良い機会になりました。
試飲では「おいしい」などという声をいただき、大量に牛乳を買ってくれたお客様もいました。生徒たちの心には、これからも更に加工品の製造販売に 一生懸命取り組もう!!という気持ちが生まれたようです。

『第63回日本学校農業クラブ北海道連盟実績発表大会』

2月2日(木)〜3日(金)、実績発表大会において、優秀な成績を収めた2つのプロジェクト班が、全道大会へ出場してきました。 場所は、地熱で有名な壮瞥町にある、洞爺サンパレスが会場でした。結果は、「釧路湿原を未来へつなげるために〜water purification〜」 と題して発表した、釧路湿原再生プロジェクトが、優秀賞を獲得しました。標茶高校から、10名のクラブ員が参加しました。 これまでの活動や研究の成果を存分に表現することができた大会でした。

『標茶小学校 環境教育 交流授業』

2月1日(水)、標茶小学校で自然環境を伝える授業をしてきました。 昆虫を題材としたカードや標本を使って、身近な自然を伝える事ができました。 小学生の反応も良く、とても楽しく充実した時間を過ごせました。

『総合学科生徒研究発表会』

 
1月31日(火)に総合学科としての本校の取り組みの集大成である総合学科生徒研究発表会が行われました。 この会は全3部構成で、第1部は1年『産業社会と人間』、2年『自己探究』、3年『課題研究』の報告。第2部は標茶中学校2年生のみなさんにも 参加していただき、『40分で分かる標茶高校』と題し、行事や課外活動の紹介をしました。第3部は農業クラブ実績発表大会全道大会出場者の発表でした。 町内から来賓の方もいらしたので、発表生徒は緊張しながらも、この1年間の取り組みをスライドや動画、実演といった工夫を凝らして発表しました。
   

『ケーキ作り(3学年)』

1月30日(月)、2月3日(金)、3年生の卒業を記念して、西田校長を講師に迎え、食品製造の特別授業「ケーキ作り」を実施しました。 ケーキの生地作りをクラスごとに行い、最後のデコレーションを学年全体で楽しく実施しました。どのケーキも完成度が高く、最後のコンテストも 大変盛り上がりました。
今回のケーキは3年生がこれまでにお世話になった方へ送るというコンセプトで、中には先生へプレゼントする生徒もいました。家庭学習期間に入る前の 良い思い出になっていたようです。

『藤野裕人君 インターハイ優勝』

群馬県で行われた、第61回スケート競技・アイスホッケー競技選手権大会(インターハイ)、 大会3日目(1月22日)に男子1000Mに出場した藤野裕人君(3B)が大会新記録で優勝しました!!

『第60回東北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会』

 
結果:研究題目「釧路湿原を未来へつなげるために〜water purification〜」→ 優秀賞
        研究題目「三百人農ク色〜総合学科の特色をいかした活動〜」→ 優秀賞
詳しい内容については、下記のPDFファイルでご覧ください。
東北海道学校農業クラブ連盟実績発表大会 詳細について 

『北海道イングリッシュキャンプ in Akkashi』

1月10日(火)〜1月13日(金)まで、北海道教育委員会主催のイングリッシュキャンプ(厚岸) に本校から4名の生徒が参加しました。グループに分かれて英語新聞を作成したり、 ALTや北海道大学の留学生と一緒にパーティーを行いました。

『校内合唱コンクール』

 
12月26日(月)、校内合唱コンクールが開催され、全クラスと音楽の授業選択者の発表がありました。 どのクラスも一生懸命歌い、クラスの団結力も高まりました。
  最優秀賞:3年A組
  優秀賞:3年B組
  優良賞:3年C組、1年A組
  審査員特別賞:2年B組
   

『クリスマスパーティー』

12月22日(木)、10月のハロウィンパーティーに引き続き、ALTのコリンと放課後にクリスマスパーティーをしました。 クリスマスキャロルを歌ったり、アメリカの手作りアップルサイダーを試飲したり、ゲームをしたりしました。

『第17回 生徒会交流事業(生徒会サミット)』

12月19日(月)、釧路江南高等学校で行われた生徒会サミットに、生徒会執行部が今年も参加しました! 他校との交流は勿論、学校祭についての意見交換会、生徒会をもっとアピールする方法の学習会など、充実したイベントになりました!

『食文化の授業(クリスマスケーキ作成)』

12月16日(金)、19日(月)、家庭科の食文化の授業で(2学年選択科目)グループに分かれ、クリスマスケーキを創作しました。 思い思いのケーキを作っていました。

『第21回 全国産業教育フェア 鹿児島大会』

12月16日(金)、17日(土)、全国の専門高校等で学ぶ生徒が日頃の学習成果を発表する産業教育フェアに、北海道の代表校として参加してきました。 本校からは釧路湿原再生プロジェクトで作成した、水質浄化システムの模型を展示・紹介しました。

『クリスマス会(黎明寮)』

    
12月15日(木)、黎明寮で、クリスマス会が行われました。寮生が出し物を行い、楽しい時間を過ごすことができました。

『見学旅行(2学年)』

12月1日(木)〜5日(月)の間、2年生が沖縄へ見学旅行に行ってきました。見学旅行のページを作成しましたのでご覧ください。
    見学旅行のページへ

『平成23年度 標茶高等学校 校内実績発表大会』

11月28日(月)、日頃のプロジェクト活動の成果を発表し、クラブ員の科学的な資質の向上を図るとともに、 専門的な能力や態度を高めることを目的として行うことができました。また、今後の活動の糧にすることができました。
    最優秀賞:「釧路湿原を次世代につなげるために」
 

『学校訪問(桜が丘中学校)』

11月22日(火)、桜が丘中学校に学校説明に行ってきました。 卒業生代表として、浪内雅子さん(3B)が寮生活の紹介をしたり、 本校の「釧路湿原再生プロジェクト」の取り組みをスライドを用いて説明してきました。
    

『少年の主張』

11月19日(土)、標茶町コンベンションホールうぃずで小・中学生が主役の少年の主張が行われました。 高校生は司会、来賓の方々の接待、集計作業、記録、会場設営など様々な裏方作業でイベントのサポートをしました。 また、嵯峨ゆみさん(3C)が特別発表を行いました。

『第62回日本学校農業クラブ全国大会』

10月26日(水)、長崎県の島原市・諫早市・大村市・平戸市で開催され、本校3年の長部綾奈さんが出場してきました。 農業鑑定競技会、生活科学の部門で優秀賞という成績を収めました。

『国際ソロプチミスト表彰』

10月24日(月)、本校3年の茂北斗君が国際ソロプチミストアメリカ日本北リジョンから記念品と作文集を受け取りました。 10月27日(木)の釧路新聞でも取り上げられました。

『PTA会員研修会』

10月23日(日)、PTA会員研修会を行いました。内容は食品加工講座(美味しいソーセージづくりに挑戦!!)でした。 参加していただいた皆さん、ありがとうございました。

『環境学習会』

10月22日(土)、標茶高校・軍馬山にて、町内の小・中学生を対象に環境学習会を行いました。

『北海道知事訪問』

 
8月1日、高橋はるみ北海道知事が本校を訪問され、牛舎等の視察や本校生徒との懇談が行われました。

『インターハイ出場』

北東北で全国高校総体が開催され、本校からは弓道部の原下賢二君(3A)が個人男子の部に、陸上競技部の武山桃子さん(1B)が女子走高跳に参加しました。 結果については下記のサイトでご覧下さい。
2011 熱戦再来 北東北総体[競技記録結果]