H24_見学旅行

2学年 見学旅行 in広島・関西

10月28日(日)〜11月1日(木)まで、2年生が広島・関西へ見学旅行に行ってきました。

1日目(10月28日)


標茶高校出発

見学旅行は「楽しんだもん勝ち」、そう思っていたので最高の4泊5日にしようと改めて思った旅立ちの朝でした。でもその反面、何事もなく無事に終えることが できるのか・・・そんな不安もどこかで抱きつつ、ドキドキ、ワクワク、ハラハラ、そんな気持ちで旅立ちました。

宮島

夜の自由行動では野生の鹿と触れ合うことができました。宮島の特産品の「しゃもじ」もみることができました。

2日目(10月29日)


厳島神社

写真等でしか見たことがなかった厳島神社。私たちは行ったときは満ち潮になっており、海の中に鳥居があってびっくりしました。巫女さんにもお会いでき、 なかなかできない体験ができました。

広島平和記念公園

平和記念公園では、被爆されてしまった方の講話を聞くことができました。本当に日本であったのか、信じられないような話ばかりだった。もっと原爆や戦争のことを 考えなければならないと、改めて感じました。この貴重なお話は忘れてはいけないと強く思いました。

原爆ドーム

写真などではみたことありましたが、実際に見てびっくりしました。コンクリートでできた建物があんな風に壊れるなんて信じられないと思いました。 そして、原爆の恐ろしさを感じさせられた建物でした。

3日目(10月30日)


京都市内グループ別自主研修

最初は京都に来た実感は湧きませんでした。しかし、自主研修で金閣寺などの寺や神社に行って、「京都」という街を感じることができました。 写真やTVで見るような建物、景色ばかりで感動しました。

清水寺

清水寺から眺める京都はまた違う感じがしました。少しですが紅葉もしており、絶景でした。

自主研修A

清水寺からホテルまでの帰り道、両脇にたくさんのお店がありお土産などを買いました。途中で迷子になり、人力車の爽やかなお兄さんに道案内をしていただいた のはいい思い出です。

4日目(10月31日)


関西地方グループ自主研修

京都から出発した自主研修は、電車に乗って大阪に行くという大きな試練から始まりました。USJや海遊館などいろいろな場所をまわり楽しく、思い出に残る1日に なりました。集合時間ギリギリまで遊び、研修し、楽しさとともに疲労感もたっぷり感じました。

5日目(11月1日)


大阪城

大阪城の外観はとても立派で、大きいと感じました。大阪城の入り口にある大砲は、歴史を感じるものでした。大阪城の頂上からの景色は大阪の街を一望できました。 昔の人の衣装を着ることができ、写真も撮れ、いい思い出になりました。

帰路

「さよなら広島、さよなら関西、さよなら東京・・・」そんな寂しい気分で飛行機に乗り込みました。早く帰りたいと思う日も少しだけありましたが、いざ見学旅行 最終日になると、帰りたくないという思いが強まりました。「また絶対、行く」と決意しました。