H29年度 学校の様子

2017.6.28更新
  釧路空港から続く道道釧路空港線の花壇にて植栽を行いました!【地域環境系列】

 9年目を迎える釧路空港線での花壇植栽、雨が降ったことがない本事業が、今年も晴天の中、無事終了することができました。釧路近郊の8市町村(釧路市、白糠町、鶴居村、弟子屈町、標茶町、浜中町、厚岸町、釧路町)ごとに7つのマスを担当し、合計56マスの花壇を彩りました。植栽した花は、マリーゴールド(4色)・アリッサム・コリウス(2色)の計2100株で、すべて標茶高校で育てたものです。各市町村のエリア配属された生徒が、マルチの張り方や、花の植え方を説明し、1時間ほどですべての花を植えることができました。

市町村の方々に説明 マルチが張れました
仮置きします きれいに植えることができました


2017.6.26更新
  北海道標茶高等学校の行動計画(アクションプラン)の更新
 平成29年度アクションプランを公開しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2017.6.26更新
  平成29年度「不撓不屈」の更新
 学校通信「不撓不屈」第3号を公開しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2017.6.22更新
  標茶高校がテレビで放送されます[予告]

 6/28(水)21:56〜22:54水曜日のダウンタウンの「日本一広い高校は?」で標茶高校が放送されます。是非ご覧下さい。


2017.6.22更新
  北海道フラワーソンに参加しました【地域環境系列】

 6/17(土)2、3年次自然ガイドの土曜日授業として標茶地区(敷地内のミニ湿原と軍場山山道)で咲いている花を記録し、結果を北海道フラワーソン2017へ報告しました。
 全道で一斉に行っているもので、これまで学習してきた花の同定技術をいかして、前回(5年前)より40種以上多い、約105種を見つけることができました。

校舎周辺での調査 ミニ湿原での調査
軍馬山山道での調査 ベニバナヤマシャクヤク見つけました


2017.6.7更新
  キャリアガイダンス講話【キャリアガイダンス部】

 6/6(火)株)リクルートの土屋さんをお招きし、受講生徒にスタディサプリの特徴や効果的な使い方、アドバイスをいただきました。
 また、教師向けの研修会では、高大接続や入試改革の最新情報、教師用のスタディサプリの活用について講話していただきました。
 講師の土屋さん、はるばる札幌からお越しいただきありがとうございました。

講師の土屋氏 生徒受講の様子
代表生徒による謝辞 教員研修の様子


2017.6.7更新
  高校生が小学生の先生となりました【地域環境系列】

 6/1(木)小学生が楽しみながら湿原環境に興味を持ち、湿原の基礎知識を理解できるよう高校生が授業をしました。
 植物の観察や川のはたらき、環境について小学生は学習しました。
 標茶小学校の児童・先生、北海道環境財団の山本さん、読売新聞さん、NHKさん、本当にありがとうございました。
 標茶高校の新しい理科教育、キャリア教育、地域連携教育、異校種連携教育の形となりました。

小学生との顔合わせ 湿原環境特有の植生学習
川のはたらきについての学習 湿原環境についての学習


2017.6.20更新
  平成30年度入学者選抜における「学校裁量についての実施予定」の掲載
 平成30年度公立高等学校入学者選抜における、本校の「学校裁量についての実施予定一覧表」を、右の「入試について」のページに掲載しました。


2017.6.19更新
  標茶高校公開授業(1期)を実施します
 6月20日(火)から23日(金)にかけ、標茶高校で公開授業を実施します。
 今年度は、1週間の自由参観期間を設ける形といたしました。
 参観いただく場合、事前の連絡は不要です。職員玄関側から入り、事務職員に声を掛けていただくだけで結構です。
 お子様の普段とは違う様子や、学校で頑張っている姿を見る良い機会となりますので、ご都合のつく保護者の方は是非、参観にいらしてください。

 対象者  授業参観を希望される方
 期間   平成29年6月20日(月)〜6月23日(金) 8:45〜15:10
 授業時間  1時間目   8:45〜9:35
       2時間目   9:45〜10:35
       3時間目   10:45〜11:35
       4時間目   11:45〜12:35
       5時間目   13:20〜14:10
       6時間目   14:20〜15:10
 場所  北海道標茶高等学校
       ※授業と教室・場所はPDFデータの「時間割」「校舎案内図」をご確認ください。
 問い合わせ  北海道標茶高等学校
 担 当 教頭 伊藤 浩次  教諭 前田 晋吾
 電 話 015−485−2049(標茶高校)
 FAX 015−485−2067(標茶高校)
 e-mail shibecha@hokkaido-c.ed.jp(@を半角にしてください)

 下記より、公開授業に関するPDFデータをダウンロードできます。

  時間割
  校舎案内図



2017.6.16更新
  平成30年度入学者選抜における「学校裁量についての実施予定」の掲載(予告)
 平成30年度公立高等学校入学者選抜における、本校の「学校裁量についての実施予定一覧表」は、6月19日(月)以降に右の「入試について」のページに掲載します。


2017.6.6更新
  世界環境デーに標茶高校近辺の水環境を調査しました!【地域環境系列】

 本日、世界環境デーにちなんで、全国水環境マップ実行委員会主催の「身近な水環境の全国一斉調査」に参加しました。
 調査は、軍馬山源流、ミニ湿原(沈砂ゾーン・脱窒湿地)、農業用水路、釧路川の5カ所で、パックテストによる水質調査を行いました。
 測定には、酸素消費量とも呼ばれ、高いほど汚染されていることを示すCOD(化学的酸素要求量)という値を用い、主に水中の有機物の量を調べました。
 小雨が降っており、気温が低かったため、なかなか厳しい状況でしたが、みんな元気ハツラツで頑張っていました。
 調査後は各地点の数値を共有し、調査した5カ所の中でも、源流から遠ざかるにつれ、CODが高くなっていることがわかりました。

本校ミニ湿原での調査 本校農業用水路での調査
釧路川の水質も調査 最後は参加者でまとめ学習


2017.6.6更新
  全道英語プレゼン【文化理解系列】

 5月21日、札幌で行われた全道英語プレゼンテーションコンテストに出場し、英語活動に積極的な2、3年生8名が2チームに分かれ参加しました。
 結果は、どちらも予選敗退。昨年の準優勝という結果には及びませんでした。
 今大会のテーマも昨年に続き「北海道がより多くの外貨を獲得する商品を開発、または紹介するための提案」でした。
 そこで3年生チームは、鹿皮製品の提案を、2年生チームはチーズを使ったパウンドケーキを英語で提案しました。
 結果は思うようなものにはなりませんでしたが、今大会への出場を通して英語力の向上や様々な経験をすることができました。

終了後、会場入り口での一枚


2017.5.31更新
  高校生による小学生への授業の準備【地域環境系列】

 6/1(木)に標茶小学校5年生が湿原の学習で来校されます。湿原の科学履修生徒は自分達で授業を組み立て、教材を準備しています。
 低層湿地や川の働き、生態系をベースに湿原環境に興味を持ってもらえたらと奮闘中です。
 標茶町も暑くなり、牛もなかなか動きません。
 あとは当日の天気が良いことを祈るのみ。

植生の確認 河川学習の打ち合わせ
クロユリが咲きました 良い天気でした


2017.5.29更新
  インターンシップに向けて【キャリアガイダンス部】

 標茶高校2年次生は全員夏休みに5日間の就業体験をします。
 それに向けて、5/29(月)ジョブカフェ・ジョブサロンの釧路の谷氏を講師に迎え、心構えと高校生に求められることについてご教授していただきました。

講師の谷氏 受講の様子
熱心に話を聞く生徒 挨拶の練習


2017.5.29更新
  豊かな緑と魚のリバーサイド植樹に参加しました【地域環境系列】

 5/27(土)どしゃぶりのなかミズナラやヤチダモなどの植樹を行い、地域の人と協働しました。
 生徒も植樹の技術が向上したと思います。
 標茶町役場、釧路市漁協・東部漁協の皆さん大変お世話になりました。

記念撮影 慣れた手つきで植樹する高校生
地域との協働 記念植樹


2017.5.26更新
  今年もピア・サポートトレーニングが始まりました
 ピア・サポートを取り入れてから3年目となる今年、例年より早く活動をスタートしました。
 第1回目の活動の様子は、「ピア通信」をご覧ください。今年度は10回のトレーニング及び実践をしていきます。

 こちらをご覧ください




2017.5.24更新
  釧路養護学校との春季交流学習会を行いました【文化理解系列】

 釧路養護学校との交流学習会は、おおよそ30年ほど継続している行事です。
 春季は本校生徒が釧路養護学校へ行き、一緒に花壇整備を行い笑顔あふれる交流をすることができました。
 秋には、釧路養護学校の生徒のみなさんが本校に来校して、収穫体験を行う予定です。
 この学習を通して、他者を理解し、人と人をつなげようとする態度や能力を育成しています。

事前学習会を行い、交流の目的などを確認しました 名刺交換を行いお互いに自己紹介をしました
花について説明しています 一緒に花を植えていきます


2017.5.23更新
  グループホームむつみ「お花見会」にお邪魔しました。

 町内のグループホームむつみで行われた「お花見会」にお招き頂き、生徒3名がお邪魔させていただきました。
 まず、会場の飾り付けの活動では、事前に作成したお花や輪っかの鎖を使って会場を華やかにしました。
 その後、利用者さんとの交流、人形劇や楽器演奏の鑑賞、ビンゴ大会など、とても盛り上がり楽しい時間を過ごさせて頂きました。
 参加した生徒たちは、慣れない機会に最初は緊張気味でしたが、利用者様やスタッフの方のあたたかいかいお声かけのおかげで、多くの方と触れ合うことが出来大変感謝しております。
 これからも地域の皆様に多くのことを学びながら成長していければと思います。今後ともどうぞよろしくお願いします。
 

飾り付けをしている様子 手遊びをしている様子
利用者様との交流 楽しい時間をありがとうございました。


2017.5.23更新
  シマフクロウの森づくり百年事業植樹祭に参加しました【地域環境系列】

 5/21(日)いつかシマフクロウの棲める森になることを願って植樹をするものです。
 小学生に教えるグループとひたすら植樹活動に貢献するグループに別れて活動しました。その後川で鮭の稚魚を放流し、約300人の参加者と交流会をしました。
 本日約3000本で、累計77000本にもなるそうです。虹別コロカムイの会をはじめとする地域の皆さん大変お世話になりました。

記念撮影 植樹を小学生に教える高校生
植樹する高校生 植樹後の様子
鮭の稚魚の放流 懇親会


2017.5.22更新
  塘路湖周辺の清掃活動に参加してきました![地域環境系列]

 5/20(土)地域環境系列事業として、釧路湿原を美しくする会主催「釧路湿原クリーンデー」に、標茶高校から19名の生徒が参加してきました。
 標茶高校生は、道道1060号付近のゴミ拾いを担当しました。1時間弱の作業でしたが、たばこの吸い殻やペットボトル、空き缶など多くのゴミが見つかりました。
 また、活動を通して湿原の植物や生物にも触れることができ、湿原の環境について考える良い時間となりました。
 

出発前に農ク会長より諸注意 暑さに負けずゴミを拾う3年生
ペットボトルを見つけました 参加生徒の集合写真


2017.5.22更新
  ソフトテニス部大会結果報告

 5月16日(火)から18日(木)、釧路市民テニスコートで行われた高体連釧根支部大会に参加してきました。
 結果は以下の通りです。

男子
団体戦 予選リーグ敗退
個人戦 益子・橋組 第3位
    山本・鍵谷組 1回戦敗退

女子
団体戦 第3位
個人戦 一ノ戸・黒野組 ベスト8
    武蔵・伊東組 3回戦敗退
    目黒・相座組 1回戦敗退
    矢島・小原組 2回戦敗退

 結果、男女1ペアずつが、来月旭川市で行われる全道大会出場権を獲得しました。
 掲げていた「団体・個人ともに全道大会へ」という目標は、あと一歩のところで達成できませんでした。
 しかし、メンバーの半分がテニスを始めて1年という中で、女子団体で予選リーグを勝ち抜き、入賞できたのは、日頃の努力の成果であると感じています。
 今後は3年生が引退し、戦力は落ちますが、新たな目標を掲げ、それに向けて努力していきたいと思います。
 また、全道大会へ出場する2ペアは、標茶高校そして釧根支部の代表として、精一杯戦ってきます!

3年生武蔵・黒野ペアの試合の様子(団体戦) 3年生を中心に記念撮影
個人戦第3位の益子・橋組 久々の団体入賞!笑顔の女子部員


2017.5.18更新
  平成29年度学校教育目標等の更新
 以下のものを更新しました。
 (1)平成29年度 学校教育目標及び経営方針
 (2)平成29年度 学校経営シラバス
 (3)2017年度版 北海道標茶高等学校 「もっと学校を知ろう(ご案内)」
 ここをクリックでジャンプします。


2017.5.16更新
  春の復興支援ボランティアバスに参加しました【文化理解系列】

 5/3(水)〜5/7(日)に福島県南相馬市へ復興支援の活動を行いました。
本校からは3A新田さん、2A小野田菜月さん、宗澤恵さん、2C武田梢さん
の4名で参加し、被災地の現状をつぶさに確認し、ボランティア活動をすることで、防災について、より見聞を深めることができました。

ボランティアバスチーム 災害前と異なる風景
放射線量の掲示 被災地での活動

2017.5.12更新
  湿原の春見つけた【地域環境系列】

 5/11(木)学校設定科目「湿原の科学」で湿原特有の植物を探す野外実習をしました。
 6/2(木)実施予定標茶小学校5年生の総合的な学習の時間で本校生徒が講師を務めるための活動です。代表生徒にガイドをしてもらいながら、生徒同士で情報を共有し、授業を企画しています。
 「主体的で対話的で深い学び」、「アクティブラーニング」、「地域社会に根付く教育」を実現します。

ミニ湿原について紹介する3A山内くん エゾエンゴサクに夢中の生徒達
湿原環境の散策 谷地坊主の群落
水質浄化システムを解説する3A山内くん 授業を企画生徒たち


2017.5.12更新
  標茶高校の歴史を学びました【地域環境系列】

 5/10(水)学校設定科目2年次「自然ガイド入門」、3年次「自然ガイド応用」合同授業で外部講師として標茶町郷土館学芸員の坪岡始氏をお招きしました。
 集治監時代や軍馬補充部時代、町の変遷について学び、蹄洗場やろ過池、浄水池などの名残をフィールド学習で確かめました。
 自然だけでなく、まちの歴史もガイドできる人材を育成しています。

標茶町の変遷を解説する坪岡始氏 標茶町の歴史を学ぶ本校生徒
昔からある大木と蹄洗場の名残 絶好の天気のなかでのフィールドワーク
浄水池周辺の様子 代表してお礼を言う3A新田さん


2017.5.11更新
  省エネへの取り組みについて
 本校が行なっている省エネへの取組について、このページの下部に掲載しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2017.5.10更新
  「産業社会と人間」の授業のようす【1学年】

 総合学科である本校には、「自分の進路や生き方」について考え、「社会人基礎力」を高めることを目標とした、「産業社会と人間」という科目が1年次に開講されています。
 5月9日(火)、第2回目となる今回の授業では、5月末に行われる「標茶高校の農場見学」および「標茶消防署見学」の事前学習を行ないました。
 見学から帰って来たあとには、壁新聞を作成します。
 そこで、昨年度の1年次生が作成した壁新聞を参考にし、どこをポイントとして見てくるか、ということを考え、質問事項を検討しました。
 6月には、1年次生の壁新聞が完成します。ご来校の際には、是非ご覧ください。

グループで検討中 先輩の壁新聞を参考にしてみよう


2017.5.10更新
  進学相談会に参加してきました

 4/28(金)と5/10(水)に釧路で開催された進学ガイダンスに計約50名の生徒が参加してきました。
 大学や短期大学、専門学校、三ッ星レストランさんのお話を聞くことができました。

4/28進路相談会の様子 進路相談をする本校生徒
パンフレットに夢中の本校生徒 就職セミナーの様子


2017.5.9更新
  校長あいさつ
 校長あいさつを更新しました。
 ここをクリックでジャンプします。


2017.5.8更新
  生徒会役員臨時選挙を行いました。
 4月26日(水)に生徒会副会長を決める生徒会役員臨時選挙ならびに立会演説会を行いました。
 立候補者として3年A組の新田和佳菜さん、新田さんの責任者として3年B組の田村雪さんが演説を行いました。
 全校生徒の前で、堂々と自身が生徒会でやりたいこと、標茶高校がこうなってほしいことを演説するその姿は素晴らしいものでした。
 新田さんは開票の結果、見事過半数の信任を得たため4月28日(金)の認証式において、三上校長先生から認証状を受け取り、生徒会副会長に就任することとなりました。
 新田さんの加入によって、標茶高校がまた一歩「Step Up」できると大きな期待を寄せています。


2017.5.8更新
  今年もスタートしました!!【文化理解系列】

 2017年4月29日(土)今年1回目のクルーズ船おもてなしボランティアに行ってきました!
 折り紙、着物の着付け、インタビュー、水彩画、書道に分かれておもてなしを行いました。
 今回は、本校生徒も着物を着させていただきました!!
 折り鶴ですが、ただの折り鶴ではないのです。この折り鶴、羽が動く仕組みになっており、外国人の方々はとても驚かれます。
 そして、自分たちでアンケートを作成するなど、自主的に外国人の方々にコミュニケーションをとりに行く様子がたくさん見られました。

 また、このクルーズ船おもてなしボランティアが、「平成28年度土木学会北海道支部 地域活動賞」に表彰されました!!
 選考理由として、
「この岸壁や全天候型緑地等での取り組みは、外国人クルーズ観光客や船社にも大変好評で、学生によるおもてなしは、特にシルバー層にとっては心和らぐものとなっています。さらに、本取り組みは、標茶高校の学校教育の一環として行われており、港湾が教育の場としても活用されたものです。土木構造物を通じて地域の発展や貢献に寄与した好事例であることから、地域活動賞に推薦したものです。」(一部抜粋)
 とのことです。
 今年は4回あるクルーズ船おもてなしボランティアですが、外国人の方々に喜んでもらえるよう一生懸命取り組んでいきます!


自分たちで作成したアンケートに答えてもらっています! 外国人の方の名前を書道で書いています。
動く折り鶴を一緒に折ります。 大変人気の着付けです。
2017.4.27更新
  しべちゃアドベンチャースクールのオリエンテーションをしました【地域環境系列】

 4/26(水)今年度も町との合同で、1年間にわたって町内小学生の体験活動をサポートする事業が始まります。
 過去最大スタッフ数の本校生徒18名は地域社会におけるリーダー性を高めていきます。
 標茶町教育委員会社会教育課の皆さん来校していただきありがとうございました。

説明会の様子 熱心に耳を傾ける本校生徒
アドベンチャースクールの成果 代表として挨拶する3A細野さん


2017.4.27更新
  土木学会から表彰されました【文化理解系列】

 4/21(金)2年間に渡って取り組んできた釧路港外国クルーズ船観光客に対するおもてなしボランティアが土木学会北海道支部地域活動賞として表彰されました。
 詳しくはこちらをご覧くださいここをクリック

北海道支部総会での表彰の様子 記念撮影(河端将史教諭)


2017.4.20更新
  標茶高校敷地内ガイドの準備をしています【地域環境系列】

 4/19(水)2年次「自然ガイド入門」と3年次「自然ガイド応用」の合同授業
 昨年課題研究で取り組んだ軍馬川源流フットパスを授業でも行うことになりました。
 この魅力を外部の人たちに伝えられるよう、これから生徒達は探究していきます。
 まずは、地域の人や小中学生を案内することが目標です。

湿原環境を歩く生徒 フットパスを楽しむ生徒
濾過池付近の様子 軍馬川源流での記念撮影


2017.4.20更新
  安藤さんが来校されました【地域環境系列】

 3/14(火)ヒッコリーウィンドオーナー&ガイドで北海道認定アウトドアガイドの安藤誠氏に、本日までの3日間12時間にわたり、農業と環境や、英語、環境系科目で授業していただきました。写真は自然ガイドの授業の様子です。
 生徒はみんな安藤さんの世界に釘付けです。他の講師から得られない本物の知識や体験を学ぶことができました。
 毎年このような素晴らしい講義を無料で聞けるなんて、本校の生徒は本当に幸せ者です。すぐにアラスカに行かなければならなく忙しいところ、本当に感謝しています。

道東のガイドツアーについて解説する安藤氏 ヒグマについて解説する安藤氏
ヒグマに遭遇した場合の対処法 スアロフスキーの双眼鏡に夢中の生徒


2017.4.12更新
  標茶高校の校歌を更新
 youtubeに、平成29年度入学式で披露された標茶高校の校歌をアップしました。
 上のyoutubeバナーからどうぞ。